“高級ワイン市況”の記事一覧

「世界一美しいボルドーの秘密」取りつかれてるワ~(汗)!

女房殿に誘われて、有楽町でボルドーワインのドキュメント映画 「世界一美しいボルドーの秘密」 を見てきました。

ワイン業界で大物と呼ばれるような方々のインタヴューを交えた、ここ数年のボルドーワイン業界の話。また、近年のボルドーワイン・バブル形成のメインプレーヤーであった中国人ワインコレクターの方々も登場しました。

この映画の原題は「RED OBSESSION」ですが、ホントに ”取りつかれてるわ(汗)!”みたいな映画。急激に大金持ちになり有名ボルドーワインを買い漁る中国人と、その需要にできるだけリスクなく対応しようという有名シャトーのドキュメントです。

2014093012190000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

中国社会でのお酒に対する考え方が中国マフィア映画のセリフに見て取れるのだそうで、「・・・・・・・ラフィー82以外はカスだ!・・・・」と。

中国で最も影響力のあるワインがシャトー・ラフィット・ロートシルトで、中国人はそれを「ラフィ―」と呼びます。

ボルドーのヴィンテージで最も評価の高いのが1961年、次が1982年、その次が2009年(100年に一度と呼ばれるヴィンテージ)。そのため、ほとんどの中国人ワインコレクターが欲しがるワインが、古さのちょうどいい「シャトー・ラフィット・ロートシルト1982」となるようだ。

上の写真に写る人物は中国の大物ワインコレクターの一人。大人のおもちゃの製造販売で稼いだお金で主にラフィットを買いまくる。今までの購入額は60億円ぐらいになるという。

オークションで欲しいワインがあれば、値段に関係なく手をあげっぱなしにするのだとか。

また、他の女性のワインコレクターも欲しいワインがオークションに出されれば ”絶対に落とす!” とのことで、7千万円ぐらいで競っていた商品を一気に1.5億円ぐらいに跳ね上げて落札したと語っていた。

また中国人にとってはそれらのヴィンテージ以上に大切なヴィンテージがある。それが「8」で2008年ヴィンテージ。ラフィットの2008年ヴィンテージのボトルに「八」の文字が刻まれると決まり、マカオから即金での大量の買い注文が入ったのだとか。

一方のシャトーは、中国人の要求に素直に応えていたらヴィンテージワインの在庫は底を付き、セラーは空っぽになってしまう。将来の商売に対するリスクとなるため、値段を上げて小出しにするしか対応できないと。

・・・・・・ますます市場はバブル化するわけです。

そして、高名なワイン評論家の方々に、そんな方針を酷評されてしまう。

そしてバブルは弾けた!もう二度と同じようなことは起こらないでしょう。

・・・・・・・・でも、今や中国人の大金持ちの人数はアメリカの人数を超えたとも言われます。また中国人はますますワインを飲むようになってきたようです。

ちょっと前には「もし中国人が欧米並みに缶コーラを飲むようになれば、砂糖やアルミは・・・・・・・・(汗)!?」みたいな話がありましたが、「もし中国人の一人当たりのワイン消費量が欧米並みになれば・・・・・・・・・・・・」みたいなことを考えれば、ボルドーやブルゴーニュの価格が一昔前の水準にまで戻るようなことは考えにくいかも知れませんね。

やっぱりボルドーはボルドーであって唯一無二なんですね!崇高さがあると言えるのかも知れません。

 

 

 

グランヴァン(ほとんどボルドー)市場はオランダのチュウリップになるのか?その38

グランヴァン(ボルドー高級ワインがメイン)価格は、ブラックマンデーすぐ後の1988年からインデックス・ベースで2011年6月まで約20倍に高騰。

ピーク時にはシャトー・ラフィット・ロートシルト2008ヴィンテージのボトルに、当時最大の販売先であった中国の繁栄の意味「八」を刻むとのニュースが伝わったことから、ラフィット2008が大きく買われグランヴァン市場の価格を一気に押し上げた。

その後は中国でのバブルの縮小と歩調を合わせるようにグランヴァン市場は値を下げ続けている。

グランヴァン市場のバブルは2011年6月がピークとなりました。今後は、「はたしてグランヴァン市場はバブル崩壊を乗り越えたのか?」みたいなことを酒屋のオヤジなりに推察したいと思います。今回はその38回目。

古ワインAug14

 

 

 

 

 

 

 

 

【グランヴァン(ほとんどボルドー)ワイン・インデックスの2009年8月から2014年8月末までの推移】

2014年8月のインデックスは前月比約1%の上昇!

2013年3月より16ヵ月間続いた値下がり傾向が遂に一区切り。夏休みで取引が閑散となる8月に、わずかではありますが値上がりしたのです。

高級ワイン業者間取引サイト Liv-ex のブログによれば、8月の上昇をリードしたのがラフィット、モンローズ、レオヴィル・ラス・カス。前月の7月に大きく下げたラフィットとレオヴィル・ラス・カスは良いヴィンテージに買いが入ったようだ。

最も値上がりしたのがラフィット2009で9.9%の値上がり。次がラフィット2005で8.1%の値上がり。レオヴィル・ラス・カス1996が7.6%の値上がりとなった。

モンローズは2003が7.4%の値上がり、2010年が6.5%値上がりした。先日、モンローズ2010のパーカー・ポイントが99点から100点満点に昇格したことが好感されたとのこと。

8月に値下がりしたのは、ボルドー以外の堅調な値動きをしていた銘柄。保有銘柄の入れ替えが市場に入った印象だ。

一方的に長く続いた下げ相場の後だけに、インデックスでの値上がりが1%ぐらいでは小さすぎる印象はあります。しかし夏場の取引が薄い時期の出来事であり、また若いヴィンテージのボルドーワインにはまだ割高感があるため、積極的にボルドーワインが買われる状況ではないようです。

それほど楽観的になれる状況ではないということでしょうか。

そんな、下げ相場が終わったとは判断しにくい状況ですが、値下がりした偉大なヴィンテージのワインには買いが入る状況に変わっては来たようです。

 

 

 

 

 

「ラフィット/ムートン・レシオ」中国株との相関性

高級ワインの業者間取引サイト Lie-vx によればシャトー・ラフィット・ロートシルト2000がピーク時から55%安い1ケース£9,985で取引されたとのことだ。2009年に一時的に£10,000を割り込んだことがあるが、それ以降では初めての£10,000割れとなる。

一方、シャトー・ムートン・ロートシルト2000は引き続き£10,000を超える価格で取引されており、これでラフィットとムートンの価格は逆転した。

PH_17651-225x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラフィットがここまで値下がりした理由はもちろん中国からの需要の減少。

ちなみに評価はムートン2000が96+、ラフィットが98+でラフィットの方が上。ある意味割安感が出てきたのかも知れません。

プラチナ/金レシオが米株価と相関関係があると言われますが、ラフィットと中国株価にも相関関係があると言われます。もっと言えばラフィット/ムートン・レシオ(倍率)に中国株との相関関係があるように感じます。

2005年ごろまでは同じような価格だったラフィットとムートン。中国の富裕層にとってラフィットがアルティメイト・ギフトとなったことから、ラフィットだけが2011年のピークまでに約8倍に価格が上昇したのでした。

それが今月、ピーク時の半値以下の水準となり、同じように高級ワインではあるがやや評価の低いムートンの価格を下回ったのです。

そんな状況がラフィットの取引を活発にしているようだ。

さて、中国株は足元で上昇に転じている様子。ラフィットの取引は活発でムートンより安い。

果たして、中国でのアルティメイト・ギフトであるラフィットが中国株と同様に価格上昇に転じるのか?

たぶん若いヴィンテージはまだ難しいかも知れません。でも若くないヴィンテージに関してはそろそろかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランヴァン(ほとんどボルドー)市場はオランダのチュウリップになるのか?その37

グランヴァン(ボルドー高級ワインがメイン)価格は、ブラックマンデーすぐ後の1988年からインデックス・ベースで2011年6月まで約20倍に高騰。

ピーク時にはシャトー・ラフィット・ロートシルト2008ヴィンテージのボトルに、当時最大の販売先であった中国の繁栄の意味「八」を刻むとのニュースが伝わったことから、ラフィット2008が大きく買われグランヴァン市場の価格を一気に押し上げた。

その後は中国でのバブルの縮小と歩調を合わせるようにグランヴァン市場は値を下げ続けている。

グランヴァン市場のバブルは2011年6月がピークとなりました。今後は、「はたしてグランヴァン市場はバブル崩壊を乗り越えたのか?」みたいなことを酒屋のオヤジなりに推察したいと思います。今回はその37回目。

古ワインjly14

 

 

 

 

 

 

 

 

【グランヴァン(ほとんどボルドー)ワイン・インデックスの2009年7月から2014年7月末までの推移】

2011年6月28日にピークを付けたインデックス価格は、デイリーベースで2012年11月13日まで約34%下落。その後反発して2013年3月15日には安値から約12%高い水準まで値を戻した。

それ以降はダラダラとしたなだらかな下げが止まらない、一方的な右肩下がりが続いている。7月末の水準は前月末から約 1%低い水準。2011年6月のピークからは約41%安い水準。

高級ワイン業者間取引サイト Liv-ex のブログによれば、7月はシャトー・ラフィット・ロートシルトのあらゆるヴィンテージの値下がりが目立ったとのこと。2009年ヴィンテージでは、1ケース£5,600の最安値を付けた。ピーク時には1ケース£14,000であったことから60%値下がりしたことになる。

また、ピーク時には95%の取引シェアのあったボルドーワインが80%を割り込んできたのだそうだ。かわりにシャアを最も伸ばしたのがブルゴーニュワインで、特にドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス2001の取引が活発だった。

継続的な値下がりが止まらないグランヴァン市場だが、あのロバート・パーカーさんに「疑いの余地なく最も偉大なボルドーワインのヴィンテージだ!」と言わしめた2009年ヴィンテージの、パーカーポイント100点ワイン(第一級クラスのワイン以外)と、パーカーズ・マジカル20と呼ばれるワインは、堅調に推移しているのだそうだ。

値動きはそれほど大きくないが、市場全体の価格下落にもかかわらず高値圏を維持している。なかには魅力的な価格のものもあり、例えばシャトー・レオヴィル・ポワフェレ2009はパーカーポイント100点でありマジカル20でもあるが1ケースで£1,440ほど。それでもピークからは20%ほど低い水準なのだそうで、なおかつ100点の中では最安値のワインとこのとだ。

印象としてはグランヴァン市場では銘柄やヴィンテージ間での幅の広い裁定取引が入っており、割高感のある銘柄、ヴィンテージが売られ、割安感や希少価値の高い銘柄やヴィンテージが買われている感じでしょうか。

インデックス価格に影響力のある、アン・ピリムールが不振に終わったボルドー・ビッグ・ネームの近年のヴィンテージの重圧を乗り越えるにはまだまだ時間が必要なようです。

 

 

 

 

 

グランヴァン(ほとんどボルドー)市場はオランダのチュウリップになるのか?その36

グランヴァン(ボルドー高級ワインがメイン)価格は、ブラックマンデーすぐ後の1988年からインデックス・ベースで2011年6月まで約20倍に高騰。

ピーク時には、シャトー・ラフィット・ロートシルト2008ヴィンテージのボトルに、当時最大の販売先であった中国の繁栄の意味「八」を刻むとのニュースが伝わったことから、ラフィット2008が大きく買われグランヴァン市場の価格を一気に押し上げた。

その後は中国でのバブルの縮小と歩調を合わせるようにグランヴァン市場は値を下げ続けている。

グランヴァン市場のバブルは2011年6月のピークで終止符が打たれました。今後は、「はたしてグランヴァン市場はバブル崩壊を乗り越えたのか?」みたいなことを酒屋のオヤジなりに推察したいと思います。今回はその36回目。

古ワインJun14

 

 

 

 

 

 

 

 

【グランヴァン(ほとんどボルドー)ワイン・インデックスの2009年6月から2014年6月末までの推移】

2011年6月28日にピークを付けたインデックス価格は、デイリーベースで2012年11月13日まで約34%下落。その後反発して2013年3月15日には安値から約12%高い水準まで値を戻した。

それ以降はダラダラとしたなだらかな下げが止まらない。3月15日の戻り高値から先月の6月末までの値下がり率は約19%、前月末からは約 3%低い水準。2011年6月のピークからは約40%安い水準。

高級ワインの業者間取引サイト「Liv-ex」の発表によれば、6月の中旬までに前月対比でもっとも値下がりしたワインはDRCラ・ターシュ2009 。一カ月の間に約18%値下がりした。1ケースで約5000ポンド(約90万円)の価値を失ったことになる。しかし、ブルゴーニュ・ワインのインデックスは若干の値上がりだった。

同じ時期にイギリスや香港で資金を集めたワイン投資ファンドの清算が決まった。今回のDRCブランドが大きく値下がりしたことと、ワインファンドの清算には関連性があるように思います。

ワイン投資ファンドの清算にともなう資産売却では、「とりあえず利益の出ているワインから現金化しましょ!」みたいな展開はよくあるパターンではないでしょうか。

また、堅調に推移していたスーパータスカンの代表銘柄であるサッシカイヤの2006ヴィンテージも約9%の下落となった。

先月に引き続きボルドーのバックヴィンテージや割安感のあるものには買いが入り、インデックスの四分の一程度のワインが横ばいから値上がりした。しかし、バックヴィンテージの流通量は限られていて取引量も少ないためワイン・インデックスへの影響は限定的だったようだ。

更なるワイン投資ファンドの清算を見越してか、利益の出ている銘柄への売り圧力が出てきた印象です。苦境に立たされているファンドの投資ポートフォリオの中で、割合が大きいと推測されるワインに関して、今後更なる売り圧力が強くなる可能性があるようです。

一般的に「大きな投げ売りが出て、その下げ相場は終わる」みたいに言われますが、そんな状況が訪れるのはまだ先の事の様です。

 

ページ
トップ