“ワイン”カテゴリーの記事一覧

東京ワイナリー 越後屋さんご来店❢に 感謝💓

東京にある

ワイナリーって ご存じですか?

 

最近は

テレビなどメディアでも

取り上げられているから

知ってるって人も多いかしら。

 

アーバンワイナリーと言われ

東京に限らず

パリやニューヨークなど

消費者により近い場所に

醸造施設が造られるのが

一つのトレンドになっています。

 

現在

私が知る限りでも

東京23区内に

5軒ほどのワイナリーが

ワインを醸造しています。

 

その先駆けともいえるのが

東京都練馬区大泉学園にある

東京ワイナリーさんです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのワイナリーは

越後屋美和さんという女性が

お一人で起こしたワイナリーで

基本

越後屋さんが 醸造から販売まで

お一人でこなしていて

Facebookなどを

通じて集まった有志がワイン造りを

手伝っています。

 

大泉学園駅から

徒歩15分くらいの住宅地にワイナリーは

あります。

 

もと新聞配達店だった建物といいますから

ワイナリーとしては

その小ささに驚きます。

 

今回は

車で伺いました!

蕨からは 下道で 1時間弱です。

 

 

 

 

 

 

醸造用タンクが

所狭しと並んでいます。

 

東京都内で育った葡萄を

使用した東京スペシャル

現在 タンク熟成中

もうすぐ

ブレンドされて

瓶詰めし

発売となるそうです。

 

別タンクでは

群馬県沼田のリンゴを使用した

シードルが発酵中。

ここ最近、気温が低い日が続いているので

タンクに 毛布のようなものをくくりつけて

温度調整されていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいけど

可愛らしいワイナリーです!

 

 

2020年収穫の新酒を

仕入れさせていただきました!

 

 

 

 

 

東京ワイナリー 

ナイアガラ ドライ 2020 (長野県朝日村産の葡萄)

東京ワイナリー 

デラウェア 2020 (山形県高畠町産の葡萄)

東京ワイナリー 

カベルネ・フラン ロゼ 2020 (長野県原村の葡萄)

 

帰宅後

カベルネ・フランのロゼを 早速 開けてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構オリがあります。

越後屋さんは

オリも混ぜて飲んでね!って

仰っていました(笑)

 

クランベリーやレッドチェリーの

赤い果実の香りに ラベンダーのようなハーブ

小さなスミレのフローラルな香りもあります!

 

酸味が強めですが

フレッシュな果実味と微かなタンニン

アルコールが低めなので

くいくい飲めちゃいました!

 

 

 

 

 

味噌ベースの寄席鍋

豚肉やゴボウなど

甘味と土っぽさがあり

シンプルな味わいに

とても合いました!

 

 

そして

本日は サプライズ!

 

越後屋 美和さんが

葡萄とくまに

ご来店くださいました!

 

埼玉に御用があったとのこと!

さらに

いろいろとお話できて

とっても嬉しかったです!

 

葡萄とくま ご来店記念に

ベアと東京ワイナリーのワインをもって

写真に納まっていただきました!

 

 

 

 

 

 

熱意があって

気さくで

誠実なお人柄❣

 

全国の

葡萄やリンゴの栽培者から

ワイン醸造の委託をうけるそうです。

 

北海道や 長野からも依頼があるそうです。

 

近くにワイナリーはたくさんありそうだけど

やっぱり

越後屋さんに

醸造してもらいたいんですね。

気持ちがわかります!

 

東京ワイナリーのワイン

まだ

飲んだことがないという方は

是非

お試しくださいね❣

 

普段の食事と一緒に干支ワイン

今年は丑年。

最近は

干支ラベルのワインも

いろいろなものがありますね。

 

今日ご紹介するワインも

毎年ラベルが干支の絵に変わるワインです。

 

 

 

 

 

なんだかキャッチーですよね(笑)

 

絵本作家の谷口智則さんが描いています。

「100にんのサンタクロース」という絵本を

描かれた作家さんです。

 

ワインは

オーストラリア

ニューサウスウェールズ州カウラにある

家族経営の小さなワイナリー、

ウインダウリ エステート。

 

ワインの名前は

「 OVER THE RAINBOW 」

 

日本向けに造ってもらっている

スペシャルワインとのこと。

 

国の架け橋という意味合いを込めた

名前ですね。

 

 

 

 

 

 

 

白は

シャルドネ100%。

 

熟したオレンジや白桃の香りに

微かにヴァニラな香り。

たっぷりとした果実味と程よい酸味の辛口です。

 

 

 

 

 

 

この日は

アペリティフ代わりに

ゆでたホウレン草やブロッコリーと

合わせてみました。

 

マヨネーズをつけたブロッコリーと

とても合いました!

クリーミーな酸味がマッチしたんだと思います。

 

ホワイトソース系のもの。

グラタンやホワイトシチュー。

白身魚のフライや 鶏肉のソテーにも合いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

赤ワインは

シラーズ100%。

 

完熟したベリー系の香り。

甘いジャムの香りに

かすかにキャラメルのようなスパイシーさがあります。

 

中くらいのボリュームで

カシスジャムのような甘味と

程よい酸味

そして 角が取れた渋味。

 

ヴィンテージも2000年なので

まだまだ フレッシュ。

ヌーヴォーともいえる!感じ。

ジューシーでフレンドリーな味わいです。

 

 

 

 

 

豚すき焼きで

合わせてみました!

肉の甘味ととっても合います!

牛よりも ソフトな味わいの豚が

いいかもしれないですね。

 

実は

食事とのペアリングより、

ワイン単体でも愉しめる、

ジューシーでフレンドリーなワイン。

 

特別なお料理ではなくても

普段の食卓で愉しめる、

やさしい味わいのワインですよ!

 

ウインダリーエステイト

オーバー・ザ・レインボー シャルドネ 2019

オーバー・ザ・レイボー シラーズ 2020

アフターコロナ 行ってみたい国 ジョージア

葡萄とくまでは

ジョージアのワインを いつも在庫しています。

 

 

それは

ジョージアワインを専門に輸入している

サカルトベロさん

https://sakartvelo.jp/

と仲良くしているから。

 

そして

サカルトベロさんの輸入している

ジョージアワインが 個性的で美味

という理由なんですが。

 

 

 

 

 

 

念のため、書きますが。

 

ジョージアって

アメリカのジョージア州ではないですよ!

東欧のジョージア。

昔の名前は グルジア。

 

いつか 行ってみたいなぁって

思っています。

 

なぜなら

サカルトベロさんからお聞きする

魅力的なジョージアの様子。

美しい景色や

親しみのある人々。

 

特に

料理が美味しいのだとか。

 

シルクロードの交差点ともいえる

ジョージア。

 

ジョージア料理の中には

中華料理や

イタリア料理に通じるような

そんな雰囲気のあるものが多くあるようです。

 

1月4日の日本経済新聞の記事です!

 

 

 

 

 

 

最近は

秘境ともいれるジョージアの料理を

手軽に楽しむこともできるんですね。

 

そこで

記事で取り上げられていた

ファミマのレトルトを

早速 ファミリーマートで購入!

 

 

 

 

 

 

「 ごはんにちょいかけシュクメルリ 」

「シュクメルリ」 とは

鶏肉とガーリックソースを使ったジョージア料理。

 

牛乳もつかっているので

鶏肉のクリーム煮ともいえるのですが

香ばしいガーリック風味が印象的

ニンニクを世界一美味しく食べるための料理

とも言われているそうです。

 

ジョージアの

オレンジワインの複雑味にとても合いますね。

 

まだ

ジョージアのワインを飲んだことないって方、

もしくは

気軽に海外体験してみたいって方

 

料理とワインで

秘境体験してみてください!

 

 

ZOOM で 生産者と 繋がろう! 1月の予定

寒さが

身に凍みます。

この辺りは

雪が降らないだけでも

感謝しなくてはいけないのですが。

 

葡萄とくまは

ワインの保管のため

店内のエアコンを使えないので

お客様には申し訳ないですが

ほんと寒いです😢

 

ご来店の際は

コートの着用をおすすめします。

 

外は寒いですし

緊急事態宣言もででいますし

やはり

STAY HOME ですね。

 

こんな時は

オンラインでワイナリーを訪れてみませんか。

 

輸入会社 アズマコーポレーション主催の 

ZOOMワインセミナー

 

 

 

 

 

 

今年も

引き続き予定しています。

 

フランス、イタリア、ギリシャ そして

また フランス と・・・

様々な産地から

生産者が自撮り棒で撮影しながらのセミナーです。

 

 

 

 

 

 

 

私を始め、参加されたお客さまたちは

毎回、楽しい時間を過ごされています。

 

 

ちょっぴり マニアックなお話も出てきますが

ワイン好きであれば 産地の畑の様子や

ワイナリーの雰囲気を感じるだけで 興奮しますし

生産者の 表情や口調を みることで

ワイン醸造への情熱を知り

その ワインの味わいは 倍増します。

 

 

1月の予定は 下記の とおり

試飲ワインは 葡萄とくま で 購入可能です

是非 ワインを傾けながら セミナーにご参加くださいね。

 

昨年とは 時間など 変更していますので

ご注意くださいね。

 

それから

北半球は 日本と同様 冬ですので

葉っぱが茂っている葡萄畑は 御覧いただけませんので

ご容赦くださいね。

 

ハンガリーの生産者 パンノンハルミ

 

2021年 1月13日(水) 17:00 ~ 1時間程度

2021年 1月20日(水) 19:00 ~ 1時間程度

 

各回 同内容

 

フランス ローヌ地方の生産者 シャトー・ド・バステのビオディナミワインについて

 

2020年 1月15日(水) 19:00 ~ 90分程度

 

 

 

お申込みは

アズマコーポレーションのサイトから お申込みください

WEB会議システム ZOOMを 利用しての セミナー

参加費は無料です

各回 2~3種類の ワインを試飲予定です

試飲ワインは 葡萄とくまで 購入可能です

 

 

 

成人の日に ワインを贈る💓

明日は 成人の日

20歳を迎える皆様❣

おめでとうございます!

 

ワインショップ葡萄とくまには

今朝も

成人の日のお祝いにワインを贈りたいという

お客様がご来店。

 

いろいろお話を伺い

今回は

マスカットでできた 甘口のスパークリングワインを

ご購入いただきました。

 

 

 

 

 

 

初めて お酒を飲むなら

甘味があって アルコールが低めの方が

美味しく感じるかなって

思います。

 

この イタリアのスパークリングワインは

モスカート・ビアンコ(マスカット)100%の

爽やかな甘口。

アルコール度数も 6%なので、

ビールやチューハイ並みです。

 

フルーティな香りに

たぶん ワインっていいなぁって

大人っていいなぁって

思っていただけるのではないでしょうか。

 

お祝いとしての贈り物ですから

スパークリングというのも

気が利いていますよね。

 

 

成人の日といえば

数年前に ワインを購入されたお客様を

思い出します。

 

その方は

自分の成人のお祝いに

自分の両親に

自分の生まれ年のワインを贈りたい

とのこと。

 

両親に ここまで育ててくれたことに

感謝していると

おっしゃってました。

 

心理学を学ぶ素敵な青年でした!

ご予算にあった生まれ年のワインを

在庫していましたので

そちらを購入いただきました。

 

今年 成人式を迎えられる方は

2000年と2001年

生まれの方ですよね。

 

葡萄とくまにも

 

2000年のワイン

 

 

 

 

 

2001年のワイン

 

 

 

 

 

がございます。

 

子供から両親へ

親御さんから20歳の子供へ

贈るのもいいですが

 

ステイホームの今

成人式に関係する家族がいない方々も

20年の月日を感じるために

20年を経たワインを家族で愉しむというのも

いいかも🍷

 

そういえば

私も

今年は結婚20周年です(笑)

振り返ってみると

20年って

いろいろありますよね。

20年物のワインも味わい深いはずです。

 

ページ
トップ