ブログ

お知らせ,ワイン,ワイン会,テディベア教室等、「葡萄 と くま」の日常をお伝えしています♪

リタファーム 風のヴィンヤード入荷しました!

北海道 余市町にある

小さなワイナリー

リタ・ファーム&ワイナリー。

「風のヴィンヤード」

が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風のヴィンヤード」は

余市町登地区にある

3ha の 自社畑のこと。

 

 

今では

小さなワイナリーが集まっていることでも

知られている

登地区の最南部に位置する

風のヴィンヤードは

その名の通り

南風が余市湾へと吹き抜ける

緩やかな南向きの斜面にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前 私も一度訪れました。

手入れの行き届いた

気持ちの良い

美しい畑でした。

 

 

そんな風のヴィンヤードから

生まれたブドウを

醸造したのが

ワイン「 風のヴィンヤード 」です。

 

 

今回入荷したのは

シャルドネ、 メルロー、ピノ・ノワール

の3アイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速

シャルドネを試飲してみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャルドネは

ブドウのエキス分(うまみ)を飲んでいるような

軽やかだが複雑味のある味わい。

アフターの微かな甘味と苦みが心地よい!

 

手巻き寿司に合わせてみましたが

ネタにも シャリにも合います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下 コメントは

ワイナリーからの情報を転記しました。

 

 

 

 

 

 

 

リタファーム 風のヴィンヤード

シャルドネ 2020

自社畑の北西に広がるシャルドネ区画

ホールパンチで搾汁後、

ステンレスタンクで発酵し、

グラヴィティ・フローで瓶詰を行いました。

柑橘系の香りに

香ばしい余韻、ふっくらとした果実味ときれいな酸

をお楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタファーム 風のヴィンヤード

メルロー 2019

自社畑の南西区画で健全に育ったメルローを

全房で仕込みました。

野生のカシスやブラックベリー系の香り

程よい果実味と酸、タンニンが融合し

丸みを帯びたふくよかな味わいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタファーム 風のヴィンヤード

ピノ・ノワール 2019

自社畑の南北に広がる区画で育った

ピノ・ノワールを全房で仕込みました。

ラズベリーやシナモン、なめし皮の香りを

温度変化によって楽しめます。

果実味とタンニンが心地よい

なめらかな口当たりです。

 

 

丁寧に造られた

ナチュラルなワインたちです。

普段の食事にあわせるのに

お勧め!

ぜひ、お試しくださいね。

看板、付きました❣️

広げた店舗の方は、看板がなくてちょっと寂しい感じでしたが、今週の火曜日、素敵な看板がつきました❣️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葡萄とくまの看板やショップカードを依頼した、アーティストのオオヤサヤカさんにお願いしました❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の打合せで、自分でイメージしていた物とピッタリ。

教室名、ブランド名である「ボヌールアンジェラ」をローマ字で小さく入れて、天使の羽と花びらがいい感じに描かれています。

色もいい色で、とっても気に入ってます💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に来られる際は、上の方をチラッと見てみてください😊

 

アーバンワイナリーのナチュール~ブロックセラーズ

サンフランシスコから

車で1時間ほどのバークレーにある

アーバンワイナリー

ブロックセラーズ

のワインをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブドウの生育に重要な固有環境や

土壌の性質をワインに活かすことを

最大の目標に、

ブドウが持つ本来の素質や特性を発揮するため

持続可能な農法および有機栽培または

ビオディナミ農法によるブドウを不可欠と

考える」

そんな哲学のもと、

自然農法で栽培されたブドウを

天然酵母で発酵させて

酸化防止剤の添加も必要最小限度に

とどめるといったナチュラルなワイン造りをしています。

 

都会にワイナリーを構えたのは

ワインを造るうえで重要な様々な情報を

的確に入手できるのが

アーバンワイナリーである とのこと。

 

現在

ブドウは、信頼できる契約農家から

安全で健全なブドウを手に入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブホワイト

4種のローヌ系ブドウを使用。

優しい口当たりの果実味が愉しめる白の辛口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブレッド

灌漑されていない

樹齢70年の古木から採れるブドウを使用。

ソフトな口当たりながら

フレッシュな果実味が愉しめるミディアムボディ

ブドウは カリニャン50%、ヴァルディギエ36%他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュナンブラン シェル・クリーク ヴィンヤード

パソロブレスのShell Creek Vineyardで育つ

シュナンブラン100%

名前の通り 貝殻の化石が多く堆積している

石灰質土壌。

アロマティックな香りが魅力的

まろやかな口当たりの辛口。

 

 

 

クリーンでナチュラルな味わいで

人気の高いワイナリー

ブロックセラーズ

是非 お試しくださいね!

リパッソ製法の新しい形~フルボディの赤ワイン

「リパッソ製法」 って

ご存じですか?

 

「 リパッソ Ripasso 」 とは

イタリアのヴェネト州で赤ワイン造りに使われる

伝統製法。

 

陰干し葡萄を発酵させた高級ワイン「アマローネ」を

造る際に出た黒ブドウの搾りかすに

通常の赤ワインを注ぎ入れてさらに醗酵させること。

元の赤ワインより凝縮感のある果実味、

ソフトな渋みで香りも華やかに仕上がる製法です。

 

通常は アマローネの搾りかすで

再発酵をするのですが

今回ご紹介するワインは

あえて

メルロー主体で造ったワインの搾りかす

コルヴィーナとロンディネッラ、コルヴィノーネで造った

ベースとなるワインをいれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヴァルポリッチェッラ地域では、伝統的にアマローネを

造った葡萄の皮でリパッソを行ないます。

しかし、私はそれをメルロで行なうことにしたのです。

コルヴィーナやロンディネッラのチェリーや

ペッパーの風味に、

メルロのカシスやブラックベリーが

組み合わさったら面白いと思い、

このワインを造りました」と

造り手のルチアーノ・ピオーナ。

 

「ガルダ メルロ ファイアル」

というワインの搾りかすです。

ファイアルは

最低3ヵ月のアパッシメント

陰干しをしているそうで、

その点は

アマローネと一緒ですね。

 

熟した果実味に

ビターな風味があわさった

複雑さのあるフルボディ。

是非

お試しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

トッレ・ドルティ

ロッソ・プロヴィンシア ディ・ベローナ 2019

 

Teruカフェさんの月1おつまみ~今月は 8月28日(土)入荷

毎月1回だけなのですが。

 

ヴィーガンカフェの Teru Cafe さん

https://www.instagram.com/terumizm/?hl=ja

が 作る

「 体に優しい 美味しいおつまみ 」

が 毎月 好評です!

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は 8月28日(土) 12時過ぎの入荷!

是非、

お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

 

↑写真は 7月のおつまみ

今回も 豆腐クリームチーズも

ご用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆腐クリームチーズ

乳製品は使わず、

豆腐をベースに ゴマやナッツ、味噌が入っています。

ペースト状なので

パンやクラッカーに塗って召し上がると

ワインのつまみとしては 最高です!!!

 

数量限定ですので

ご興味ある方は お早めに!

ページ
トップ