“高級ワイン市況”の記事一覧

「高級ワイン市況」トップブランドが買われる

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

dec16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年12月から2016年12月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から0.4%の小幅な上昇。

13ヶ月連続での値上がりとなり、前年同月比では24.8%の上昇となる。

11月から12月にかけて最も値上がりしたのはブルゴーニュのトップブランド「DRC ターシュ2012(WA97)」、9.5%上昇して1ケースは£22,184。次が9.3%上昇したボルドーのポムロール「ヴュー・シャトー・セルタン2009(WA99)」で1ケースは£2,241。

引き続き英ポンド安による割安感からブルゴーニュ、ボルドーのトップ・ブランドが買われる傾向にあるようだ。

2016年を通じて最も金額ベースで取引されたのは、やはりボルドーのトップブランドである「ラフィット・ロートシルト2010(WA98)」で2016年最初の取引から19.6%値上がりして1ケースは£6,040。

それでもアン・プリムールのリリース価格である£12,000の半額に近い水準。英ポンドも安い水準にあり、まだまだ割安といえるのかも知れない。

2016年は英ポンド安もあり、特にボルドーワインの引き合いが強かったようだ。それも2000年よりも前の当たり年のヴィンテージである1982、1986、1989、1990、1996などを香港や米国が購入した。

また2015年ヴィンテージのアン・プリムールが順調だったこともあり、ワイン取引はここ数年で最も盛り上がったようだ。

2017年も英ポンドの安値推移は続くと予想されている。また2015年ヴィンテージの出来の良いボルドー人気や、供給量は少ないが品質は良いとされているブルゴーニュの2015年ヴィンテージのアン・プリムールも控えていることから、しばらくは堅調な推移が予想されている。

一方、日本国内のワイン市場においては上値の重さがあるようだ。

国内のワイン市場は流動性に欠ける。在庫しているワインが古くなり価値が高くなったとしても、流動性の罠が待ち構えているのだ。

レストラン、ホテルなどの経営体制が変わり、経営の効率化を目指せば、回転効率の悪いワイン在庫はまるで不良在庫。そのためか、高級ワインに関しては古いヴィンテージにお得感が出て来る環境にあるようだ。

どこの在庫なのかにもよるが、古いヴィンテージの高級ワインの売りものがあれば、日本国内こそ魅力的な高級ワイン市場なのかも知れない。

「高級ワイン市況」英ポンド急落に歯止め

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

nov16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年11月から2016年11月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から1.6%の上昇。

12ヶ月連続での値上がり、年初からの値上がり幅は23.8%。

10月から11月にかけて最も値上がりしたのは、シャンパーニュの「テタンジェ・コント2004(WA96)」で9.4%上昇して1ケースは£815.

スーパータスカンの「オルネライア2009(WA97)もほぼ同様の上昇で、9.3%上昇して1ケースは£1,202。

一方、これまで値上がり幅の大きかった「マセット2010」や「ヴュー・シャトー・セルタン2009」が最も値下がりした。「マセット2010」は8.6%下落で1ケース£4,602。「ヴュー・シャトー・セルタン2009」は5.6%下落で1ケース£2,050。

ここに来て、英ポンド建てでのワイン価格の上昇をけん引してきた、急激な英ポンド安の進行に歯止めがかかった様子。足元ではデイリーベースでのインデックスが横ばいで推移している。

いくつかの銘柄は、2011年6月の中華系ボルドーワイン・バブルのピークを上回る上昇を見せている。しかし、背景にある英ボンドの急落が止まったのであれば、今後は頭の重い展開となるのかも知れない。

また、中国政府機関とフランス企業のジョイント・ベンチャーである「ダイナシティ・ファイン・ワインズ」は、保有する大量のボルドーワインを支払などのためにすべて売却するとしている。

特にボルドーワインバブルで注目を集めた2008年ヴィンテージの価格に、値下げ圧力がかかる可能性が強いのではないか。

英国でも、流通在庫量が大きいとされているアン・プリムールで購入されたボルドー2011年、2012年、2013年ヴィンテージあたりの、英ポンド建てでの戻り待ちの売りが出て来ても不思議ではないと推察される。

為替相場次第ではあるが一本調子で上昇したワイン・インデックスも、そろそろ難しい局面を迎えることになるのかも知れない。

 

「高級ワイン市況」英国金融相場

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

oct16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年10月から2016年10月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から3.6%の上昇。

今年最大の上昇幅で、11ヶ月連続での値上がりとなった。年初からの値上がり幅は22.3%。

フランスとイタリアのワインの値上がりが大きく、10月に最も値上がりしたのは、ブルゴーニュのハイ・スコアワイン「コント・ジュルジュ・ド・ヴォギュエ シャンボール・ミュジニィVV2012」(WA98)、15.5%の上昇で1ケース£5,619。

次に値上がりした銘柄もブルゴーニュの「DRC ラ・ターシュ2011」(WA95)、15.4%の上昇で1ケース£20,249。

また、ローヌの「ボーカステル、シャトーヌフ・デュ・パプ2012」(WA96)、スーパータスカンの「マセット2010」、「オルネライア2010」も10%以上の値上がりとなった。

一方、先月までの値上がり幅が大きかった「ヴュー・シャトー・セルタン2009」(WA99)や「オー・バイイ2009」(WA100)がやや値を下げた。

このワイン価格の上昇の背景にあるのは、もちろん急激な英ポンド安の進行。

Liv-exが英ポンド建てによる取引であるため、英ポンドの下落は英国にとって、そのほとんどが輸入品であるワイン価格の上昇となる。

しかしながら、英中央銀行はこの英ポンドの下落による国内物価の上昇に対する許容には限度がある、とも言及しており、金融政策によっては英ポンド相場が下げ止まり、英ポンド建てのワイン価格上昇にも歯止めがかかる可能性もある。

英ポンド以外の主要通貨に対してのワイン価格は、逆に値下がりしている場合もあり、ワインが英ポンド建てでさらに上昇することがあっても、英国内だけの金融相場といえるようだ。

「高級ワイン市況」英ポンド下落で上昇トレンド継続か

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

sep16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年9月から2016年9月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から1.59%の上昇。

10ヶ月連続での値上がりとなり、年初からは18%値上がりしている。

9月に最も値上がりしたのがグラーヴのスミス・オー・ラフィット2009(WA100)、14.3%の値上がりで1ケース(12本×750ml)が£1,879で最高値を更新した。次がオー・バイイ2009(WA100)で13.2%上昇の1ケースは£1,692。

お得感あるパーカースコア100点の最高評価ワインが買われた。また高額なペトリウス2010も6.6%上昇し1ケース£26,000となった。

一方、もっとも値下がりしたのはペトリウス2009、3.3%値下がりして1ケースは£25,700。

中国産の高級ワインが初めてliv-exで取引されたことが話題となった。LVMHグループのアオ・ユン2013(ボルドータイプの赤)で1ケース(6本入り)が£1,410~£1,600で取引された。

また、オーパス・ワン2013が1ケース(12入り)£2,200でリリースされた。2013年ヴィンテージはカリフォルニアワインにとって37年ぶりの当たり年とされているようで、引き合いは強い様子。

スーパータスカンのマセット2013、チリのアルマヴィーヴァ2014などもリリースされ注目を集めた。

ボルドーの主要銘柄を筆頭に、ほぼ全てのLiv-exワイン銘柄が上昇トレンドにある。この最も大きな要因は、Liv-exが英ポンド建ての取引であり、その英ポンドが下落していることにある。

英ポンドは6月下旬の国民投票後につけた安値を対ドルで下回り、1985年以来31年ぶりの安値を更新した。今後、市場はさらなる値下がりを予想している様子。

「英ポンドへの売り圧力=英ポンド建てワインへの買い圧力」となる。

海外での売り上げが大きい英国株と同じく、英ポンド安がさらに進めば、英ポンド建てワインもまた、さらに値上がりすることになるとみられる。

 

 

「高級ワイン市況」ボルドー・オフ・ヴィンテージ買われる

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

Aug16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年8月から2016年8月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から2.9%の上昇。

9ヶ月連続での値上がりで、2013年3月以降での最高値を更新した。

最も値上がりしたのがポムロールのヴュー・シャトー・セルタン2009で14.4%、次がブルゴーニュのアルマン・ルソー・シャンベルタン2010で10.8%。

その一方で、2000年や2005年、2009年、2010年などのボルドー・グレート・ヴィンテージの多くが値を下げた。

またイギリス産のスパークリングワイン、ナイティンバー・クラシック・キュヴェ2010が初めてLiv-exで取引されたことが話題となった。

Liv-exは英ポンド建てで取引される。英国のEU離脱による英ポンド急落の影響は、まだ継続しているようだ。英ポンド建てでのワイン価格は上昇しているが、他の主要通貨国から見れば、まだ割安感ある水準にある。

7月はボルドーのグレート・ヴィンテージが買われたが、英国国民投票後の値上がり率は、ボルドーワインでも割安感のあるオフ・ヴィンテージが大きい。

Liv-exによればボルドー2013年+32.7%、2006年+26%、2004年+25.5%、2007年+25.4%、2008年+24%、2011年+23.1%、2012年+23%。

一方のグレート・ヴィンテージは2005年+10.4%、2009年+13.7%、2010年+17.4%。

もちろんオフ・ヴィンテージは価格が安い分、値上がりの割合は大きくなる傾向があるのかも知れない。

8月に入り、英ポンド下落の動きは明らかに落ち着きを取り戻している。英ポンドは主要国通貨に対してやや強含みの展開だ。

為替市場でのトレンドが変われば、今度はワインが英ポンド建てで値下がりし、他の主要国通貨で値上がりすることになる。

日本円建てのワイン価格は、これまで値下がり幅がもっとも大きかった。英ポンドが日本円に対して最も値下がりしたからだ。

それがもし、英ポンドの上昇局面となれば、もっともワインが値上がりするのは日本円建てということになるのかも知れない。

 

 

 

ページ
トップ