“おつまみ”の記事一覧

「ナイジェリア ギネス」’R’のつく月のペアリング

 

 

「R」のつく月においしい生牡蠣に合わせるお酒として、おそらくシャブリの次に有名なのが黒ビールでしょう。

アイルランド風の楽しみ方ですね。そして、アイルランドで飲まれるのはもちろんギネス・ビール。

そんなギネス・ビールの本場である、アイルランドのギネスに近い味わいと言われるギネス・ナイジェリア社のギネス・ビールと合わせてみてはいかがでしょうか。

なんでもアフリカを知る方々の間では、アフリカでギネス・ビールがおいしいのは有名な話なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

【ギネス・ナイジェリア ギネス・フォーリン・エクストラ】 Alc7.5% 600ml 325ml

濃くて、リッチで、まるでエスプレッソ・コーヒーのような味わいのビール。喉ごしではなく、赤ワインのように常温でチビチビ味わっていただくのがおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

生牡蠣とギネスが定番のペアリングですが、ナイジェリア・ギネスはエスプレッソ・コーヒーのようなニュアンスを持つため、クリーム系の牡蠣料理にもよく合いそうです。

リッチで滑らかな味わいの重なり合い、潮の風味と香ばしさのある苦味・・・・・贅沢なビールの楽しみ方ではないでしょうか。

 

「R」のつく月によりおいしく楽しめる「ナイジェリア・ギネス」は如何でしょうか?

 

 

「お手頃シャブリ」’R’のつく月のペアリング

 

 

「R」のつく月が戻ってまいりました。

「R」のつく月においしいのは、もちろん生牡蠣。

そして、生牡蠣に合わせる定番中の定番のお酒と言えば、もちろんフランス白ワインのシャブリです。

 

 

 

 

 

 

【お手頃でおいしいシャブリ】

なぜ生牡蠣とシャブリがそれほど合うのかと言えば、シャブリワインが造られるシャブリ地方の地中奥深くには牡蠣の化石がたくさん埋まっているから。

そんな成分を含んだシャブリならではの塩っぽい味わいが調和するのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生牡蠣にシャブリを合わせるなら、高額な熟成されたシャブリよりも、フレッシュさのあるお手頃な若いヴィンテージの方がおススメです。

特にレモンなどの柑橘類を搾りかけた生牡蠣には、フレッシュな若いヴィンテージの塩っぽい風味が相まって、いい仕事をしてくれるように思います。

「お口の中でシナジー効果や~!」

 

生牡蠣にお手頃なシャブリは如何でしょうか?

「さんま」と「ひやおろし」

 

 

脂の乗ったこのじきのサンマに塩をふり、待つこと15分。ガスコンロで焼き魚に設定して焼き上げます。

皮がパリっとしていて芳ばしく焼きあがったサンマには、やっぱり大根おろしとお醤油でしょうか。

ポルトガル風にレモンとオリーブオイルでもおいしそうだ。

そんな旬のサンマをアテにやるなら、やっぱり秋が旬の旨味ののった「ひやおろし」でしょう。

 

 

 

 

 

 

【入荷したばかりの「ひやおろし(秋あがり)」各種】

歳のせいなのか酒屋のオヤジは焼き魚が大好きです。

おいしい焼き魚を前に、おいしいお酒を楽しまないのは”あまりにもったいない”。

先日は、イワシのポルトガル風の焼き魚にパンとワインで、これはもううなるほど旨かった。

サンマの和風の焼き魚には、「ひやおろし」の季節マリアージュが、やっぱりこの時期最高に心惹かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こだわりのある人は、自前の七輪で焼き上げるのだそうですが、旬のサンマに「ひやおろし」は如何でしょうか?

 

「あおきみそ 茜」おいしいお味噌汁はうれしい

 

 

日本人にとってのソウルフードと言えば、まずお味噌汁でしょうか。

おいしいお味噌汁はやっぱりうれしいですね。

そんな、おいしいお味噌汁に必要なのは、もちろんおいしいお味噌。

今回は、おいしいお味噌のご紹介です。

その昔、当店に前職が味噌屋さんだった方が働かれていたのだそうです。もちろん味噌に関してはプロ。

その方から、「この味噌は素晴らしから、ぜひ取り扱うように」とアドバイスされたのが取扱いの始まりだったのだそうです。

それがこのお味噌です。

 

 

 

 

 

 

【あおきみそ 茜】500g 1000円+税

新潟県産のもち米を秘伝の製法で糀にし、北海道産大豆と天日塩で醸造した贅沢な味噌です。

赤粒ですが、甘口でとりこになるお客様の多い味噌です。(塩分濃度11%)

 

お味噌汁ももちろんおいしいのですが、料理に使っても明らかにおいしいお味噌です。また、そのままキューリに付けてモロキューで食べても、これまたおいしい。

また、そのおいしさは大人にとってだけでなく、子供にとってもおいしく感じるようです。

 

おいしいお味噌は如何でしょうか?

「ふつうにおいしい辛口の酒」お盆のご馳走をアテに

 

 

お盆休み直前、今朝の新聞折り込みのチラシには、お刺身とお寿司が多く掲載されていたように思います。

やっぱり日本のご馳走と言えばお刺身やお寿司ですね。

そして、飲むお酒はやっぱり日本酒でしょうか。それも最近流行りのフルーティなものではなく、ふつうに美味しい辛口の酒が良い感じではないかと思うのです。

 

 

 

 

 

 

【惣誉 辛口特醸酒 と 睡蓮 純米酒】

 

 

 

 

 

 

ふつうに美味しい辛口のお酒の良いところは、料理の味わいの邪魔をしないところと、飲み飽きしないところでしょうか。

もうひとつ、酒屋のオヤジなどにとっては、若い頃に親戚のおじさん達と飲んだノスタルジックな味わいもその魅力かも知れません。

 

お盆にふつうに美味しい辛口のお酒は如何でしょうか?

 

ページ
トップ