記事一覧

奥野田ワイナリーZOOMセミナーを終えて

昨夜は

奥野田ワイナリーさんの

ZOOMセミナーでした。

 

コロナ禍でなければ

今月は

カベルネ・ソーヴィニョンの畑で

芽かき作業をした後、

摘むんだ葡萄の芽を

天ぷらにしていただくのを

楽しみにしていたのですが・・・。

 

仕方がないですね😢

 

代わりに

ZOOMで

奥野田の中村社長のお話を

じっくりとお聞きすることが出来て

良かった❣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葡萄とくまのお客様は

奥野田ワイナリーのファンの方も

多いので、

最新トピックスをお知らせしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は 葡萄の芽がでるのが とても

早かったそうです。

桜も早かったですもんね。

どんなヴィンテージになりますかね。

 

昨日の勝沼の気温は 28度。

このくらい暑いと 葡萄の葉は

一日に1~2枚展葉するそう。

 

現在の畑は 写真のとおり、新梢がぐんぐん

伸びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑上の写真のブドウの新梢、下を向いていますよね。

伸びるのに疲れて 元気がないのかなぁって

みえますけど。

実は ここから一気に伸びるときは

新梢ってこんな風に 下をむくんですって。

植物って面白いですね。

 

奥野田ワイナリーさんは

最近 2つの新しい取り組みをされたそうです。

1つは

新しいプレス機。

 

 

 

 

 

 

 

今主流なのが

プレス機の中のバルーンが膨らんで

ブドウを優しくプレスして

果汁を搾る機械ですが、

こちらの機械は さらに進歩して

果汁をバキュームするように

搾りだすとのこと。

さらにソフトに果汁が取れるので

果汁にストレスがかからず、

ワインの質も向上することが望めるとのこと。

 

イタリアンカラーのかっちょよさを

中村社長はお気に入りの様子でした❣

 

そして

長年の夢、

純国産の木樽でのワインの熟成が

奥野田ワイナリーでスタートしたとのこと!

 

 

 

 

 

 

 

これは 感動です!

 

折に触れて

中村社長が語っていたことが実現。

山梨の丹波山村の木材を使用したのですが

木材の伐採も 簡単ではなく、

樽に加工するのも難しかったそう。

だから 18Lの小さな樽しか作れなかったそうで、

価格もとても高いそうです。

どんなことも 初めてやるっていうのは

大変なことですね。

 

でも、いつかは

この木樽が海外のワイナリーが購入するくらいに

なるかもしれません。

 

TVのニュースにもなったようなので

詳しくはこちらを↓

http://www.uty.co.jp/news/20210414/9044/

 

気持ちの良いブドウ畑の写真と

ワクワクするようないい話がきけて

とっても楽しいひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んだワインも美味しかった!

 

奥野田ロッソ2019

マスカットベイリーAとメルローのブレンド。

優しい口当たりの辛口。

渋味も強くないので 少し冷やしても美味しいですよ!

これからの季節にお薦めです!

10回目のテディベア教室作品展開催します❣️

今月の中旬から、10回目となるテディベア教室の作品展を開く事になりました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10回目と言っても、教室を始めた当初は開いておらず、開き始めた時は2年に1回のベースでした。なので、良く振り返ってみると教室を始めたのは2000年頃になります。20年以上を教室を続けている事になるのかぁ〜と、感慨深い気持ちにもなりますが、細々とでも続けてこられてお陰様の気持ちでいっぱいです😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の難しい状況ですが、予定通り開く予定にしています。生徒さん達が心を込めて作ったベアちゃんが皆様を癒す事でしょう。感染対策をしてしっかりしてお待ちしております。

10th ボヌールアンジェラテディベア教室作品展

5/14fri〜5/30sun  (休5/18.5/25tue)

葡萄とくま店内にて

ワークショップやイラスト販売なども予定しております。

 

 

`21 5月の教室♪

4月もあっという間。コロナウィルスの変異株が猛威を奮って、またまた感染者が増えてしまって不安な日々を過ごしている方も多いと思いますが、少しでもストレス溜めず楽しく過ごしたいとのですね。

今月は2年振りの作品展を予定しています❣️

開催する予定でいますで、生徒さん達にも展示の準備をお願いしたいと思ってます。

素敵な作品展になるよう、がんばりましょう😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※花壇も久しぶりにお花を植えました🌸

 

5月の教室

第1・3 金曜日  10:30~12:30  7日、21日

第2・4 木曜日   10:30~12:30   9日、23日

第2・4土曜日  10:30~12:30     8日、22日

第2・4日曜日  11:00~13:00    9日、23日

 

参加費 2時間 2000円 (材料費別途)

随時、生徒募集中です!

上記以外でもご相談で都合の良い日時、受付ますのでお問い合わせ下さい。

少人数制のアットホームな教室です。

初回のみこちらで用意したキット(3800円)のベアちゃんを作って頂きますが、それ以降はお好きな物を作って頂きます。

材料の持ち込みもOKですし、こちらの方で購入もできます。

サンプルのベアちゃんもたくさんありますので、ご興味ある方は是非、見学にいらして下さい。

 

*ジュニアクラス(お茶出しはしません)

小学1年生以上、やる気のあるお子様。

ご相談で日程、ペースなどを決めていきます。

基本的な縫い方から少しずつ形のある物を作っていきます。

 

リタファーム 泡系3種入荷しました!

葡萄とくまのある蕨市は

今日は

とっても良い天気🌞!

 

ちょっと動くと汗ばむくらいです💦

 

夏がだんだん近づいていますね。

 

スパークリングワインを

購入される方も増えてきました!

 

北海道余市の

リタファーム&ワインさんの

スパークリングワインが揃いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎式スパークリングワインのHANABI

葡萄は 白が 旅路

ロゼが ニューマスカット

農家のシードル

 

田舎式スパークリングワインというのは

醸造方法のことで

フランス語でいうところの

アンセストラル製法。

 

一次発酵の際に 発生する炭酸ガスを

そのまま瓶に閉じ込めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンパーニュやカヴァという

スパークリングワインは

一次発酵でワインを造り

そのワインに

酵母と糖分を添加して

二次発酵させます。

この二次発酵で発生する炭酸ガスを

スパークリングワイン用の泡として

閉じ込めます。

 

一次発酵の泡は なんだか強いみたい

リタファームさんのスパークリングワインも

開けるときにご注意くださいね。

王冠だからと

ビールの様に気軽に開けると

大変なことにあります。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつガス抜きして

ゆっくりと開けてください。

それでも

泡が絶え間なく出ちゃうので

ボールの中に入れて開けるのが得策です!

 

元気な泡ということは

健全な葡萄を天然酵母で 発酵しているからでしょう。

 

抜栓して2日目は

泡は消えてしまいますが

ワインとして 美味しく飲めますよ!

 

リタファームさんのワインは

いずれも数量限定ですので

完売の際は ご容赦ください。

 

 

 

 

和食とワインをあわせてみよう!

今年も

ステイホームのゴールデンウィークが

始まりましたね。

 

葡萄とくま は

スティホームを エンジョイホームにできるような

そんなワインを揃えるよう努めています。

 

普段の食事に 一杯のワインを添える。

食事もワインも ペアリングすることにより

さらに 美味しくなる。

そんな毎日を送れるお手伝いをしていきたいです。

 

さて、

「おだしとワイン 究極の出会い」というセミナーに

参加してきました。

 

先生は

銀座の老舗フレンチレストラン アピシウスの

情野 博之ソムリエ。

 

今回のセミナーは業界関係者向けの内容でしたので

銀座の寿司店でのワインへの取り組みを例にして

和食の店で ワインを積極的に販売するメリットを

お話くださいました。

 

和食の味の基本は 「出汁」ですよね。

出汁がワインに合えば

その出汁を使った料理はワインに合うはず!

 

セミナーでは

合わせ出汁とポン酢出汁 を

シャンパーニュとシャブリ

そして

ブルゴーニュ ピノ・ノワール

とあわせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出汁は 旨味のかたまりなので

シャンパーニュや シャブリ、ブルゴーニュの赤ワインともに

出汁と ワインの甘味が 倍増されるような感じでとても

合いました!

 

驚きなのは

ぽん酢だし。

 

出されたぽん酢だし自体も美味しかったのですが(笑)

 

ぽん酢の酸味と ワインの酸味が

相乗効果で美味しいです!

酸っぱいものには 酸のあるワインが合いますね。

 

シャンパーニュや ピノ・ノワールとも

ぽん酢だしは合います。

それぞれの甘味が引き出される感じでした。

 

情野ソムリエの話では

このぽん酢だしをつかったちょっとした料理。

例えば

ぽん酢だしに わかめや茹でたタコをあえたりしたもの

は ピノ・ノワールに合うということでした。

 

この論理だと

酢で絞めたこはだや しめさばなどもピノ・ノワールに合うのだとか。

 

気軽に 和食にワインを合わせられそうですね。

 

普段の食事にあわせるポイントの一つとして

「出汁にあうかどうか」にクローズアップしてみる。

 

お家時間のお食事で ちょっと一工夫してみてください。

 

ページ
トップ