“ワイン投資”に関する記事一覧

「高級ワイン市況」英ポンド下落で上昇トレンド継続か

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

sep16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年9月から2016年9月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から1.59%の上昇。

10ヶ月連続での値上がりとなり、年初からは18%値上がりしている。

9月に最も値上がりしたのがグラーヴのスミス・オー・ラフィット2009(WA100)、14.3%の値上がりで1ケース(12本×750ml)が£1,879で最高値を更新した。次がオー・バイイ2009(WA100)で13.2%上昇の1ケースは£1,692。

お得感あるパーカースコア100点の最高評価ワインが買われた。また高額なペトリウス2010も6.6%上昇し1ケース£26,000となった。

一方、もっとも値下がりしたのはペトリウス2009、3.3%値下がりして1ケースは£25,700。

中国産の高級ワインが初めてliv-exで取引されたことが話題となった。LVMHグループのアオ・ユン2013(ボルドータイプの赤)で1ケース(6本入り)が£1,410~£1,600で取引された。

また、オーパス・ワン2013が1ケース(12入り)£2,200でリリースされた。2013年ヴィンテージはカリフォルニアワインにとって37年ぶりの当たり年とされているようで、引き合いは強い様子。

スーパータスカンのマセット2013、チリのアルマヴィーヴァ2014などもリリースされ注目を集めた。

ボルドーの主要銘柄を筆頭に、ほぼ全てのLiv-exワイン銘柄が上昇トレンドにある。この最も大きな要因は、Liv-exが英ポンド建ての取引であり、その英ポンドが下落していることにある。

英ポンドは6月下旬の国民投票後につけた安値を対ドルで下回り、1985年以来31年ぶりの安値を更新した。今後、市場はさらなる値下がりを予想している様子。

「英ポンドへの売り圧力=英ポンド建てワインへの買い圧力」となる。

海外での売り上げが大きい英国株と同じく、英ポンド安がさらに進めば、英ポンド建てワインもまた、さらに値上がりすることになるとみられる。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」ボルドー・オフ・ヴィンテージ買われる

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

Aug16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年8月から2016年8月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から2.9%の上昇。

9ヶ月連続での値上がりで、2013年3月以降での最高値を更新した。

最も値上がりしたのがポムロールのヴュー・シャトー・セルタン2009で14.4%、次がブルゴーニュのアルマン・ルソー・シャンベルタン2010で10.8%。

その一方で、2000年や2005年、2009年、2010年などのボルドー・グレート・ヴィンテージの多くが値を下げた。

またイギリス産のスパークリングワイン、ナイティンバー・クラシック・キュヴェ2010が初めてLiv-exで取引されたことが話題となった。

Liv-exは英ポンド建てで取引される。英国のEU離脱による英ポンド急落の影響は、まだ継続しているようだ。英ポンド建てでのワイン価格は上昇しているが、他の主要通貨国から見れば、まだ割安感ある水準にある。

7月はボルドーのグレート・ヴィンテージが買われたが、英国国民投票後の値上がり率は、ボルドーワインでも割安感のあるオフ・ヴィンテージが大きい。

Liv-exによればボルドー2013年+32.7%、2006年+26%、2004年+25.5%、2007年+25.4%、2008年+24%、2011年+23.1%、2012年+23%。

一方のグレート・ヴィンテージは2005年+10.4%、2009年+13.7%、2010年+17.4%。

もちろんオフ・ヴィンテージは価格が安い分、値上がりの割合は大きくなる傾向があるのかも知れない。

8月に入り、英ポンド下落の動きは明らかに落ち着きを取り戻している。英ポンドは主要国通貨に対してやや強含みの展開だ。

為替市場でのトレンドが変われば、今度はワインが英ポンド建てで値下がりし、他の主要国通貨で値上がりすることになる。

日本円建てのワイン価格は、これまで値下がり幅がもっとも大きかった。英ポンドが日本円に対して最も値下がりしたからだ。

それがもし、英ポンドの上昇局面となれば、もっともワインが値上がりするのは日本円建てということになるのかも知れない。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」英ポンド急落での価格上昇はそろそろ終了か

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

jly16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年7月から2016年7月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から3.6%の上昇。

2011年11月以降では最大の上昇幅。8ヶ月連続での値上がりとなり、2013年8月以降では最高値となった。

上昇幅が大きかったのはトップスコアのボルドー銘柄。ロバート・パーカー氏から100ポイントの評価を受けたワインが買われた。

上昇幅はCh・レオヴィル・ポワフェレ2009が10.7%、Ch・コス・デスツゥルネル2009が8.7%、CH・ラトゥール2003が9.5%、Ch・マルゴー2010が10.5%、オーパス・ワン2012が9.9%。

一方、値下がりしたのはボルドー以外のトップブランド。

アルマン・ルソー シャンベルタン2010が最も値下がりして9.8%。ペンフォールド・グランジ2009、サシカイヤ2010、DRCラ・ターシュ2012が2~4%の値下がり。

英国のEU離脱による英ポンドの急落により、割安感のある英国で取引されるワインに米国、香港などから買いが入ったようだ。

また、フランスのワイン商からのボルドーワインの買戻しの動きもあったようだ。

英ポンドはユーロや米ドルに対して約10%値を下げたが、英国でのワイン・インデックスの上昇幅は6月7月合わせて約6%。英国で取引されるワインに対してまだ割安感はある。

しかし、今後の英ポンドの動向が予想しにくい状況では、ここから大きくワイン・インデックスが上昇することは難しいのかも知れない。

世界のどこかで、中国でのボルドーワインバブルのような状況がまた勃発するようなことでもあれば、この上昇トレンドは継続するのかも知れない。しかし今のところその可能性は少ないようだ。

もちろん英ポンドがさらに値を下げるようなら、英国で取引されるワイン価格は値上げりすることになるのだが。

英ポンドの動向にワイン相場が翻弄される状況は続きそうだ。

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」ワインの大バーゲンセールが始まるのか

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

jun16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年6月から2016年6月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、6月末の時点で259.71と5月末と比べて2.12%上昇して7ヶ月連続での上昇となった。

Liv-exの取引で5月から6月にかけて最も値上がりしたのは「Ch・ポンテ・カネ2009」13.6%上昇して1ケース£1,593。次が「ヴェガ・シシリア・ウニコ2004」11.6%上昇して1ケース£1920。

最も値下がりしたのは「ギガル・コート・ロティ2010」10.2%下げて1ケース£2,610.

「ボルドー2015アン・プリムール」では、ロバート・パーカー氏(RPポイント)の後継者であるニール・マーチン氏(NMポイント)から高評価を受けた銘柄の人気が高かったようだ。

23日に行われた英国の国民投票で、英国がEUからの離脱を決めた。英ポンドは一夜にしてユーロに対して約10%下落。

英国にとってワインは大陸からの輸入品であるため、英ポンド建てでのワイン価格もまた一夜にして約10%値上がりしたことになるが、Liv-ex の指数である「Liv-ex Fine Wine 100」は明らかに値上がりが追い付いていない。

英国でのワイン需要の減少が織り込まれているのか、それとも更なる英ポンドの下落を恐れて米国や香港のワイン業者は様子見を決め込んでいるのか。

いずれにしても英ポンドで計算されるLiv-ex指数は強含むことになると推測される。そして、英ポンド相場に底打ち感が出れば、自国通貨建てで安くなったワインに米国や香港から積極的な買いが入る可能性もある。

また、英国民にとって、値上がりが英ポンド建てで追いついていないとみられる現在のワイン市場は、最も魅力的な投資対象のひとつと言えるようだ。

英国でのワイン消費は減少が予想されるが、ワイン投資の分野では逆に盛り上がる可能性もあるとみられる。

そして、日本円を自国通貨とする者にとっては、ワインの大バーゲンセールが始まっているということか。

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」消極的強気市場

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

may16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年5月から2016年5月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、5月末の時点で254.31と4月末と比べて0.62%上昇。6 ヶ月連続での上昇となった。

Liv-exの取引で4月から5月にかけて最も値上がりしたのは「サシカイヤ2009」、8.2%上昇して1ケース£1,125。次がローヌの「ポール・ジャブレ・エネ エルミタージュ・シャペル2012」、6.3%値上がりの1ケース£844。「Ch・ラフィット・ロスチャイルド2010」、5.8%値上がりで1ケース£5,618。「Ch・ムートン・ロスチャイルド2000」、5.3%値上がり1ケース£13,250と続く。

4月に最も値上がりした「DRCロマネ・コンティ2010」は4.7%値下がりした。

現在最も注目されているイベントが、「ボルドー2015アン・プリムール」。ボルドーワインの最高各付けワインのリリース価格はまだ発表されていないが、それ以外のクラスやセカンドなどの価格が出てきている。

2015年ヴィンテージはここ数年で最も評価が高く、特にジロンド川左岸の「マルゴー」、右岸の「サンテ・ミリオン」、「ポムロール」の評価が高い。

マルゴー3級「Ch・ジスクール」などは1961年以降で最も素晴らしいとの評価もある。

今のところの平均のリリース価格はユーロ建てで2014年ヴィンテージから19%ほど高い水準。ポンド建てではさらに10%高くなるようだ。評価が高い割に2005、2009、2010の当たり年よりも安いリリース価格もあり、お得感があるもの、バックヴィンテージにお得感が出たのもなど様々な反応とのこと。

最高各付けワインのリリース価格が、2014年ヴィンテージに対してどれぐらいの値上がりになるのかが、注目されるところだ。特に「Ch・マルゴー」が注目されているとみられる。

また、0.5のレベルを超えると価格が上昇傾向に入るとされているLiv-exのテクニカル指標である、ビッド:オファーレシオが1.76まで上昇したとのこと。これは2010年の中華系によるボルドーワインバブル以降はじめての高水準。

このところのLiv-exの参加者はバリューを気にする傾向にあるようだが、価格が下がれば強い買いが存在するということだろう。

ユーロ/ポンド相場は5月の終盤までポンド高傾向にあったが、6月に差し迫ると急激にポンドはユーロに対して値下がりに転じた。

イギリスのブックメーカーのオッズではEU離脱の確立が20%まで低下しているとのことだが、それでもリスクを嫌ってのポンド離れは続いているようだ。

しかし、6月の国民投票で確率通りにEU残留となれば、投機筋も含めたポンドの買戻しが入りポンド急騰の可能性もある。

そうなれば、ポンドの急騰に合わせて、Liv-exでのバリューを気にする強い買い気配も引っ込むことになるのかも知れない。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 1312345...10...最後 »
ページ
トップ