“リキュール”の記事一覧

「ホットサングリア」寒かった日の終わりにはホントにうれしい!

日経新聞さんの「暮らしのワンポイント」に、ホットサングリアの記事が掲載されておりました。

ホットワインやホットビールなど温めて飲むアルコールがここ数年人気なのだとか。そんななかで、夏においしいイメージのあるサングリアも温めて飲んで美味しいとのことだ。

2014111216340000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【日本経済新聞さんの記事】

写真の新聞記事に登場するスペイン・メキシコ料理店さんによれば、赤と白、どちらのワインをベースにしてもホットサングリアはおいしくできるとのこと。

作り方は冷やして飲むサングリアと同じだが、ワインは温めると酸味が強まるので、あらかじめハチミツやジュースなどを加えて甘めにするのがおススメ。

[赤ワインのホットサングリア]

ワイン(軽いタイプが向いている)900mlにオレンジ、レモン、リンゴ各1個が目安。オレンジとレモンは皮をむいて輪切りに、リンゴはくし切りにする。ワインとともに密封容器に入れ、ハチミツなどを加えて一晩寝かせる。

入れる果物はパイナップルやバナナなど好みで変えても良い。

[白ワインのホットサングリア]

キウイや、リンゴ、洋梨、グレープフルーツなど酸味がある果物を使うと、よりさわやかになる。

 

温めるポイントは沸かしすぎないこと。酸味が際立ち、果物の味や香りが飛んでしまうとのことだ。

また、温めるときにショウガのスライスを1、2枚入れると、ショウガの風味が楽しめ、身体を温める効果も高まる。

ジャムを加えるのも一案とのことで、赤ワインならベリー系、白ワインならシトラス系のジャムが合うとのことだ。

赤ワインのサングリアなら、最後にシナモンパウダーを浮かべたり、シナモンスティックでかき混ぜれば、香りの広がりを楽しむことができる。

 

グリューワインとかマルドワインとも呼ばれるホットワインは、たぶん世界的に良く知られた温まるカクテルだと思います。しかし、温かいサングリアに関しての記事は初めて目にしました。

身体が温まるし、美味しいし、風邪の予防にもなりそうだし、一杯で満足できそうだし、寒い時期には素晴らしい飲みものではないでしょうか。

 

 

「シャルトリューズ・ヴェール」みどり色のクセになるハーブ系な味わい

その昔、「フレンチ・コネクション」という人気映画があり、TVの洋画劇場で何回も放映されてました。

その映画の中で、ジーン・ハックマン演じるアメリカの刑事は、捜査のためにフランスのマルセイユあたりに渡り、酒場で酒を飲みます。

そこで隣のフランス人が緑色の酒を飲んでるのに驚き、「おまえ、なんでみどり色の酒なんか飲んでんの?」みたいなことを言ってたのが記憶に残っております。

そのときフランス人が飲んでた緑色の酒がこれ。

2014111009560000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャルトリューズ・ヴェール】 AL55% フランスのハーブ系リキュール

フランスを代表するハーブ系リキュール。ブランデーをベースに130種ぐらいのハーブが配合されているリキュールとのこと。その製造方法はシャルトリューズ修道院の修道士2人以外に誰も知らないらしい。

もともとは不老不死の薬として1600年ごろにつくり出された秘薬だったらしい。そこから、修道院で紆余曲折あって、現在のフランスで人気のリキュールになったのだそうだ。

アルコール度数は55度と高いのですが、リキュールなので砂糖が加えてあり、またハーブの爽やかさもあるため飲みやすいお酒です。

一般的な飲み方は、小ぶりのグラスに入れてストレート。いかにもヨーロッパっぽい感じではないでしょうか。

フランスを代表する「シャルトリューズ」、意外にハマってしまう人も多いと思います。

試してみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウゾ」夏の南ヨーロッパの薫り

ヨーロッパが舞台の映画では、暑い夏を表現するかのように登場する、まるで映画の季語のようなお酒ではないでしょうか。

水で割ると透明な液体のお酒が乳白色へと変化する、爽やかさがあって甘みのあるアニスという香草風味のお酒。ギリシャでは「ウゾ」と呼ばれます。

ちなみにフランスでは「パスティス」、トルコでは「ヤキ」と呼ばれます。それらはまったく同じものではないようですが、同じようなお酒なのです。

2014072412190000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ウゾ 12】 AL40% 700ml (ギリシャ)

ミント系の清涼感とシナモンの様な甘みを感じるお酒。たぶん「あれ~、なんだかこんな風味のフレンチかなんかのご馳走を食べたことがあるような気が・・・!?」みたいな印象のお酒なのです。

フレンチでの風味付けはペルノーと呼ばれるフランスの、やっぱりアニス系のリキュールで同じような特徴を持ったお酒が使われているからなんですね。フレンチ・レストランが街で人気の時代には、このペルノーが酒屋でよく売れたのですが・・・・・時代は変わりましたね(涙)。

ヨーロッパが舞台の映画では、このアニス風味の酒と水、そしてグラスが登場し、夏の暑い最中なのに氷は出てこなかったような気がします。ひょっとしたら、ミント系の爽快感があるため氷がなくても、爽快さを持って飲めるのかも知れません。

また、ガブガブと飲むなら冷たくない方が、身体にやさしいからなのかも知れません。

そんな独特なハーブの薫りと、ぬるい口当たりが、なんともヨーロッパっぽい感じではないでしょうか。

ウソ!ウソウソ・・・・ウソじゃないよ~! ウゾだよ~(笑)!ということで、なんとも南ヨーロッパの夏っぽいお酒「ウゾ」は如何でしょうか?

 

 

 

「電気ブラン」外国人旅行者に人気の酒になっていた!

今朝の日経新聞によれば外国人観光客に大人気の浅草で、あの浅草の酒「電気ブラン」もまた海外の方々に人気なのだそうだ。

2014051513570000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【電気ブラン AL40%】 と 【デンキブラン AL30%】

アルコール分40%の酒が「電気ブラン」で、30%は「デンキブラン」。

「クリーミーでなめらか!」と外国人客に人気なのだそうだ。また、そんなお客さんに定番の飲み方を伝える、なんとも浅草らしい日本人の方もおられるとのことで、浅草の魅力の一つとなっているらしい。

さて、新聞に書いてあるその定番の飲み方とは、ビールをチェイサーにして「電気ブラン」を楽しむ飲み方。たぶんストレートで。

「いまどき外国でもそんな飲み方する人少ないんじゃないの?」みたいな印象もあるのですが、たぶん外国人旅行者にとって浅草は非常に異国情緒あふれるエキゾチックな街。その地の文化ともいえる飲酒のスタイルを経験するのがすごく楽しくて新鮮なのかも知れません。

そして、たしかにイッパイ飲ってた方が浅草の街は楽しいような気もするわけです。

先日ガキンチョどもを連れて浅草に落語を聞きに行きました。その客席では酒屋のオヤジも含めて、ほぼ全員がイッパイ飲りながら落語を楽しんでおられました。もちろん子供以外ですが。

イッパイ飲ってた方がより落語が楽しいのです。

「電気ブラン」はそのまま冷やして飲むか、氷塊を入れてオンザロックで飲むのがおススメなのだそうですが、たまには浅草の定番の飲み方でビールをチェイサーに飲るのも悪くないような気がします。

外国人旅行者だけが楽しんでいるだけではもったいない、「クリーミーでなめらか」な浅草の味わい「電気ブラン」は如何でしょうか?

例えば、先日お客様が、「ビールをチェイサーにして強い蒸留酒を飲みながら麻雀やったら、飲むたびにカーっと身体が熱く元気になって大勝しちゃったんだよ!」っておっしゃってました。

そんなときに非常にイイ感じのお酒ではないでしょうか。

 

 

 

「宮崎完熟マンゴー酒」お義母様への帰省土産

ともするとこれは・・・・・・・・帰省における最重要課題・・・・・・と言えるかも知れません!

もしもお義母様がお酒好きなら、女性にうけそうな特別感あるお酒を帰省土産にするのは如何でしょうか?

2014050312140000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【赤芋焼酎仕込み 「マンゴー酒」 宮崎県産 完熟マンゴー100%使用】AL12% 720ml

あの、「静岡のマスクメロン」か「宮崎の完熟マンゴー」と呼ばれるような、超が付くほど特別感ある宮崎県の完熟マンゴーを、同じく宮崎県産の赤芋焼酎でマンゴー酒に仕上げたお酒なのです。

開封した瞬間にひろがるマンゴーの香りと、とろけるようなフルーティーさのある甘味はたまりません。

贈りものとしてはインパクトのある見た目。ブランド力ある「宮崎県産完熟マンゴー」の文字がまず目に飛び込んできます。この見た目にまず特別感を感じていただけるのではないでしょうか。

そして、お義母様を含めた女性陣が、にんまりと微笑んだなら、その帰省は8割がた成功したのも同じでしょう・・・・・きっと(汗)。

お義母様への帰省土産に、とろけるようなフルーティーさのある甘味の「宮崎県産完熟マンゴー酒」は如何でしょうか?

 

 

ページ
トップ