“酒場放浪記系”の記事一覧

「パンチ レモン シロップ」一頭地を抜いてるかも!

ポッカサッポロF&Bさんって、この分野では最強かも知れません!

いわゆる業務用割り材の分野です。

今年発売されたばかりの焼酎用のレモン・シロップですが、そのインパクトのある印象の名前とともに、味わいもこの分野のレモン・シロップとしては一頭地を抜いている印象なんです。

2014092110490000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポッカサッポロF&B 【パンチ レモン シロップ】 業務用 1000ml 主にレモン・サワー用

その味わいは何とも本格的です。爽快感ある酸味のレモン風味に、レモングラス系のハーブやライム、ミントなどを思わせるハーブ感があるように感じます。また充実感あるレモンのコクもあり、レモンサワーとしてのボリューム感ある味わいに仕上がるんですね。

なかなか良く出来た、他にないレモン・シロップだと思います。

一般的にレモン・サワーは甲類焼酎をベースにしてつくりますが、このハーブ感をよりいかすなら「ジン」あたりをベースにつくってもイイ感じではないでしょうか。

まだ発売されたばかりではありますが、コレ系のコアなファンのお客様は、「このシロップは、オレにとっては他を完全に超えたって思ってるんだ!」と、「でも、たまにはバイスやテンバ、クエン酸あたりも飲りたくなるから、まとめて買っても安いし、家に並べてんだよ!」っておっしゃってました。

酒場放浪記系スタイルでの家飲みも楽しそうです。

一頭地を抜いた感のあるレモン・シロップ「パンチ レモン シロップ」のレモン・サワーは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「玉露入りお茶」今やお茶割りといえばコレでしょう!

いわゆるホッピー系の割り材としてのビール風飲料のジャンルでは、ホッピーさんの一人勝ちと言えるでしょう。

同じように割り材としての「玉露入りお茶」では、ポッカサッポロさんの一人勝ち、他の追随を許さない商品なのです。

2014092012140000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポッカサッポロF&B 【玉露入り お茶 業務用】 1000ml (1ケース6本入り) 玉露割り用

たぶん業務用のお茶系の割り材としては、ウーロン茶割りを抜いてダントツではないでしょうか。いわゆる「緑茶割り」とは味わいがかなり違うんです。

氷を入れて冷たくして飲むのが一般的ですが、温かい「玉露割り」もいい感じです。

また、飲食店さんなどのお客さんの間で、この「玉露割り」は伝染するようです。その濃くて深い緑色が目を引くのです。まるでレストランで出されるピンクのスパークリング・ワインのように引き付けられるわけですね。

砂糖類なしの玉露茶味のチューハイだから、もちろんアテを選びません。どんな料理にも合い、なおかつ飲み飽きもしないのです。つまり、ついつい ”ながっちり” しちゃうチューハイと言えるかも知れませんね(笑)。

秋の夜長に「玉露割り」でまったりと、ながっちりっちゃうのは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「焼酎用梅干し」レトロ感ある、温かいお湯割りで癒されましょう!

「まずコップの甲類焼酎に梅干しを一つ落とす。そしてお湯で満たす。」

「そこに割り箸を突っ込んで、やおら梅干しをつぶしながらかき混ぜる。」

これが甲類焼酎お湯割りの、王道とも言える飲り方の一つでしょう!

しかし、20年ぐらい前までは居酒屋さんなどで良く見かけたこの飲み方、いつの間にかあまり見かけなくなってしまったようです。また焼酎用の梅干しも見なくなりました。

それでも酒倶楽部ステップでは、コアなファンのお客様のために販売を続けております。

PH_1514-225x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【紀州 美智子漬 梅干しチューハイ用】1Kg 1,200円外税 ← スゴクお得だと思います!!⇒終売になりました

原材料: 梅、漬け材料[食塩、酸味料、着色料(赤102、黄5)]

焼酎用の梅干しには、ハチミツやら鰹節で味付けしてあるような食用のものは不向き。完熟の梅を塩だけで漬けてあるのが理想的なのです。

酒屋のオヤジも20年ぐらい前までは、梅干し入りのお湯割り焼酎を居酒屋さんで良く飲んだように記憶しております。

720ml入りの甲類焼酎瓶とポットに入ったお湯、梅干しがセットになって出てきました。

今ではあまり耳にしませんが、たしかその頃には、「梅干し入りの焼酎は悪酔いしにくい」というような話になっていたと思います。また身体にも好影響をもたらすような話もあったような気が・・・・・・・・・・・(汗)!?

そして、その頃の大手居酒屋さんでよく注文した料理が、唐揚げとかフライドポテトなどの揚げ物。たぶんそんな時代だったんでしょうね。そんないわゆる油物に、梅干し入りのお湯割りは良く合ったように思います。

ややレトロ感のある味わいで、サッパリとして、なおかつその温かさに癒される、甲類焼酎お湯割りの王道とも言える梅干し入りのお湯割りは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ズブロッカッピー!?・・・・ホッピー系進化論

ホッピーさんからマンスリーメッセージをいただきました。

2014090313370000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の「名店にこだわりのホッピー」は、川崎市のお店さんで開発された、ホッピーの”なか”に、なんとズブロッカを使うという斬新なアイデアのホッピー。お店さんではそのホッピーを「うっかりホッピー」と呼ぶのだそうです。

2014090313370001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【”なか”がズブロッカのホッピー】

ズブロッカの量は少なくても、アルコール度数が高いので十分に濃いとのこと。その旨さに、やみつきになってしまう常連さんもおられるのだそうだ。

上の写真に写っている、「ズブロッカ&ホッピー」と「唐揚げ」のマリアージュ(笑)は、やたらと旨そうですね。あっつあつの揚げものに、ハーブ感があってグビグビと飲ける酒って・・・・・いやはやイイ感じっすね!

 

2014090313380001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ホッピーとズブロッカ】

今までこのブログでご紹介させていただいた和酒以外の”なか”は、「テキーラ」と「IWハーパー」がありました。「もうこれでちょっと出尽くし感あるかな?」みたいな感じも正直あったように思いますが、さらに「ズブロッカ」の登場です。

たぶんまだまだホッピー系の進化は続きそうですね。楽しみです。

と言うことで、たまにはホッピーの”なか”にズブロッカは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒場放浪記系商材」・・・・読めないお盆の消費動向

ほとんどの方のお盆休みも今日で最後ですね。お盆の渋滞にはまって大疲れした方も少なくないと思います。

お疲れ様でした。

さて、「お盆休みの期間に酒屋では何が売れるのか?」を読むのは本当に難しい世の中になったようです。「たまにはオヤジや兄弟とちょっとイイ酒を・・・・!」みたいな消費動向が今年はあまり見られたかったかも知れません。

ちょっと休みが長すぎたのか・・・・・・!?

長めの休みに対応して質より量みたいな、みんなで長く楽しめる酒類がチョイスされた印象なのです。

cccc

 

 

 

 

 

 

 

【酒場放浪記系の老舗居酒屋の味わい】

・・・・・で、予想以上に売れたのが、いわゆる酒場放浪記系の商材。大容量のキンミヤ焼酎とその焼酎の割り材ですね。

最初にシャリキン・ホッピーを2~3杯飲ったら、次は炭酸で割ってそこに「お疲れさんにクエン酸」あたりをチョロっと垂らして込んで爽やかに。そろそろイイ感じになってきたら〆にキンミヤのロックに「天羽の梅」でもチョロっとやってじっくりと。

・・・・・・それでもなんだか飲み足りないから、最後の最後にホッピーの黒で・・・・・・・・・(汗)!

と三日や四日は連続でお盆を満喫したおすことができるのですね(笑)。

いわゆるイイ酒も良いのですが、そんな酒のほとんどは飲み口も素晴らしくイイ。サラッとそしてペロッと飲んで、ハイお終い。とても三日も四日も持ちません。

それに、いわゆるヌケも素晴らしくイイ。だからある意味、酔いに対しての歩留まりのコスパが高くないのですね(笑)。

その点、あやし過ぎるほどの赤の色合いを持つような、砂糖に酸味料とか香料とかを混ぜ込んだ魅惑の美味しさを持つ割り材は、ヒジョーにイイ仕事してくれるように思うのです(笑)。

駄菓子と同じような魅力なのかも知れませんね。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ