“リキュール”の記事一覧

ハロウィーンに非日常酒

 

 

「ハッピー・ハロウィーン」は、もちろんハッピーでなければいけません。ハッピーにいきたいものですね。

非日常的なハロウィーンを楽しむには、お酒もきっと非日常的なものが楽しいのかも知れません。

そこで今回は、そんなシーンで楽しめそうな非日常的なお酒をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

写真左から:

「フェルネット・ブランカ」イタリアのリキュール

苦さがなんだかクセになるお酒で、強壮剤としても効果があるらしい。そのビターな味わいはコーラとの相性も絶妙なのだとか。

「シャルトリューズ・ヴェール」フランスのリキュール

すごくフランスっぽい味わいと言えるかも知れません。ミントっぽい薬草のリキュールです。その昔に映画「フレンチ・コネクション」でジーン・ハックマンが「なんでフランス人は緑の酒飲んでんだ?」って言ってたのがいまでも忘れられません。

「キャップテン・モルガン スパイスド・ラム」

ラム酒をより飲みやすくしたプエルトリコのフレーバーラム。バニラっぽくて飲みやすい。

 

仮装して見かけは怖くてもハッピーに楽しみたいものです。

非日常的なお酒は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

パーティーピーポーご用達の酒!?

 

 

くれぐれもハロウィーンでは、街中でハメを外すことのないようにお願いしたいと思います。

それでも、せっかくのハロウィーンです。パーティーでもあれば、ぜひ楽しみたいものですね。

そこで、たぶんハロウィーンの本場であるアメリカの、パーティーピーポーご用達のお酒をご紹介いたします(アメリカ人のおばさんに教わりました)。

 

 

 

 

 

 

シナモン・ウイスキー【ファイヤーボール】Alc33% (シナモンのフレーバーウイスキー)

ウイスキーと燃えるような刺激のレッド・ホット・シナモンから造られているフレーバーウイスキー。

その味わいはまさに天国、そして地獄のように焼ける。その後に・・・・・・たのし~い\(^o^)/。

非常に飲みやすく、かつ刺激的なお酒です。

一般的な飲み方は、もちろんそのまんま。ショットグラスで流し込めば、気分は一気にハイ。

おぞましい姿に仮装した、やたらにテンションの高いパーティーピーポーの出来上がり。

 

パーティーピーポーご用達の刺激的なお酒は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

埼玉のご当地チューハイ

 

 

宝酒造さんのつくる埼玉県のご当地チューハイです。

 

 

 

 

 

 

【クラフトチューハイ 埼玉 越生ゆず】

ご当地の素材を使用し、素材の個性やクセをいかし、樽貯蔵熟成焼酎を駆使して、手間を惜しまず丁寧に作る「ひとてま造り」製法で仕上げた、ご当地の嗜好品やグルメに合う、お酒として満足できる地域限定チューハイ。

寒暖差による香りの高さが特徴の埼玉県入間郡越生町産ゆずをまるごと搾りました。ゆずの程よい苦みと華やかな香りが広がります。

 

サッパリとしていてまるで、甘さひかえめのゆずシャーベットのような味わいです。

埼玉名産といえば「粉もの」と「ネギ」が有名だと思いますが、ネギの入った甘じょっぱいお汁のこしのあるうどんによく合いそうです。

ご当地チューハイは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「とりあえずカシスオレンジ」新人さんとお花見

 

 

新聞に職場での、新人社員と先輩社員の、双方へのびっくり体験が紹介されておりました。

宴会などの酒の席では、先輩社員は「とりあえず生」、そして新人社員は「とりあえずカシスオレンジ」で、最初からビール以外のものを飲むことに先輩社員はびっくりしているのだそうです。

また、新人社員は「飲みに誘われない」ことにびっくりしていると言うから、逆にびっくりもします。

つまり、職場の新人社員とお花見するなら、ビール以外の甘めのカクテル系が必要ということでしょう。

そこで、業務用の甘めのカクテル系のもとを、ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

【業務用カクテル系のもと各種】

飲み方の基本は炭酸水で割るだけ。お好みで氷を加えます。

もちろん、オレンジジュースやウーロン茶で割ってもいい感じでしょう。

意外にも新人社員さん達は、飲みに誘われることを望んでいる様子。先輩社員の方々は遠慮せずに誘ってあげれば喜んでくれるということではないでしょうか。

お花見に「業務用のカクテル」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ウゾ12」美味しい水をたっぷりと飲む

 

 

いつもワインを購入されるお客様がおられます。

そのお客様がここに来て、当店おススメの量り売りでの本格焼酎ばかりを購入されるようになりました。

聞けば、本格焼酎を美味しい水で割って飲めば、水分をたっぷりと摂取できるため調子が良いのだとか。

たしかに夏は喉が渇くため、アルコール度数が高いものでは、ともすると飲み過ぎてしまうこともあるようです。

水で割って味わいが伸びるタイプのお酒なら、ガブガブと喉ごし良く飲って、水分もたっぷりととれるから身体にも嬉しいのかも知れません。

そこで、美味しい水で割って美味しいヨーロッパの庶民的なお酒をご紹介します。

DSC_0050

 

 

 

 

 

 

【ウゾ12】Alc38% 700ml と「金属を錆びさせない奇跡の美味しい水」

ウゾ12はギリシャのお酒で、ホワイトブランデーにアニスやウイキョウなどのハーブの風味がついている庶民の酒。

水割りにすると白く濁ります。清涼感とほんのりとした甘みのある味わいです。

ハーブ系の風味ですから、やはりハーブを使った南ヨーロッパの魚介料理との相性もバツグンなのです。

水をたくさん飲もうと思っても、水だけではなかなか飲みにくいですね。

水にアルコールを加えれば、水分補給の効果は薄れるのかも知れませんが、それでもビックリするほど飲めるから不思議です。

ひょっとしたら、ウゾの水割りは暑い夏に水分をたくさんとるためのヨーロッパの知恵なのかも知れませんね。

美味しい水と一緒にウゾ12は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ