“お知らせ”の記事一覧

「戸田橋・板橋花火大会」に見る消費スタイル

あっちこっちの花火大会が昨日の土曜日に集中したり、オリンピックがあったりして、花火大会にかけつける人達の混雑が少なかった印象の今年の花火大会。屋上から花火大会を見学した方は、同時にいろんな方角で花火が上がるのが楽しめて得した気分だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

酒倶楽部ステップに来店された花火大会に向かう浴衣美人さん達。 

 今年の花火大会のための酒類の購入は、最近の消費スタイルの流れが良く反映されていたように思います。

昨年の花火大会は自粛のため開催されませんでしたが、その前の年ぐらいまでは、花火大会が始まる寸前まで酒類を購入しようと酒屋にお客様が来店されバタバタとしていた記憶があります。

しかし今年の場合、事前に酒類の準備をしっかりと済ませる方が多かったのですが、直前に酒類を購入される方は少なかった。

街場の酒屋としては、最近の「より賢明な消費スタイル」の流れがハッキリと見えた気がした次第。今では、より計画的に、よりお得に楽しもうとする方がほとんどなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜風が気持ちいい河原や屋上で、大きな音とともに夜空に描かれる花火を見ながら、よく冷えたビールをチビチビやるのは最高の夏の楽しみですね。

みなさん美味しいお酒も楽しんで頂けましたでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

わらび機(はた)まつり

8月3日(金)~6日(月)の期間、蕨駅西口から伸びる商店街で「わらび機まつり」が開催されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台が並ぶ商店街に七夕の飾り付けが施され、食べたり飲んだりしつつ、その趣向をこらした飾り付けを見ながら約1.5kmを歩きます。その他、踊りが商店街を練り歩くようなイベントもあります。

蕨市は中山道の宿場町として栄え、機織り業も盛んだったことから、このお祭りが始まったらしい。日本一小さい市のローカルなお祭りなのですが、これが意外とにぎわうのですよ!

少しレトロな昭和を思わせるお祭りの雰囲気がイイ感じなのかも知れません。我が家でも毎年必ずこのお祭りに行って、必ず子供はかき氷を食べます。また、商店街を歩けば必ず誰か知りあいと出くわし、しばらくおしゃべりを楽しんだりするわけです。

今晩は夕方から戸田橋・板橋花火大会も行われます。酒屋も直前の買い出しでバタバタしそうな気配。頑張らねば!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

立飲みフレンチ!

銀座で立飲みフレンチが登場した話が新聞に掲載されておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 日経新聞に掲載されていた「銀座で立飲みフレンチ」の記事。

 新聞によれば名店が軒を連ねる銀座で、本格的なフランス料理を立ち食い・立飲みで安く提供するお店ができて、連日の行列ができるほどのにぎわいをみせているのだそうだ。

高級レストランの元料理長が腕を振るう本格料理が他店の半額~3分の1以下という低価格で、約100種類のワインは小売り価格に999円を上乗せしただけの価格なのだとか。

 秘密は薄利多売なのだそうだ。外食業界で価格に対する原価率は1~2割とされるが、この立飲みフレンチのお店では約5割。その分、立飲み・立ち食いで回転率を高めているのとのこと。

まさに生き馬の目を抜くような移り変わりをみせる飲食業界ですね。その雰囲気の良さからか、付加価値の高い感じのあったフランス料理やイタリア料理のプレミアムがはがれ落ち、付加価値のとれるレストランとして継続して行くには益々厳しい状況となって来た様子ですね。

ひと昔前の寿司業界に回転寿司が入って来た時ぐらいの衝撃があるのかも知れません。味わいが評判のお寿司屋さんと、子供に人気の回転寿司みたいに業界が2極化して行く可能性があるわけです。

酒屋としては現在の酒販業界で、ほとんど唯一の成功事例といえるのが「お得感のある立飲み」の展開ではないかと思うのです。そのことも踏まえて、ぜひぜひ機会があればその銀座の立飲みフレンチに寄らせて頂き、今後のための勉強にさせて頂きたいと考える次第。

座りっ放しで働く方が多い今、ふらっと入って気軽に飲めて、さっと帰れる立飲みスタイルは、たぶん古くて新しい現代に合った外飲みスタイルだと酒屋としては思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

梅雨明けで夏休みシーズンスタート!

昨日、気象庁の「梅雨明け宣言」があったようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百合が咲いて香りが漂いイイ感じです。

今年もまたこの時期がやってまいりました。小学生の子供を持つ酒屋としては、年末の次にあわただしいシーズンかも知れません。ザックリ言えば「飲み会」なのですが、様々な案件をありがたいことにいただきまして、酒屋としては地域の皆さんのために頑張らせていただきたいと思います。

ここに子供達の夏休みも重なりまして、なおかつ蕨市の姉妹都市であるドイツのリンデンから、「たぶんメチャメチャ優秀なんだろうな!」みたいな少年が2人我が家に滞在する事になりました。うちの女房殿って、そんなこと大好きなんですよね!(汗)

で、日本では「ガン&ミリタリー・・・・・・ショップ」て有名なお店が秋葉原近くにあるらしいのだが、そこに行きたいらしい。そんな物騒な感じのお店が日本にあることが驚きなのですが、そんな興味を若い人が持っていることにも驚いてしまっている次第。

また、ディスコやクラブにも行きたいらしいのだが、もちろん答えは「ダメ!」。ドイツじゃどうなのか分かりませんが、子ども連れてそんなとこ行ったらマズイでしょ!

少年と言っても身長は180㎝近くあるようで、この蒸し暑い中で家は男くさい「合宿所」&「満員電車」状態になりそで今からややビビってます。

それ以外にも休日には間違いなく子供達を連れてお出かけしなきゃなんないし、そんなこんなで今年の夏もまたアッと言う間に過ぎ去って行きそうです。

毎日蒸し暑くてバテ気味の飲んべーさんも多いと思われます。しかし、その分帰宅して飲るチベタ~く冷えてるお酒は格別!美味い一杯のために頑張りましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「恵比寿ノスタルジック横丁」東京ワインバー探検

古いお友達と会うことになり恵比寿へ。恵比寿といえば東京のワインバー激戦区の一つであり、せっかく恵比寿まで来たのだからワインバーにお邪魔しないのは、酒類業界人として実にもったいない。

久しぶりの再会です。そのため友人の一人は待ち合わせ場所で、酒屋のオヤジのすぐ目の前を通り過ぎ、そこに居たやや(だいぶ)恰幅の良い後ろを向いた男性の肩をたたき「ひさしぶり~!」だって・・・・・・・・(汗)!「どーせあたしゃ・・・・・・」止めときましょう・・・(涙)!

お腹が出て来て困ったものなのですが、「昔に比べればだいぶスリムになった!(笑)」と言うことで、気を取り直して恵比寿で最初のワインバーへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは恵比寿駅を出たところにある、古いビルの中にある商店街の一郭。こじんまりとした立飲みのワインバーで、グラスワイン、ビール、つまみとなんでもワンコイン。照明をおとした籠り感ある店内は何だか落着きます。

ここには、「なぜこのワインバーは男性の一人客がほとんどなのか?」がホントに良く理解できる「流石は恵比寿だ!」と納得できるほどの、えびす顔ではないスタッフさん達がおられました!「結局、おじさんになって人生分かった様でも、プライオリティーはそれなのね!(笑)」みたいな面の魅力も兼ね備えているワインバーでした・・・・・・・でも、こんど一人でお邪魔しようかな!って(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の中次に向かったのは1ブロックとなりにある昭和のノスタルジックな雰囲気が新しい、屋台村風のフードコート。この一郭に、これまたこだわりのワインバーがあったのです。いや~正直、かなり衝撃的な場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲では焼鳥とかお刺身とかホッピーとか・・いわゆるそれ系のノリで楽しむ方が多い中で、そこだけ異次元の空間。あるのは野菜料理と高品質のワインのみ。でも、他店の焼鳥だのステーキだのを持ち込むのはOK!

ハンドメイドの非常に高品質だと一目で分かるワイングラスを、ワインのタイプに応じて使い分けます。置いてあるワインもかなりマニアっぽいもの。例えばトスカーナのカベルネ・ソーヴィニョンとサンジョベーゼのブレンドとか、あまり一般的には見かけないものばかり。それでいてどれも美味しい。

「どんなお客さんがこれほどのマニアっぽいワインを注文されるのかな?」と気になったのですが、店主の親切で丁寧な説明と、裏切らないワインの味わいで、ほとんどみなさんおまかせ。流石は恵比寿のワインバーさんなのでした。アッパレ!!

時間が経つにつれ場所柄か日本人以外のお客様が増えて来ました。日本に働きに来ている外国人の方々にとっても、この昭和の元気溢れる雰囲気の中で、ハンドメイドの本格ワイングラスに注がれた美味しいワインを楽しむのは魅力的なのでしょう。

 そんなこんなで、「やっぱり東京はスゴイや!」って結論になってしまった夜でした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ