“酒場放浪記系”の記事一覧

ホッピー&スピリタス(96度)

 

 

「ノンアルコールビールにスピリタス(アルコール度数96%のウォッカ)を入れて飲むと、メッチャうまいってネットで話題なんですよ~」

と言ってお客様はスピリタスを一本ご購入されて行きました。

 

 

 

 

 

 

【スピリタス と ホッピー各種】

考えてみればアルコール度数96%まで蒸留を繰り返したお酒なのですから、ほとんど純粋なアルコールに近く原料のクセは消えています。

また、96%のお酒なら加える量もかなり少ないため、ノンアルコールビールの本来の味わいに与える影響はかなり少なくなるわけです。

果実系のリキュールをつくるのにスピリタスは適しているとも言われますが、スピリタスを使うのは確かに理にかなった方法と言えるのかも知れません。

これは、やはりノンアルコールのビール風飲料であるホッピーでも同じでしょう。本来のホッピーの味わいに与える影響を最小限度に抑えることが出来るわけですね。

業務用のホッピー瓶の容量は360mlですから、96度のスピリタスを20mlほど加えれば、アルコール分5%のホッピーが出来上がることになります。

また、96度のスピリタスはリキュールをつくるのに抽出が早いため、ハーブや果実などの風味をつけてホッピーと合わせてみても楽しいかも知れません。

たとえば柑橘系の皮をスピリタスに漬けて、糖分ゼロのリモンチェッロみたいなものをつくり、ホッピーで割るとかです。

自分なりのホッピー&スピリタスは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「どぶずけ冷やしホッピー&サワー」屋上で見る花火にウマい

 

 

いよいよ明日は戸田橋の花火大会ですね。

花火を楽しむ準備はできましたでしょうか。

花火の打ち上げが始まるのは7時ぐらいからでしょうか。打ち上げが始まるまでは、飲んだり食べたりの談笑を楽しむわけですが、花火の打ち上げが始ったからと言って飲んだり食べたりは続きます。

つまりは長丁場な飲み会なんですね。

そこで、あまり酔っ払い過ぎず、なおかつ水分補給にもなるであろう飲み方のご提案です。

 

 

 

 

 

 

<焼酎とホッピーなどの割り材をまとめて氷水に冷やして、各自勝手に楽しんでもらいます>

酒販業界では酒類や飲料などを冷やす桶のことを”どぶづけ”と呼びます。

花火大会などの長丁場になるであろう飲み会で楽しむコツは、たぶん飲むお酒のアルコール分を低くすることではないでしょうか。また、喉ごし良くグビグビと飲めることも重要でしょう。

 

 

 

 

 

 

屋上で見る花火大会に「どぶずけ冷やしホッピー&サワー」は如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー・アートランド2017-07

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの7月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017-7のアーティストはアメリカ在住のダニ・ドノヴァン】

ダニ・ドノヴァンはアメリカ合衆国・ネブラスカ州を拠点に活動するアーティスト。

視覚的な効果を考慮してデザインした文字「レタリング」や、文字を美しくみせるための技法である「カリグラフィー」を得意とし、スターバックスなどのブランディングなど数多くの広告デザインを手がける。

意味を持つ文字をデザインすることは、よりメッセージ性を高めることでもあり、今作品では「ホッピーと夏、ビーチサイド」をテーマに、「Sun,Sand & HOPPY in My Hand(太陽と砂浜、そして手にはホッピー)」のハッピーな世界観を文字で表現した。

 

===============================

 

いよいよ花火大会です。

ホッピー片手に花火観賞は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「フルーツホッピー」暑い季節にはこれ

 

 

暑い季節に美味しいお酒のひとつにベルギービールなどのフルーツビールがあります。

また、ハワイあたりに旅行に行けば、「バドライムがウマかった!」みたいな話も耳にします。

果汁の甘さと、ビールの苦みの絶妙なバランスが、暑い時期にスバらしく心地よいのですね。

・・・・・しかし、輸入ビールは、ご存知のように値段がイイ。

そこで、ふだん酒として楽しんでいただけるフルーツビール、ならぬフルーツホッピーのご提案です。

 

 

 

 

 

 

【ホッピーとフルーツ系割り材】

個人的に大好きなのは、白ホッピーにシークヮーサー果汁100%です。

サッパリとして、キューリの漬物あたりをポリポリやりながら飲めば、今日一日の暑さも忘れて生き返るような美味しさでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにキューリの漬物は「梅漬け」。

また、パイン風味のホッピーもなかなかものも。トロピカルというか、沖縄風というか、その南国テイストがイイ感じなのです。

高級な日本料理屋さんでは、お漬物は料理の最後にご飯と一緒に出て来たりするわけです。漬物のタイプにもよりますが、食前酒のアテとしてもスバらしくいい仕事をするなと、暑くなってからは思う次第です。

もちろん、たまにはベルギー産のフルーツビールもいいですね。やっぱり本家は味わいの格が違います。

 

 

 

 

 

 

【フルーツビール:ボスクリ と リーフマン】

フルーティなビールテイストは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

スパイシーエスニック料理とホッピー

 

 

暑くなってくると食べたくなるのが、マサラやクミンなどのスパイスが効いたスパイシーなエスニック料理でしょうか。

暑い日に、暑い国の料理はたしかにウマいのです。

また、スパイシーでボリューム感ある料理を、汗をかきながらガッツリ食べるのは、夏バテ予防としても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

<写真はモロッコ料理のタジン鍋>

東京に出かけて行った暑い日、スマホ検索で出てきたモロッコ料理店でランチを食べました。

独特のスパイスが効いていて、それでいてサッパリとしている料理は、暑い日にうれしい味わいです。

そして、そのとき頭に浮かんだのは、「これは、よ~く冷えたホッピーをグビグビやりながら食べたら最高ではないか!?」でした。

もちろん初めて食べる料理ですから、ホッピーとペアリングさせたことはないのですが、これはもう想像に難しくないナイス・ペアリングでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日にスパイスの効いたエスニック料理&ホッピーは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3712345...102030...最後 »
ページ
トップ