“洋酒”の記事一覧

「テキーラホッピー」ホッピー文化の進化

ホッピーさんからマンスリーメッセージが届きました。

今回の「名店に、こだわりのホッピー」は東京の下北沢にあるメキシコ料理屋さんの「3冷テキーラホッピー」。

2014040612050000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでもテキーラ・マエストロの方がつくり上げたとのことで、セレクトされた40度のプレミアム・ホッピーを55ホッピー(通称:赤ホッピー)で割ったもの。これがまた、すこぶるおいしいのだそうだ。

で、その写真をよくよく見れば、今度入荷が予定されているアガバレスのテキーラが写っているじゃありませんか。偶然とはいえ、これはもうブログでご紹介させていただかなくてはいけません。

2014040612050001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【アガバレス プレミアム・テキーラ】AL40% 750ml

非常にリーズナブルな価格にもかかわらず、テキーラではまれなブルーアガベを100%使用した贅沢な造りのテキーラ。メーカーがアガベ農場を所有し、栽培から製造、出荷まで一貫した生産管理を行っているのだそうだ。

その評価も驚くほど高く、サンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションでアガバレスの「ゴールド」と「レポサド」が銀賞。BTIレーティングでは「シルバー」89ポイント、「レポサド」90ポイントを獲得。

これはホッピーのいわゆる「なか」として大いに期待できますね。もちろん飲み方はすべてを冷やして、氷なしで飲む三冷。

キンミヤ焼酎が「なか」でつくる三冷ホッピーや「なか」を凍らせるシャリキンホッピーから始まったとみられるホッピー文化のムーブメントは、次に柚子や梅などの和のリキュールを加えたフレーバーホッピーが到来。

そしてその後、遂に外国産の「なか」を使ったテキーラホッピーへと進化したわけですね。

そんなテキーラホッピーが ”すこぶるおいしい” のですから、これは試さない手はないでしょう。

ホッピー文化のカッティング・エッジともいえる「テキーラホッピー」を、贅沢な造りのテキーラ「アガバレス」で試してみるのは如何がでしょうか?

 

 

「茅台酒」中国で激しい値引き

昨年あたりまで中国の経済成長にともなって値上がりしていた、中国の高級酒である茅台酒を含む白酒メーカーが大胆な値引きで消費を増やそうとしているとのこと。

PH_1652-300x225[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

【御存じ田中角栄元首相が、日中国交回復の式典で乾杯を交わした中国の高級酒の「茅台酒」】

酒類専門誌「ドリンク・ビジネス」によれば、中国の消費者がビールやワインを好むようになり、白酒の売れ行きが良くないことから、最もアルコールの消費が高くなる夏場に、白酒メーカーが大幅な値引き販売を決めた。

 メーカーでの値引き率は37%~50%だが、小売ベースでは平均60%の値下げとなっているのだとか。ワインやビールと違い、夏場は白酒の売上が落ち込み、価格も下がるが今年ほど大きい値下げ率ははじめて。

価格はここ3年間での最安値となった。この安値をうけて消費者や業者系は、秋のお祭りシーズンでの需要回復を当て込んで買いだめに動いているとのこと。

一方、実需の現場では、中国で白酒を飲んでいた人達の20%以上が、白酒のかわりにワインを飲むようになったとのこと。

秋のお祭りシーズンに価格は回復するが、ここ数年の高値に迫るほどの回復は見込めないようだ。

日本と同じ少子高齢化の問題を抱え、カンペー(一気飲み)の文化を持つ中国で、アルコール度数50度を超える白酒は、構造的な斜陽傾向があるように思えます。

 

「スコッチ・ウイスキー」バレンタインデーの夜は・・・・!

酒屋の店頭でお客様から・・・・・「バレンタインのウイスキーちょ~うだ~い!」って言われたら・・・・・コレ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 スコッチ・ウイスキー「バランタイン」

 お客様から「バレンタインのウイスキーちょ~だ~い!」って言われたら、「バレンタイン用のウイスキーでございますか?」では、街場の酒屋さんとしては失格!(汗)

正しい街場の酒屋さんの対応は・・・・・「何年ものがよろしいですかね?」・・・・・なのです(笑)!そして、その呼びなれていない「バランタイン」を「バレンタイン」と呼ぶのは、業務に使うか、贈答品として使うかどちらかで、自身では飲まないと推察するわけです。

それでも、チョコレートにウイスキーのペアリングがマッチするのは周知のとうり。バレンタインに、高級チョコレートとバランタインもまた最高の楽しみ方の一つではないでしょうか。また、タバコを吸う方にとっては、さらに葉巻があれば、さらにハイレベルの至福の時間を過ごせるのだと思います。

しかし、タバコを吸わない方が至福のひと時を求めて葉巻をためしたりすると、後から素晴らしく爽快とは言い難い思いをすることになるため葉巻はおススメできないのですが(汗)!

 バレンタインにウイスキーでは、正直ワインなどと違ってロマンチックなイメージが湧いてこないから不思議です。

たぶんチョコレートにスコッチ・ウイスキーは、酸いも甘いも嚙み分ける成熟した大人のカップルのバレンタインに相応しい。良く熟成して、なめらかさを増したスコッチウイスキーをかたむけながら「愛について語る」。「トルストイの愛についての名言を読みながら・・・・」ってのもイイですね!

これこそが究極のバレンタインデーの夜の過ごし方かも知れませんね!・・・・・・酒屋のオヤジにはまだ無理そうだけど(笑)!

 

レアな洋酒が入荷!

最近では見かけないレアな蒸留酒が数種入荷しました。

 

 

 

 

 

 

 

たぶんもう日本へは輸入されてなかったり、販売を終了してしまった輸入酒だと思います。上記の写真に写っている銘柄以外にも種類があったのですが、興味のあるお客様がチャッチャと買ってっちゃいました。

 写真左からご説明しますと:

*キャビア・ウオッカ  ドイツ帝国の皇帝ウィルヘルム1世からキャビアに合う酒を要望されて造られたウオッカ。

*ヘイマンズ・ピムリコ・ジン AL57% ジンの中では最もアルコール度数の高いジンのようだ。

*アブサン・プレミアム・トレーネ AL60% 有名画家たちが溺れたといわれる酒。

*フェルナンデス19 ラム・ゴールド なんとトリニーダ・トバコ産のラム酒。

*トロア・リヴィエール・マルティニク フランス領マルティニク島のアグリコール製法で造られたホワイトラム。

どれもまとまった数はありません。ハンパもの的な洋酒です。

ご興味のある方は、店頭で一声かけて頂ければ、少しはお値引きさせて頂きます。

 個人的にはキャビアウオッカに興味がありますね。キャビアを購入するようなことはまずないのですが、イクラかトビコあたりをアテにして冷凍庫で良く冷やしたキャビア・ウオッカを飲って”ドイツの皇帝の気分を味わいたい!”って気が少しします。

また、マルティニク島のアグリコール製法で造られたホワイト・ラムもイイですね!造られてから年月が経っていると推測されるラム酒ですので、瓶内熟成もあり自然なラム酒の風味が、よりまろやかになっていると推測されます。

 ご興味のある方はお早めにご来店下さい。

 

「パンペロ アニヴェルサリオ」熟成感ある人気のラム酒

いっときまったく入荷がなかったベネズエラ産のラム酒ですが、最近は以前と同じように入荷するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンペロ アニヴェルサリオ AL40% 700ml 2300円(価格は変動する可能性があります)

 単式蒸留により造り出された原料の風味を活かした原酒を、アメリカンオーク樽で最低6年間の貯蔵熟成を行なった、独特の風味となめらかさを持つ熟成ラム酒です。評価も高く1997年のワールド・スピリッツ・チャンピョンシップではプラチナメダルを獲得したのだとか。

 甘みが強く複雑な深みのある味わいながら、ミント系の爽やかさもある熟成ラム酒。ストレートかオンザロックがおススメです。

すっかり過ごしやすくなった秋の夜長。読書、映画、音楽鑑賞、仕事の予習・・・・・・いろんなアテで一杯やるのも秋の夜長の楽しみ方ではないでしょうか。

最近は男性のお客様に、甘みのあるお酒を望む声が多いように思います。食後のデザート代わりに甘みが心地良く、さらに甘いだけではない複雑味のある熟成されたやわらかいラム酒をチビチビとやりつつ、過ごしやすい秋の夜長の大人の時間を満喫されては如何でしょうか。

もちろんそこに葉巻が加われば、たぶん映画の中のマーロン・ブランドさん的な、ダンディズムのある王道の大人の楽しみとなるのかも知れませんね。

 

ページ
トップ