“ワイン”カテゴリーの記事一覧

ゼネレーション・リースリングセミナーに参加して

先日

ドイツワインのセミナーに参加してきました!

 

 

 

 

 

 

「 ジェネレーション・リースリング 」 という

ドイツの若手醸造家の団体のワインを紹介するというテーマ。

 

ドイツの35歳以下の若手醸造家のグループ のことで

現在 メンバーは 530名

そのうち30%が女性だそうです。

さすが 若手!

 

さらに

メンバーの60%が

オーストリア、フランスをはじめ

オーストラリアやニュージーランドなど

海外での修行経験があるのだとか。

 

それゆえ

多様性にあふれ チャレンジングな味わいのものが多く

とても注目されているのだそうです!

 

団体名にリースリングとついていても

リースリング種に特化しているというわけではなく、

ドイツワインを代表する品種リースリングを名前にいれることで

ドイツワインの長い歴史やテロワールに 敬意を表しているのでしょう!

 

今回のセミナーのテーマ はスパークリングワイン

ドイツのスパークリングワインは ゼクト と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

全世界で スパークリングワインって この四半世紀に

急速に伸びているんですね。

そして

そのスパークリングワインの消費量は

圧倒的に ドイツが 1位!

年間45000ケースに及び それは 世界の1/5 なのだそう。

一方

生産量でみてみると

プロセッコが世界的に人気のイタリアが1位

2位は シャンパーニュやクレマンを造るフランス

3位にドイツ

4位に カヴァを造るスペイン と続きます。

 

ドイツって

ビールのイメージが強いですが

実際は

赤ワインや白ワイン

そして

最近では

スパークリングワインのゼクトの方が

ビールよりも消費されています。

 

ちょっぴり私はびっくりしました!

 

ドイツの中でもワインの産地では もともと

ビールよりもワインが飲まれているというのは

聞いていましたが

全国的にもビールよりも ゼクトの方が飲まれているなんて!

もしかしたら

健康志向というのもあるかもしれませんね。

 

そして 日本人のイメージするスパークリングワインより

ドイツのゼクトは 敷居が低いのかも。

なんでも 大手の手頃な価格のゼクトが人気で

大手5社で シェア80%を占めるそうです。

 

そうなんですが

今回のセミナーは

ジェネレーション・リースリングという

若手の小さなワイナリーのゼクト。

 

年間販売数が 1万L以下の小さな生産者の

マーケットシャアはわずか0.7%。

 

でもこの小さな生産者が増えていて

そして

高品質かつ個性的なゼクトを

造っているそうです。

 

 

 

 

 

現在

ゼクト専門で造っているワイナリーはほとんどなく

通常のワインを ゼクトのベースワインとして使用するため

やはり リースリングなどの 主要品種が主体になるというお話でした。

 

 

セミナーでは 6種類のゼクトを試飲。

6種類ともとても

個性的で ゼクトのスタイルの幅の広さを感じました。

 

前菜から 魚料理に合わせたいもの

また

油分や辛味のある

牛肉のオイスターソース炒めに合わせたいような

リースリングのゼクトもありました

 

Pet nat と 言われる

ペティアン・ナチュールで

にごりスパークリングみたいなものもありました。

 

これからの季節

スパークリングワインを飲む機会も増えるでしょう。

そんな時

ゼクトを選択肢の一つとして 考えてみてはいかがでしょうか。

新しい発見がきっとあると思います!!!

 

月1チーズ販売 ~ 11月28日(土)お渡し受付中

お待たせしました!

 

今月のチーズの内容が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

〇グラン・カマンベール
〇ブルードーベルニュ
〇ナポレオン

 

・グランカマンベール
(日本の方の口に合うように、オリジナルレシピでフランスで

作ってもらっている白カビチーズ)

 

・ブルードーベルニュ
(オーベルニュの伝統的な青カビチーズ。

青カビ、ミルク、旨味のバランスが良く、

選者中谷さんが一番好きなブルーチーズです。)

 

・ナポレオン
(フランス最高職人賞を受けた、チーズ熟成士が手掛ける、

羊乳製チーズです。プティアグールより濃厚です。)

 

※直近の空輸で輸入されたものを ご用意しておりますので

急遽内容が変更する場合もありますのでご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

↑ チーズシュヴァリエの 中谷瞳さん

 

 

 

チーズシュヴァリエ 中谷 瞳がセレクトする 葡萄とくま 特別チーズセット

 

 

 

 

 

写真は サンプルです

 

毎月 2~3種類 を  小さなカットですが ご購入可能です
農家製ですので 価格は ちょっと高めですが
味わいの奥深さは 格別です

 

価格は 2,000円(税込 2,160円) となります

 

11月の入荷は

11月28日(土) 午前中に 葡萄とくま に届きます

12時以降に 御来店お願いいたします

 

ご予約は 11月22日(祝・月)までに お願いいたします

チーズに合わせたい ワインも チョイスします
是非 愉しんでくださいね

ボージョレ・ヌーヴォー今年の出来栄えは!?

10月も

残すところ あと5日。

来月11月の中頃には 毎年恒例のボージョレ・ヌーヴォーが入荷します。

 

葡萄とくまでは、今年もたくさんの ご注文をいただいています。

 

すでに 完売のものもありますが、

幸いなことに ルー・デュモン 

ボージョレ・ヌーヴォーは まだ数本ですが

ご予約可能です!

 

 

 

 

 

 

ルー・デュモン の 醸造家 仲田晃司 さん から

メッセージが届いています。↓

 

🍷🍷🍷🍇🍇🍇🍷🍷🍷🍇🍇🍇🍷🍷🍷🍇🍇🍇

9月3日と4日に収穫した後、

アルコール発酵、マロラクティック発酵ともに順調に進み、

現在は樽の中で熟成中です。

 

 

 

 

 

収穫日が早い年の良い点は、樽熟成の期間を長くとれるということです。

やはり一日でも長い方が、微酸化作用の効果が大きくなり、

風味や味わいが、より複雑になります。

今年は21日間もの樽熟成期間をとることができます。

仕上がりが本当に楽しみです。

 

最終的なアルコール度数はほぼ13度に達し、

酸を見ても、最良年と称された2009、2011、2015、2017と同じレベルで、

バランス的にも申し分ありません。

 

濃厚な果実味と凝縮感があり、酸とのバランスもよく、

複雑な風味をもったヌーヴォーをお届けできると確信しております。

 

ご注文をくださいましたすべてのお客様に、心よりお礼申し上げます。

 

このようなご時世ですが、私のヌーヴォーが少しでも、

日本の皆様の幸せな時間のお供になれましたら、

これに勝る喜びはございません。

 

2020年10月14日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司

🍷🍷🍷🍇🍇🍇🍷🍷🍷🍇🍇🍇🍷🍷🍷🍇🍇🍇

 

あと数本ですので ご予約はお早めに❣

月1チーズ販売~次回は10月31日(土)お渡し 

毎月 好評です!

 

チーズシュヴァリエ 中谷 瞳さん セレクトの 本格チーズ🧀盛り合わせ

 

9月は こんな感じでした!

 

 

 

 

 

 

 

左から

● 農家製ペコリーノトリュフ

● フロマージュダフィノワカンパニエ

● シュロスバーガー

そして

○メンブリージョ

 

 

そして

ご提案したワインは こんな感じです!

 

 

 

 

 

 

農家製ペコリーノトリュフ

トスカーナの肥沃な土地に自社農場をかまえ、

伝統的な製法を守りながら豊か味わいのチーズを造りだす造り手

 

羊乳のチーズにトリュフを加えてゆっくりと熟成しています

羊乳のミルクの甘味とトリュフの香りが心地よいです

 

フロマージュダフィノワカンパニエ

牛乳をミクロフィルターに通す製法を用いた

まるでシルクのようなきめ細かいなめらかな食感が特徴の白カビチーズ

であるフロマージュダフィノワを軽くウオッシュしています

クリームの甘味とウオッシュされた塩味がバランスよくて美味しいです

 

トスカーナのロゼスパークリングや 赤ワインもおすすめですが

 

今回は ミルクの甘味にあわせるために

赤ワインで タンニンに甘味のある ワインを

特におすすめしました。

皆さま いかがでしたでしょうか。

 

 

もうひとつのチーズがスイスの

シュロスバーガー

放牧された牛の生ミルクを使用し

全て手作業で製造されています。

ほっくりとした食感で旨味がギュっと詰まっています

こちらには

スイスの ドラルという葡萄から造られた

アロマティックでスパイシーな味わいの白ワインをご提案

 

毎回月1チーズセットには ドライフルーツや コンフィチュールなど

中谷瞳さんがチーズと一緒に食べてほしいものがついています

 

今回は

メンブリージョ

マルメロ(西洋カリン)を煮詰めて作る

スペインやポルトガルで人気のコンフィチュール

しっかりとした甘味と軽い酸味が

チーズと食べ合わせると 魔法みたいに

美味しくなります!

 

 

 

 

 

 

↑ チーズシュヴァリエの 中谷瞳さん

 

チーズシュヴァリエ 中谷 瞳がセレクトする 葡萄とくま 特別チーズセット

 

 

 

 

 

 

写真は サンプルです

 

毎月 2~3種類 を  小さなカットですが ご購入可能です

農家製ですので 価格は ちょっと高めですが

味わいの奥深さは 格別です

 

価格は 2,000円(税込 2,160円) となります

 

10月の入荷は  10月31日(土) を予定しています

ご予約は 10月25日(日)までに お願いいたします

チーズの内容は 決まり次第 ブログやインスタでお知らせします。

 

次回も チーズに合わせたい ワイン チョイスします

是非 愉しんでくださいね

 

2020 ボージョレ・ヌーヴォー ご予約承り中

早く涼しい秋にならないかなぁ

とおもっている間に

11月入荷の ボージョレ・ヌーヴォーのご予約の時期となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボージョレ・ヌーヴォーご案内①

ボージョレ・ヌーヴォーご案内②

 

入荷は 2020年11月19日(木)

10月31日(土)までの お申込みで 特別価格になります。

 

葡萄とくまでも人気の

ルー・デュモンの 仲田さんからもメッセージが届いています。

2020年も 良いヴィンテージになりそうで 楽しみですね。

 

🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇

7月も晴天に恵まれました。

ただ、雨が降らなかったため、ボージョレ全体で水不足による

影響が出てきました。

特に若い樹は根に近い葉っぱが黄色くなったり、またぶどうの

熟成が進まなかったりといったようなことです。

また、気温が連日30度を超え、7月31日には39度まで上昇するなどしたため、

一部のエリアではぶどうが干からびてしまうものも出てきました。

 

8月に入ってからも乾燥した猛暑が続いております。

 

尚、ブルゴーニュでは8月1日に雹が降り、ニュイ・サン・ジョルジュ村を

中心に収穫量に影響が出ています。

私も肝を冷やしましたが、ボージョレは雹を免れました。

 

幸い私たちの契約畑は高台にあり、年中風が吹いているため涼しく、

高温の影響は軽微です。

病害もなく、ぶどうは本当にきれいで素晴らしい状態です。

 

ただ、乾燥によりぶどうの成熟が従来よりもゆっくりと進んでおりますので、

収穫開始日は1週間ほど伸び、9月7日頃になると思います。

 

収穫まであと2週間となりましたが、生育はとても順調で、

少し雨が降ればさらに素晴らしいものになるでしょう。

その暁には、前回書きましたように、私の過去15ヴィンテージの中で

最高品質のワインになるのはもちろん、

ボージョレ全体でも、過去100年間で最良のヴィンテージになると思います。

 

収獲が完了し醸造が一段落しましたら、またご報告申し上げます。

 

2020年8月23日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司

🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇

 

ヌーヴォーのご予約は 店頭・メール・お電話・SNSで

承っております_(._.)_

 

ページ
トップ