ブログ

お知らせ,ワイン,ワイン会,テディベア教室等、「葡萄 と くま」の日常をお伝えしています♪

店舗拡張リフォーム始まりました!

10月末から店舗を広げるリフォーム工事が始まりました‼️

 

 

 

 

 

葡萄とくま、向かって右の貸店舗が空きましたので、そちらにテディベア・テディベア材料の販売スペース、テディベアの教室が移ることになりました。狭いスペースで生徒さん達には、今まで大変ご迷惑をおかけしましたが、リフォームが終わりましたら、今までよりゆったりとレッスン受けて頂けるようになると思います😊

リフォームに伴い、ミニキッチンも設けることになりましたので、レンタルスペースとしていろんな方に使って頂けるようにと考えています。

テディベアが隣に移ることで、ワインの売り場も充実すると思います❣️

まだリフォーム始まったばかりなので、また、ブログでリフォーム進行状況をお伝えしたいと思ってます😃

ゼネレーション・リースリングセミナーに参加して

先日

ドイツワインのセミナーに参加してきました!

 

 

 

 

 

 

「 ジェネレーション・リースリング 」 という

ドイツの若手醸造家の団体のワインを紹介するというテーマ。

 

ドイツの35歳以下の若手醸造家のグループ のことで

現在 メンバーは 530名

そのうち30%が女性だそうです。

さすが 若手!

 

さらに

メンバーの60%が

オーストリア、フランスをはじめ

オーストラリアやニュージーランドなど

海外での修行経験があるのだとか。

 

それゆえ

多様性にあふれ チャレンジングな味わいのものが多く

とても注目されているのだそうです!

 

団体名にリースリングとついていても

リースリング種に特化しているというわけではなく、

ドイツワインを代表する品種リースリングを名前にいれることで

ドイツワインの長い歴史やテロワールに 敬意を表しているのでしょう!

 

今回のセミナーのテーマ はスパークリングワイン

ドイツのスパークリングワインは ゼクト と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

全世界で スパークリングワインって この四半世紀に

急速に伸びているんですね。

そして

そのスパークリングワインの消費量は

圧倒的に ドイツが 1位!

年間45000ケースに及び それは 世界の1/5 なのだそう。

一方

生産量でみてみると

プロセッコが世界的に人気のイタリアが1位

2位は シャンパーニュやクレマンを造るフランス

3位にドイツ

4位に カヴァを造るスペイン と続きます。

 

ドイツって

ビールのイメージが強いですが

実際は

赤ワインや白ワイン

そして

最近では

スパークリングワインのゼクトの方が

ビールよりも消費されています。

 

ちょっぴり私はびっくりしました!

 

ドイツの中でもワインの産地では もともと

ビールよりもワインが飲まれているというのは

聞いていましたが

全国的にもビールよりも ゼクトの方が飲まれているなんて!

もしかしたら

健康志向というのもあるかもしれませんね。

 

そして 日本人のイメージするスパークリングワインより

ドイツのゼクトは 敷居が低いのかも。

なんでも 大手の手頃な価格のゼクトが人気で

大手5社で シェア80%を占めるそうです。

 

そうなんですが

今回のセミナーは

ジェネレーション・リースリングという

若手の小さなワイナリーのゼクト。

 

年間販売数が 1万L以下の小さな生産者の

マーケットシャアはわずか0.7%。

 

でもこの小さな生産者が増えていて

そして

高品質かつ個性的なゼクトを

造っているそうです。

 

 

 

 

 

現在

ゼクト専門で造っているワイナリーはほとんどなく

通常のワインを ゼクトのベースワインとして使用するため

やはり リースリングなどの 主要品種が主体になるというお話でした。

 

 

セミナーでは 6種類のゼクトを試飲。

6種類ともとても

個性的で ゼクトのスタイルの幅の広さを感じました。

 

前菜から 魚料理に合わせたいもの

また

油分や辛味のある

牛肉のオイスターソース炒めに合わせたいような

リースリングのゼクトもありました

 

Pet nat と 言われる

ペティアン・ナチュールで

にごりスパークリングみたいなものもありました。

 

これからの季節

スパークリングワインを飲む機会も増えるでしょう。

そんな時

ゼクトを選択肢の一つとして 考えてみてはいかがでしょうか。

新しい発見がきっとあると思います!!!

 

月1チーズ販売 ~ 11月28日(土)お渡し受付中

お待たせしました!

 

今月のチーズの内容が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

〇グラン・カマンベール
〇ブルードーベルニュ
〇ナポレオン

 

・グランカマンベール
(日本の方の口に合うように、オリジナルレシピでフランスで

作ってもらっている白カビチーズ)

 

・ブルードーベルニュ
(オーベルニュの伝統的な青カビチーズ。

青カビ、ミルク、旨味のバランスが良く、

選者中谷さんが一番好きなブルーチーズです。)

 

・ナポレオン
(フランス最高職人賞を受けた、チーズ熟成士が手掛ける、

羊乳製チーズです。プティアグールより濃厚です。)

 

※直近の空輸で輸入されたものを ご用意しておりますので

急遽内容が変更する場合もありますのでご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

↑ チーズシュヴァリエの 中谷瞳さん

 

 

 

チーズシュヴァリエ 中谷 瞳がセレクトする 葡萄とくま 特別チーズセット

 

 

 

 

 

写真は サンプルです

 

毎月 2~3種類 を  小さなカットですが ご購入可能です
農家製ですので 価格は ちょっと高めですが
味わいの奥深さは 格別です

 

価格は 2,000円(税込 2,160円) となります

 

11月の入荷は

11月28日(土) 午前中に 葡萄とくま に届きます

12時以降に 御来店お願いいたします

 

ご予約は 11月22日(祝・月)までに お願いいたします

チーズに合わせたい ワインも チョイスします
是非 愉しんでくださいね

幻のフルーツ!?ポポージャム限定入荷!

今日は ワインではなく

ジャムのご案内です!

 

先月の 月一チーズ盛り合わせで

添えられていた ポポージャム

ご購入いただいた方から

リクエストがあり

ポポージャム単体で入荷します。

 

季節限定のジャムです!

 

ポポーとは

北アメリカ原産の 果樹で

ビワのような大きな種がある実がなります。

その実は ちょっと癖のある香りがするのですが

果肉の部分は とっても甘く

まるで カスタードクリームのようなのだとか。

 

リクエストしてくださったお客様も

アメリカ留学中に みんなでポポーの実を森まで採りに行った

という楽しい思い出があるそうです。

 

ポポーの木は 温帯で育つそうですが

まるで 南国で育つドリアンのようなのでしょうか。

興味がそそられますね。

 

日本でも育てられていて

こちらのジャムは 大分県産だそうです。

ポポーの実の旬は

9月から10月上旬。

ですので

こちらのジャムも 今の季節限定ということです。

 

 

葡萄とくまには

ボージョレ・ヌーヴォーと同じ

11月19日(木)入荷します。

数量限定です。

ご興味ある方は

ぜひ ご予約くださいませ。

 

ポポージャム 125g

900円(税込972円)

’20 11月の教室♪

暖かい日が多かった10月ですが、ここのところぐっと寒くなってきました。手が悴んで縫い物がやりづらいなって感じる事も多くなりました。

 

 

 

 

 

写真のベンチはお店前に置いてある花壇🌷

ペンキを塗ってリニューアル❣️

11月からお店の拡張工事が少しずつ始まります。

お花を植えるのは、お店がきれいになってから…

お店の工事についてはまた改めてブログ書きますね😊

 

11月の教室

第1・3 金曜日  10:30~12:30  6日、20日

第2・4 木曜日   10:30~12:30   12日、26日

第2・4土曜日  10:30~12:30     14日、28日

第2・4日曜日  11:00~13:00    8日、22日

 

参加費 2時間 2000円 (材料費別途)

随時、生徒募集中です!

上記以外でもご相談で都合の良い日時、受付ますのでお問い合わせ下さい。

少人数制のアットホームな教室です。

初回のみこちらで用意したキット(3800円)のベアちゃんを作って頂きますが、それ以降はお好きな物を作って頂きます。

材料の持ち込みもOKですし、こちらの方で購入もできます。

サンプルのベアちゃんもたくさんありますので、ご興味ある方は是非、見学にいらして下さい。

 

*ジュニアクラス(お茶出しはしません)

小学1年生以上、やる気のあるお子様。

ご相談で日程、ペースなどを決めていきます。

基本的な縫い方から少しずつ形のある物を作っていきます。

1時間 1000円 材料費別途

 

※出張(往復2時間以内の範囲で、交通費+500円)、も可能です。ご相談下さい。

 

お問い合わせメールアドレス

maron04emi@gmail.com

 

ページ
トップ