“おつまみ”の記事一覧

彩の国銘菓「手揚げもち」

埼玉銘菓、七越製菓さんの「手揚げもち」。

おばあちゃんがつくってくれた田舎の味!お正月の残りのお餅を干して揚げ餅にした、あの味なのです。

この「手揚げもち」、上質のもち米を丹念につきあげた後、約20日間かけて陰干しして風味豊かに揚げたもの。油っぽくはありません。

手造りで無添加、もちろん美味しいのですが固いです!歯の悪い人にはおすすめできません。

でも、この「手揚げもち」が好きな方は、その固いところがたまらないみたいです。

okaki

酒倶楽部ステップでは180g390円で販売しております。

お茶受けとして以外にも、焼酎、ビール、白ワイン、シェリーなどのおつまみにも良いです。固いのでスルメなどと同じように、なかなか飲み込めないため、長く楽しむことができるのが良いのかもしれませんね。

埼玉銘菓ですから、秩父の辛口白ワインと合わせてみるのも面白いかも!今度の9月の連休(シルバーウイーク?)、この二つを持って、過ごしやすい気候の中、近所の公園でゴロゴロするのもいいな~!と酒屋のおやじは妄想しております。

日本一美味しい缶詰!?「天の橋立」

京都、竹中罐詰さんの「天の橋立」海の幸缶詰!

kan1    kan2

国産の新鮮で旬な海の幸を加工し、美味しい綿実油に漬けこんだ、こだわりの缶詰です。

その中でも特に評価の高いのが「オイルサーディン」!日本一美味しいのだそうです。これを食べたら他のオイルサーディンが食べられなくなるそうな。

a-os[1]

酒倶楽部ステップでの販売価格は504円。

酒屋のおやじも先日の休日、小雑誌に載っていた方法で、自分用のおつまみを、このオイルサーディンを使って、こしらえてみたのです。そしたら、これが美味しいのです!!子供がいたので味見させたら、なんと「おいしい~おいし~」と言って、ほとんど全部食べられてしまった程です(残念!)。

酒屋のおやじの簡単おつまみ!

まず「餃子の皮」にこの「オイルサーディン」を一切れのせます。その上からトマトソースもしくは、トマトケチャップをかけチーズを乗せて、オーブントースターで焼くだけ。薄焼き一口ピザになるのです!

サーディン(いわし)には、老化を防ぐ「核酸」というのが多く含まれており、更にコレステロールを排除してくれる「脂肪酸」が含まれているのだそうです。しかも、生よりも缶詰のほうが核酸の含有率が高いとのこと。

つまりオイルサーディンの缶詰は”体に良いダイエット食品”なのです!!

千葉八街産「落花生」千葉半立、天日干

千葉県の八街(やちまた)産「落花生」品種は千葉半立で天日干し。

千葉八街といえば落花生!有名です。なぜ有名かというと美味しいからです。この落花生、値段はやや高いですが、つまみとしては最高です。ビール系、焼酎、ウイスキー、シェリー酒など、ほとんどの酒類のつまみとして最適なのです。

酒倶楽部ステップでは落花生の天日干し以外に、レトルトのゆで落花生(常温保管可)も販売しております。

PH_91

 

 

 

 

 

 

 

 

ステップでの販売価格

八街産天日干し落花生130g540円

レトルトゆで落花生200g660円

夏の暑い日には、クラーを効かせた部屋で、高校野球でもTVで見ながらビールを飲みつつ落花生なんかをポリポリやるのが最高ですね。できれば女房子供が実家に帰ってる休日なんてのがベスト。朝からご飯も食べずに、こんなことやってみたい!!ビールは太るからホッピーの方がいいかな!

東京の下町には、豆やさんが何件か存在しますが、先日そんな豆やさんが加工した「塩まめ」(たしかこんな名前だったと思います)を頂きました。多分、八街の落花生を使用していると思うのですが、これが”うまい!””すごくうまい!”ビックリしました。多分有名なお店なんだと思いますが、三軒茶屋にある豆商さんという名前のお店です。それ以来、下町で豆やさんを見かけると黙って通り過ぎることができなくなってしまいました。 find blogs

白瓜吟醸粕漬

究極のおつまみです!!

信州の造り酒屋が、無農薬栽培で自ら育てた白うりと吟醸粕だけを贅沢に使った蔵元自家製の「ならずけ」です。

はっきり言ってメチャメチャ日本酒にはあいます。

上品で甘しょっぱい味わいの、このなら漬けをつまみながら、冷たく冷やした地酒をチビチビやるのは至福の時間ですよ

218192_detailImage1[1]

1袋一枚入り 525円税込です。

t-02[1]

 

 

 

web page speed .

ページ
トップ