“ワイン”カテゴリーの記事一覧

白ワイン/スペイン コン・ウン・パール アルバニーリョ

 

スペインの高貴品種 アルバニーリョを気軽に楽しめる1本

コン・ウン・パール アルバニーリョ

Randersacker Ewig Leben Blauer Silvaner Kabinett Trocken 

 

 

 

 

 

 

現在在庫あり (2020.6月現在)

 

 

スペイン リアス・ヴァイシャス

葡萄:アルバニーリョ

 

洋ナシや白桃などの華やかな香り

しっかりとした酸味とボリュームのある果実味

爽やかな印象のなかに 複雑味も感じる 辛口

 

コンウンパールとは スペイン語で 「ペア」の意味

料理とワインのマリアージュを意識して 造られています

 

さっぱりとドライな印象のなかに 複雑味があるので 魚介類をはじめ

食事との相性は バツグンです

 

食事とのペアリングを愉しまれているお客様からの リピ買いが多い 人気商品

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

ヴィンセンテ・ガンディア

1885年創業時から受け継がれてきた伝統と価値を守り続け、バレンシア最大のワイナリーに成長。インターナショナル・ブランドであり続けながらも伝統を重んじ「革新と質の向上」をテーマにスペインワイン文化の発展、社会発展に寄与しています。 世界ワイン&スピリッツ・ジャーナリスト協会が選出する世界のTOP50ワイナリーにも選出、 AWC VIENNA International Wine Challenge にて BEST SPANISH PRODUCER にも 選出されています。

 

白/ドイツ  ランダースアッカー エーヴィヒ レーベン 

 

シルヴァーナーの突然変異 ブラウアー シルヴァーナー

ランダースアッカー エーヴィヒ レーベン ブラウアー シルヴァーナー カビネット トロッケン

Randersacker Ewig Leben Blauer Silvaner Kabinett Trocken 

 

 

 

 

 

 

2018年   現在在庫あり (2020.6月現在)

 

ソフトな口当たりで  柔らかい酸味と かすかにスパイシーな風味があるのが魅力的

食事と合わせるのに 最高の辛口白ワイン

輸入数480本の限定品です

 

ドイツ フランケン地方

葡萄:ブラウアー シルヴァーナー

ステンレスタンクで 5か月熟成

畑の土壌は今から2億4500万年ほど前、三畳紀のムッシェルカルク(貝殻石灰岩)です。葡萄の平均樹齢は15年です。収穫は9月の中旬に畑で選別しながらすべて手摘みで行います。収穫した葡萄をプレスした後、ステンレスタンクに入れます。発酵は天然酵母で偶発的にスタートさせます。17度から19度に温度を保ちながら約4週間行います。補糖は一切しません。熟成もステンレスタンクで5ヶ月行います。ブラウアー シルヴァーナーは、シルヴァーナーの突然変異によって、果皮の色が青っぽく変化したものです。しかし果皮の持つ色素が赤ワインにするには薄いため、白ワインとして造られます。かすかにスパイシーで、豊かなフレイバーと心地よいやわらかな酸があります。少し土っぽく、ミネラルの要素があります。この品種はたいへん珍しく、栽培面積は世界中で約20ヘクタールしかなく、そのほとんどがヴュルツブルク周辺にしかありません。

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

トロッケネ シュミッツ

 

地元の人々の呼び名がワイングート名の由来
2002年、パウルとブルーノ シュミット兄弟が別々に営んでいたワイングートが合併し、現在のトロッケネ シュミッツが誕生しました。トロッケネ シュミッツのポリシーはその名前が示すとおり「辛口」を造ることです。(トロッケネ シュミッツは「辛口のシュミッツ」という意味)。名前の由来ですが、ワイングートのあるランダースアッカー村にはシュミッツと名がつくワイングートが数軒あり、辛口ワインで知られるこちらのワイングートのことを指す際に、地元の人々が他と区別するために「トロッケネ シュミッツ(辛口のシュミッツ)」と呼ぶようになり、この通称が現在のワイングートの名前になりました。

 

残留糖度を限りなく低く抑えた、フランケンの中でも「辛口ワイン
曾祖父の時代から今日までずっと、醸造の際に補糖は一切せず、糖分がすべてアルコールに変わるまで発酵させ、しっかりとした辛口のワインを造り続けています。ドイツワインの規定では、辛口の残糖は9g/L以下となっていますが、トロッケネ シュミッツのワインの残留糖度は、ほとんどのアイテムがゼロから2g/L以下です。
醸造は天然酵母で偶発的に発酵をスタートさせ、Q.b.A.クラスのワインも糖分の添加(補糖)は一切行わず、人為的に発酵を途中で止めることもしない自然な造りをしています。葡萄の持つ糖分がすべてアルコールに変わるまで発酵させ、完全に辛口ワインにしています。そうすることで、それぞれの品種や畑、ヴィンテージの特徴が明確に映し出されると考えています。彼らのワインは、ストレートで個性豊かでありながら、心地よい味わいを持っています。

 

代表的な3つのワインガイドでも評価
トロッケネ シュミッツは、代表的な3つのドイツワイン評価本「ゴーミヨ ドイツワインガイド2020」で3房(最高5房)、「ヴィヌム2020」3つ星(最高5つ星)、「アイヒェルマン2020」で2.5星(最高5つ星)の評価を得ています。
1920年代にワイン造りに注力するようになってから今日まで、頑固に辛口ワインの生産を続けており、所有畑の優位性はもちろん、残留糖度を限りなく抑えた造りは、現代に合ったスタイルで、今後の躍進が期待される注目の生産者のひとりです。

赤ワイン/フランス  ウマヌ

 

高貴品種ピノ・ノワールと 土着品種ニリュチュウ で 表現するコルシカの味わい

ウマヌ

Umanu

 

 

 

 

 

 

2017年   入荷予定あり (2020.6月現在)

 

苺などの赤いベリーの香り に 爽やかなハーブの香り

口当たり優しく とてもジューシー かすかに苺ジャムのようなニュアンスがあります

穏やかですがしっかりとした酸味と かすかな塩味もあり 食事との相性もいいでしょう

程よいコクと 飲み心地の良さが 魅力です

産地名が イル・ド・ボーテ 美しい島 というのも 惹かれますね

 

フランス コルシカ島 Borgo村  IGP Ile de Beauté。

葡萄:ピノ・ノワール80%、ニリュチュウ20%

40の加盟栽培農家の畑より。リュット・レゾネ栽培

シスト質、粘土質土壌

平均樹齢25年

ステンレスタンクで醸造

2017年度「ジルベール&ガイヤール」金賞受賞(2016年ヴィンテージ)

2018年度「ジルベール&ガイヤール」金賞受賞(2017年ヴィンテージ)

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

ウヴァル   Uval

 

「ウマヌ」(現地語で「コルシカ人」の意)は、コルシカ島を代表する優良協同組合「UVAL」の看板ブランドです。
島北東部のボルゴ村に1975年に設立されたこの協同組合は、今日、加盟栽培農家40軒、畑の総面積800ヘクタールの陣容で、設立時より醸造長を務める守護神アラン・マゾワイエ(写真)の下、最新鋭の醸造設備による高品質なワイン造りを行っています。
「私たちが特にこだわっているぶどう品種が、ピノ・ノワールと、コルシカ島の土着品種ニリュチュウです。ピノ・ノワールはコルシカ島最大の栽培面積を所有しており、この地特有のシスト土壌から、繊細でエレガントなピノ・ノワールが生まれます。ニリュチュウは、とても華やかな香りを特徴とする、果実味たっぷりのワインです。ピノ・ノワールを主体としてニリュチュウを少しブレンドすることで、いちごのようにジューシーな果実味、爽快な森林の香り、様々なハーブやスパイスを思わせる複雑味、そして豊かなコクを一度に楽しむことができる赤ワインとなります。これが私たちの考える、ザ・コルシカン・ワインです」(アラン・マゾワイエ)。
2017年に、ワインの味わいやラベルデザインも含めたブランドコンセプトが全面的にリニューアルされました。
ぜひ彼らの看板作品を飲みながら、かの島への小旅行気分を味わっていただければと思います。


醸造家 Alain Mazoyer

さわやかなサンセールでリフレッシュ

 

暑い日の最高のリフレッシュメント

サンセール・ブラン・ラ・メリジエール 2016

Sancerre Blanc La Merisiere  2016

 

 

 

 

 

 

 

きりっとした酸が印象的な 辛口白ワイン

フランスワイン好きの方には サンセールって 人気ありますよね

 

造り手 ジャン・パピオは 小さいながらも 評価の高い造り手

最良の区画から サンセールの 個性を 強く主張したワインを造り出します

 

このサンセール  ラ・メリジエールも

爽やかで 華やかな香り と 凝縮した果実味と酸味、ミネラル感のバランスがたまりません

刈り立ての青草や ハーブの爽やかな

そして パイナップルや熟した黄桃、ゴールデンキウイの

ようなフルーティな香りいっぱい

 

そして しっかりとした酸味と たっぷりとした果実味

やや厚みもあって アフターの心地よい苦味

エレガントな余韻が印象的

 

今回は アペリティフ代わりに

新玉ねぎのサラダに合わせてみました!

オリーブオイルに 塩と 今話題の中東のミックススパイス ザーターを一つまみ

 

新玉ねぎの 爽やかな酸味と苦味 そして甘味が とても合います

 

今が 旬と言われる 羊のチーズ フランスの コスナール や

イタリアのペコリーノ・トスカーノにも合わせましたが

ソフトな甘みと旨味が すごく合います

 

食欲のないときにも 最初のスターターとしても いいですよね

心爽やかになる 白ワインです

 

ジャン・パビオ サンセール・ブラン ラ・メリジエール 2016

フランス ロワール地方

葡萄:ソーヴィニョン・ブラン 100%

 

2016年   現在在庫あり (2020.6月現在)

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

ドメーヌ・ジャン・パビオ・エ・フィス  Domaine Jean Pabiot et Fils

ジャン・パビオは19世紀末にルイ・パビオが始めたドメーヌです。
当代アランが4代目で、2004年からはアランの息子ジェロームが加わりました。
小規模ながら恵まれたテロワールの畑を多く所有していることで有名ですが、生産量が少ない為これまでフランス国外で見かけることはあまりありませんでした。
全体的な平均樹齢は20年程度、古い樹で40年以上と比較的若く思われがちですが、この頃が一番力強さとエレガントさがバランスよく表現される時期でもあります。
出来る葡萄は特にミネラル、酸、果実味のバランスに秀でており、卓越した醸造技術によりその良さを最大限に活かしています。
ロバート・M・パーカーJr.氏のバイヤーズ・ガイドでも最良生産者の一人として紹介されています。

ZOOM で ワイン生産者と繋がろう!

緊急事態宣言は 解除し、 新しい生活を実践する週末。

あいにくの雨ですし

やはり STAY HOME している方が多いのでしょうか。

 

私も お店は 開けていますが ワイン輸入業者の試飲会など

ほとんどないので  STAY HOME / STAY SHOP です😢

 

そんななか 一部のワイン輸入会社さんや ワイナリーが 積極的に取り組んでいるのが

WEB 会議システム ZOOM を使用した セミナー。

 

 

 

 

 

 

 

これが とっても 楽しいです。

普段なら 都内のホテルなどで 生産者の話を聞いたり、 ワインを試飲したりするのですが。

それが 自宅や店で 聞ける。

動画資料をみれば 同じでは?

と思っていましたが

LIVE 生 というのが すごくいいです。

 

畑や ワイナリーを 生産者の解説付きで みれるというのも ほんと 楽しいし、勉強になる。

その人柄に触れて より ワインを知りたくなるし

実際にワインを飲みながら 観れば ワインは さらに 美味しくなる!

 

先週は

イタリア マルケ州で ナチュラルなワイン造りを続ける 生産者 アジェンダ・アグラリア・グエリエリ

 

 

 

 

 

 

6代目の当主 アルベルトが イタリアの畑から 自分たちのワイン造りについて

情熱的に 語ってくれました!

オーガニックに対する考え方や ワイン造りをしていく上でのスタンス

さらに 地元のレストランの協力も得て  ワインにあう お料理の提案など

盛りだくさんの内容です

 

同内容の セミナーを

来週 予定しています。

お時間があえば 是非 皆さんも参加してみませんか

2020年 6月17日(水) 19:00~ 1時間程度

お申込みは

http://azumacorp.jp/zoomwinery/

アズマコーポレーションのサイトから お申込みください

参加費は無料です

 

 

 

 

 

 

対象試飲用のワインは 葡萄とくま で ご購入できます

3本セットの特別価格もご用意しています

ページ
トップ