“洋酒”の記事一覧

「ハードサイダー」健康志向なクラフトビール

 

 

印象としては、クラフトビールの一種かと思うようなテイストの「ハードサイダー」のご紹介です。

「シードル」と表現した方が日本では分かりやすいのかも知れませんが、リンゴを原料としたビールのようなお酒です。

ざっくりと印象を分ければ、「シードル」が甘みを感じるものが多いのに対して、「ハードシードル」はドライなテイストのものが多い感じでしょうか 。

 

 

 

 

 

 

【ハードサイダー各種】

世界のどデカいビール市場に食い込んでいけるお酒があるとすれば、まずはこの「ハードサイダー」でしょう。

アルコール度数はビールと同程度で、まるでクラフトビールでも飲んでいるかのような雰囲気の味わい。

もちろんリンゴが原料であるため、よりフルティさがあり、ドライではありますがビールのようなホップの苦みはありません。

また、大メーカーが存在するわけではないので、それぞれの「ハードサイダー」の味わいにクラフト感とも言える個性が楽しめます。

そして、アメリカで人気のある最大の理由が麦を使わない”グルテンフリー”であることでしょう。

つまり健康志向な方々のクラフトビールなのです。

テニスのノバク・ジョコビッチ選手がグルテンフリーを始めてランキングを向上させたのは有名な話ですね。

フランスの「シードル」と違い「ハードサイダー」はビール系と言えるのだと思います。そして、世界の酒類のなかでは間違いなく成長分野でしょう。

今後ますます期待できる「ハードサイダー」は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「ラム酒カクテル」トランプ米大統領就任演説マリアージュ

 

 

米国新大統領の就任式を今晩に控える今日、そのライブ中継を見るご予定の方は少なくないと思います。

我が家でも長男までが、「録画する」などと言っているほどですから、親としては「・・・・マジかよ!?」なんです。

そんなことで、良い悪いみたいなことは抜きにして、日本でも世代に関わらず盛り上がっているようですね。

金曜日の夜中に予定されている就任演説ですから、もちろんイッパイやりながら待つことになるのだと思います。

そこで、たぶん、たぶんなのですが、そんなイッパイに相応しいお酒のご提案です。

 

 

 

 

 

 

最近大手ビールメーカーさんが提案されているラム酒を使ったお酒です。

Trump氏ですから、T……..Rum…….Pと言うことでRum/ラム酒・・・・・(汗)

凍てつく寒さになりそうな今日の夜には、あったかいホットラムが何と言ってもおススメでしょう。

ラム酒をお湯割りにして飲みます。もちろんレモンやハチミツを加えてもイイですね。

また、あるサイトにアメリカ南部で人気らしい、プエルトリコでクリスマスに飲まれるというラム酒を使ったカクテル「コキート」が掲載されておりましたのでご紹介させていただきます。

たっぷりのココナッツミルクに、その半分ぐらいのコンデンスミルクを加え、さらにラム酒を好みの量加えます。お好みでバニラエッセンスを加えてみても良いようです。よく混ぜて、冷やして飲みます。

また、ココナッツミルクを牛乳にして卵などを加えれば、北部で人気の「エッグノック」と呼ばれるカクテルになるようです。

「コキート」「エッグノック」と、もちろん甘々なカクテルなのですが、むこうでは人気のカクテルなのだそうです。甘党の方は試してみて下さい。

夜中のトランプ米大統領の就任演説には、ラム酒でつくるカクテルを合わせてみては如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「マツイ・ピュア・モルト・ウィスキー倉吉」鳥取県の地ウィスキー

 

 

「国産ウィスキーを贈りものに使いたい」・・・・そんなお客様は少なくないようです。

しかし、問題は国産の有名ブランド・ウィスキーの入荷がないこと。

そんな状況の中で、酒問屋さんから、鳥取県の地ウィスキーのご提案をいただき、取扱いさせていただくことになりました。

dsc_0176

 

 

 

 

 

 

右より:

【マツイ・ピュアモルト・ウィスキー倉吉】Alc43% 700ml @3700円+税

鳥取・大山山系の地中で濾過され、良好で安定した水質の伏流水を使用。オーク樽で3年以上熟成されたモルト原酒を使用し、香ばしさやまろやかな甘さや香り、どの風味も口いっぱいに広がります。

【マツイ・ピュアモルト・ウィスキー倉吉 シェリーカスク】Alc43% 700ml @4200円+税

鳥取・大山山系の地中で濾過され、良好で安定した水質の伏流水を使用。オーク樽で3年以上熟成されたモルト原酒を使用し、シェリー樽で3年以上熟成させることで生み出される甘い果実やチョコレートのような香り。口当たりまろやかでバランスのとれた甘みと酸味が口中に広がります。

【マツイ・ピュアモルト・ウィスキー倉吉 18年】Alc50% 700ml @12,480円+税

鳥取・大山山系の地中で濾過され、良好で安定した水質の伏流水を使用。18年以上樽で熟成させた歳月を感じさせる複雑で奥行のある味わい。短期熟成では味わえない深く、芳醇な香りの余韻が続きます。口当たりまろやかで、バランスのよいピュアモルトウィスキー。至福の一杯をお楽しみください。

 

鳥取県の高品質な地ウィスキーは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「今年呑むべき日本酒30本」のなかの2本

 

 

「雑誌サライの特集『今年呑むべき日本酒30本』に、うちでおススメしている酒が3種類えらばれたんですよ!」と業者さんからご報告をいただきました。

その3本のうちの2本がステップでも取り扱わせていただいておりますので、ご紹介させていただきます。

2016020111140001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

純米酒 【桂川】=雑誌に掲載されのはラベル違い

純米吟醸 【巌 いわお】

両方ともに若い造り手が頑張っている酒蔵さんです。

2016020111160000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(雑誌 サライさんの特集記事)

「桂川」の柳澤酒造さんは、甘口を得意とするお蔵さんなのだそうだが、必ずしも甘い酒ではないのだそうで「旨口の酒」と呼ぶべき酒なのだそうだ。

甘口をうたう「桂川」は、55℃の熱燗にすると酸や苦みにも左右され、アルコールのきりっとした辛みが立つとのこと。

 

「巌」は喉ごしがよく、旨みとコクがほどよく調和している。飲み飽きしないやわやかさがあり、料理を選ばぬ柔軟性を持つとのこと。

 

新しい日本酒の潮流を試してみては如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ショコラ・ブルギニオンとグラッパ

 

 

法事の後に「美味しいケーキでも食べながらお茶でも飲みましょう」という流れになり、その辺りで評判のパティスリー(今どきはケーキ屋さんとは呼ばないらしい)さんで、ちょっと高級なスイーツを購入させていただきました。

2015112414550000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

酒屋のオヤジが選んだスイーツ。

「ショコラ・ブルギニオン」という名前のスイーツ。ブルゴーニュ風なチョコレート・ケーキってことのようだが、そのブルゴーニュ風が気になって選びました。

食べてみると「オペラ」のような生チョコレート・ケーキの中に木苺が入っていた。

チョコレートの甘味、苦味、香ばしさに赤い果実のすっぱさが加わった印象の味わい。一緒にいただいた紅茶によく合いました。

それでも、飲んべーの一人としては、こんな上質なスイーツをアテに食後酒でも楽しめたらさらなる至福な時間を過ごせるのではないか、とも感じた次第。

チョコレートやチョコレートケーキをアテにして、コニャックやスコッチなど樽を効かせた蒸留酒を楽しむのはよく聞く話。さらに葉巻をくぐらせたりするわけですね。

それでも、これが甘酸っぱい木苺が入っている、この「ショコラ・ブルギニオン」なら、樽を効かせていないイタリアのブランデー「グラッパ」あたりの方が、より素直に合うように感じた次第。

「グラッパ」特有のやや爽やかさのある感じに共通点があるように感じます。

さらには、「グラッパ」なら、この甘酸っぱい木苺とねっとりとしたチョコレートの組み合わせに混ぜ込んでも違和感がないようにも思うのです。

2016012512070000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

甘酸っぱいデザートと「グラッパ」の組み合わせは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 712345...最後 »
ページ
トップ