“お知らせ”の記事一覧

ワイン会開催しました!

先日 9月22日の 日曜日 ステップ ワインとチーズの会 デリシャスの会を開催!

お忙しい中 集まって下さった お客様と ボルドーワインを中心に 8本のワインを 空けました!!!

2013.9.22 001

 

 

 

 

 

 

 

今回は こじんまりとした会でしたので

ワイン以外にも いろんな話題で 和気あいあいと

楽しいおしゃべりに 花 が さきました。

 

2013.9.22 011

 

 

 

 

 

 

 

今回は、コート・ド・ボルドーのワインと クリュ・ブルジョワのワインを 中心に飲みました。

産地 ボルドーの 地図を 片手に

ワインの格付けや アペラシオンについて お話しをしました。

2013.9.22 006

 

 

 

 

 

 

白ワインは

AOC アントル・ドゥ・メールの キュヴェ・ローレンス

そして

 

AOC コート・ド・ボルドーの シャトー・ラコサード・サン・マルタン トロワ・ムーラン

どちらも ボリュームある白ワインですが、ブドウ品種の構成も ちがうので

参加者も 好みが分かれていて 面白かったです。

この 2本は どちらも バリュー・ボルドーに選ばれていますよ!

 

 

2013.9.22 005

 

 

 

 

 

 

 

AOC ブライ・コート・ド・ボルドー の シャトー・レ・クロティエ と シャトー・ペイボノム・レ・トゥール

の 飲み比べ。

この2本は 数々のコンテストで 金賞も受賞。

お値段も 手頃なので いいですよ!

 

2013.9.22 004

 

 

 

 

 

 

 

そして

AOC マルゴーの シャトー・ラ・トゥール ド・モン 2010

これは クリュ・ブルジョワの 正式認証を取得していますので

ボトルの後ろに キラッと 認証シールが 光っています!

味も いま飲んでも 楽しめる 濃厚で 上品な味わいです!

クリュ・ブルジョワの中では いちおし!かも。

 

最後に

AOC オー・メドックの シャトー・ラネッサン 2010 と 2000 を 飲み比べました!

さすが ロバート・パーカーが 格付け5級 と 言っても 遜色ないという 位ですね。

美味しい!!です。

2000年は まさに いま 飲みごろっという感じ。

まだ 数本在庫ありますので ご興味ある方は ステップに お問い合わせくださいませ。

2013.9.22 010

 

 

 

 

 

 

今回の お料理(タパス)は

かぼちゃのマリネ

きのこのマヨネーズ炒め

豚の赤ワイン煮

カレンツブレッド と ブレッツエン

 

2013.9.22 002

 

 

 

 

 

 

 

チーズは

ポンレヴェック

ラングル

グレデボージュ トリュフ

ブルースティルトン

ゴーダムタード

グリュイエール アルパージュ

2013.9.22 008

 

 

 

 

 

 

次回の ワインとチーズ デリシャスの会は

2013年 12月1日(日) 13:00 ~ 15:00

参加費 5000円  場所は ステップ 2階です!

2013.9.22 007

 

 

 

 

 

 

 

それから

土曜日の 夜 のワイン会 やってみます!

11月 16日 (土) 17:30 ~ 19:30  ステップ2階

ワンデーシェフ レストランで人気の TERU CAFE さん WITH ステップのコラボ企画

「ビオのワイン会」  オーガニックワイン と 自然派料理 を 楽しみます。

会費は 5000円です。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「銀座のお寿司」東京一人ランチ

銀座で1人ランチです。

銀座は高級なお寿司屋さんの激戦区らしいのですが、ランチに限っては激安価格で食べさせてもらえるとのことで、寄らせていただきました。

2013091912470000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

流石は銀座のお寿司屋さん。ビックリの連続です。

中に入るとすぐに目に飛び込んでくるのが、大将がにぎるカウンターの後ろにズラリと並んでいるDRCとドンペリの限定品の数々。

銀座ではお寿司をつまみながら高級ワインが飲まれてることに、正直驚きました。「・・・・・お寿司食べながらロマネ・コンティとか飲んじゃうんだ・・・・(汗)・・・・流石は銀座だわさ!」って。

その高級ワインが並んでいる威圧感に、酒屋のオヤジとしてはまったく場違いな気がして、やや居心地の悪さを正直感じた次第。

しかし、出されたお茶をすすったとたんに気分は変りました。やっぱり高級お寿司屋さんは高級お寿司屋さんなのです。お茶でも、そのレベルの違いが分かるほど美味しいのです。

づけにされたお刺身やアナゴが寿司飯の上に乗っているランチも、やっぱりレベルが高かった。やっぱり銀座ですね。銀座のランチの、そのコストパフォーマンスの高さにあらためて驚かされた次第。

もう一つ、とっても驚いたことがありました。

お会計のときに、そこのおねえさんに「ワインがスゴイですね」って言ったらワインリストを見せてくれたんです。見開き一段目にドンペリのラベイ(いわゆるドンペリ・ゴールド)が掲載されていたのですが、その価格がなんと10万円。

思わず「安いっすね~!」って口にしちゃいました。酒倶楽部ステップでも販売したことはあるのですが、確か10万円をちょっと超える価格だったように記憶してます。それが銀座の高級寿司屋で10万円とは・・・・・・・・驚きです!(汗)

高級ワインをお得感を持って販売されているんですね。

高級ワイン飲むなら銀座のお寿司屋さんがお得ってことなんですかねぇ・・・・・・・・・・・!(汗)

流石だわ!!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

お月見でイッパイ!

今晩は中秋の名月、昔からお月見を楽しんできた日ですね。

2013091820370003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【うちの次男坊が撮った中秋の名月前夜のお月さま】

 今日は、我が家も含めて子供のいるご家庭では”とりあえず夜になったら月をマジマジと見て、お団子食べる日”みたいな日なのかも知れません。

しかし、飲んべーのおっさん達にとっては、暑くも寒くもないちょうど良い感じの気候のなかで、一年で一番キレイな月を愛でながら美味い酒を飲れるという、酒日和の日なのであります。

飲む酒はやっぱり日本酒がイメージ的にはベストな感じがするわけですが、自分のためのお月見ですから、それぞれ好きなお酒を飲めば良いのです。

もし、酒屋のオヤジが今夜一人でベランダに出て、夜風に吹かれながら見事な月を見上げつつチビチビ飲るとすれば、濃厚な味わいの、少しべたつくぐらいの味わいのヨーロピアンタイプのビールを、一口目にぬるいと感じるぐらいの温度で時間をかけて飲るのがいいな!って思います。

キレイなお月さまや気持ちいい夜風に、ぬるいヨーロピアンタイプのビールが合うように思うのです。

飲んベーさんのお酒に関する考え方は保守的。人の好きな酒にはまったく影響を受けないようです。自分の好きなお酒を、自分の好きなように飲めば幸せなんですね。

今晩は、素晴らしい月を眺めながら、美味い酒が楽しめたら飲んべーさんには最高ですね。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

肉食系蕎麦か!?「肉そば」東京一人ランチ

東京でのワインの試飲会に出かけたついでに、人気の立ち食い蕎麦屋さんでランチです。

到着すると、その決して大きくない立ち食い蕎麦屋さんの周りには、すでに長い行列。驚いたことにそこに並んでいる人達はほとんど全員がワイシャツ姿の30代40代の男性。いわゆる働き盛りのサラリーマンの方々ですね。

待つこと約30分、やっとそのお蕎麦屋さんとは思えぬモノトーンでオシャレな内装のお店に入ることができました。

2013091112320000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【スープ付きの牛丼じゃないよ~!笑】

カウンターで出来たてのお蕎麦を受け取り、まずその豪快さにビックリ。盛りがいい。お蕎麦の上に牛肉やネギ、ノリ、ゴマが山のように盛られてる。お汁にも油が浮いてる。

そして、いよいよ心おどらせながら箸でお蕎麦をつかみ、お汁にくぐらせ口に入れてまたびっくり。

酒屋のオヤジはお蕎麦が好きですが、決して蕎麦通ではありません。そんな立場をご理解いただき、誤解を恐れずに感じたことを素直に表現させていただければ、「硬すぎじゃね~のコレ!」ってぐらい歯ごたえがある。ゴリゴリいわせながら噛みこんで食べる感じかも。

よく「麺にコシがある」とか言いますが、「どうしたらこんなに硬く麺を打てるの」ぐらいに歯ごたえバッチリ。

お汁の味わいも、いわゆる一般的なお蕎麦屋さんの味とはちょっと違って濃厚。そこに取り放題の生玉子や天かすを入れて食べるわけですが、そのお汁の味わいは埼玉の武蔵野うどんのそれにやや似た感じ。

初めて食べた食感と味わいに驚きましたが、これはこれで美味しい。でも正直、 40代後期の酒屋のオヤジには、ややあごが疲れてしまう感じでした。

それでも、なで30代、40代の男性にばかり人気があるのかが分かった気がしました。働き盛りの男がガッツリと、噛みごたえよく、濃厚なお汁で肉とともに食う。きっと、力みなぎる身体が求めてるんですね。

まさに肉食動物系のお蕎麦だなあと感じた次第です。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

夏祭り最終週、なんとかお天気が持ちそうだ!

早いもので、夏の間は週末になるとあちらこちらで開かれていた夏祭り(盆踊り)も今日が最終週のようですね。

町内会の盆踊り、マンションや介護施設などでの納涼祭と、今日の夏の夜は最後の盛り上がりとなりそうです。

2013072021000000-300x225[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気もなんだか蒸し暑くて、ひと雨あれば涼しくなりそうな気もしますが、そうなるとお祭りでも盛り上がりまでクールダウンしてしまうため、雨はいけません。

いい汗かいてもらって、おいしくビールを飲んでもらうためにも、雨は降ってほしくないのです。酒屋としても、今週末が無事に終われば、やれやれといった心境になります。「今年の夏もなんとかのり切ったかな!(汗)」みたいな安堵感を覚えるわけですね。

また、お盆を終えて静まりかえっていた酒屋の店頭も、今日あたりからお客様が戻ってきてくれている様子には一安心です。

夏の暑さも山場を越えて、ガキンチョどもの夏休みが終われば、いよいよ飲んべーさんにはたまらない味覚の秋の訪れですね。

秋になれば、旬の食べ物がおいしいのはもちろんですが、一緒に楽しむお酒までおいしく感じるようになるから不思議。それも夏のように爽快で喉ごしのよいものではなくて、味わいに深みのあるたっぷりとしたもの。

熟成してまるみを帯びた日本酒のひやおろし、ボルドーなどのフルボディーの赤ワイン、やわらか~く熟成した焼酎、ヨーロピアンタイプの深みのあるビール・・・・・・・・と、飲んべーさんにとっては、「旨い旬の料理をアテに今晩は何で飲っつけたろうかな?」みたいな、嬉しい悩みの多い至福の季節に突入するのであります。

話が脱線して恐縮ですが、今晩は今夏最後のお祭り。「ぷは~うめぇ~!」の夏の酒の旨さを楽しみ尽くしましょうね!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ