“ボルドーワイン”に関する記事一覧

「高級ワイン市況」ブランドとバリューとポテンシャル

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから6年経過。

2014年7月に底入れしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、再び上昇傾向にある。ワイン価格を上昇させた一因の背景には、英ポンド安や人民元安によるマクロ経済からの影響がある。

そんな金融市場の混乱は、ワインの収集や投資にどう影響を与えるのか?

また、高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2012年5月から2017年5月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から0.4%の小幅な上昇。前月の小幅な下落から値を戻した。

4月から5月にかけてもっとも値上がり率の大きかった銘柄は、ボルドー、サン・ジュリアンの「Ch・レオヴィル・ラス・カーズ2010」で9.4%上昇して1ケースは£1,800。続いてボルドー、ペッサック・レオニャンの「Ch・ミッション・オー・ブリオン2012」で9.1%上昇して1ケースは£1,736。

3番目に値上がり率の大きかったのがカリフォルニアのカルトワインとして有名な「スクリーミング・イーグル2012(WA100)」で5.5%上昇して1ケースは£23,800。

「Ch・マルゴー2009」4.9%1ケース£6,610、「DRC ラ・ターシュ2011」3.9%1ケース£21852と続く。

「レオヴィル・ラス・カーズ」と「DRCラ・ターシュ」はともに4月に値下がりして5月に値を戻した。

一方もっとも値下がり率の大きかった銘柄はローヌの「ポール・シャブレ・エネ エルミタージュ・シャペル2012」で6.2%下落して1ケースは£917。続いてシャンパーニュの「ドン・ペリニョン2002」で5.1%下落して1ケースは£1262。

「ポール・シャブレ・エネ エルミタージュ・シャペル2012」は3月に上昇したが、5月の下落で上昇前の価格水準に戻った。

2017年ヴィンテージの霜被害はボルドーの右岸と内陸部でより深刻な状況。ボルドーのトップブランドの多くを生み出す左岸ジロンド川沿いのサン・テステフ、ポイヤック、サン・ジュリアンの被害は少ないとのこと。

そのためか2016年ヴィンテージのアン・プリムールでは、被害の大きい地域のシャトーほどリリース価格が2015年ヴィンテージに比べ上昇している印象をうける。

 

非常に高い評価を受けるボルドーを代表するワインのひとつである「Ch・ムートン・ロートシルト」の2016年ヴィンテージのアン・プリムールは、ネゴシアン出しのユーロ建てで2015年のアン・プリムールから9.4%価格が高い。英ポンド建てでは24.6%高い水準になる。1ケースは£5,184。

これは同じように評価の高い2010年ヴィンテージの現在価格よりも約10%安い価格水準であり、またLiv-exが提案する指標である「フェアーバリュー」からも10%ほど低い価格水準。

現在価格で12%ほど安い2015年ヴィンテージが買われやすい状況にあるようだ。

 

もしワインがビットコインと同じような背景で買われているとしたら、それは恐ろしいことなのかも知れない。飲むためではなく、そのほとんどがさらに高い価格で転売するために買われているとすれば、それは投機的市場と言える。

Liv-exの保管倉庫のワイン量は120,000ケースに達した。これを横に並べると39Km。また積み上げれば23Kmになるとのことで、これはエベレストの高さの2倍以上になるのだそうだ。

これだけの量が転売を狙っているとすれば、それは投機が過熱化しているということなのかも知れない。また上値が重くなってきているとも想像できる。

 

近年のトップブランドのワイン価格は驚くほど高い。しかし、同じような品質の評価をうけるワインでもブランドによっては割安感のあるものもある。

たとえば日本のサントリーが所有し、積極的な投資で品質を向上させていると聞くサン・ジュリアンの各付けワインである「Ch・ラグランジュ」だ。

2016年ヴィンテージ アン・プリムールのリリース価格はユーロ建てで20.8%上昇し、英ポンド建てで40%上昇したが、それでも1ケースは£420。

特に熟成してその真価を発揮できるようにデザインされたワインであり、熟成して評価の上方修正があるとすれば、かなりのお得感があるように思う。

危険な香り漂うワイン市場だが、ブランド、バリュー、ポテンシャルを吟味すれば、まだまだ魅力的なワインは存在するということではないか。それこそが目利きではないかと思う。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ボルドー アン・プリムール2016」ポールポジションはムートンとラフィット

 

 

高級ワインの業者間取引サイト「Liv-ex」のブログに、著名なワイン評論家であるジェームス・サックリング氏によるボルドーワイン アン・プリムール 2016年ヴィンテージ バレル試飲の評価が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年のこの時期のボルドー アン・プリムール2015では、「マルゴー」の評価がもっとも高く、ボルドー2015年ヴィンテージのポールポジションとも呼べる評価でした。

また、ボルドー2015年ヴィンテージの評価はとくに右岸で高く、素晴らしい出来の年と言えます。

2016年ヴィンテージは、その当たり年である2015年と同格かそれ以上の品質とのこと。

その中でもサックリング氏から満点評価を受け、ポールポジションの位地を確保したのは、お馴染みの高級ワインであり、特に中華系に人気の「Ch・ラフィット・ロートシルト」と「Ch・ムートン・ロートシルト」。

両方ともに100-100のバレル試飲 スコアで、100-100の評価はこれらの2種類のみ。

これまでに45種類のワインが試飲され、その平均評価点は96.3点で2015ヴィンテージの95.5点を上回っているとのこと。

サックリング氏のコメントでは、2016年のムートンは驚異的であり、男性的な力強さと奥深さがある。また1986年ヴィンテージの再来であり、それを上回る出来栄えとしている。

ラフィットもまた2015年ヴィンテージよりも力強く、おろらく伝説的ヴィンテージである1959年以来でもっとも偉大なヴィンテージとなりそうなのだとか。

このところのボルドーワインの上昇傾向もあり、ボルドー2016の品質の良さも加わり、今年のアン・プリムールはスゴイお値段になりそう、ということなのかも知れませんね。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「Ch・トゥール・サン・クリストフ2012」ボルドーワイン驚きのコスパ

 

 

すごいポテンシャルを持つワインだと思いました。

4000~6000円ほどのボルドー右岸の2012年ヴィンテージ赤ワインなのですが、まるでトップクラスのボルドーワインでも試飲しているかのようだから驚きました。

ある試飲会で試飲させていただいたんです。「このボルドーワインがこの価格で、この味わいですか!?」みたいな衝撃を、あくまでも個人的にはでありますが感じたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャトー トゥール サン クリストフ 2012 ACサン テミリオン特級】

今楽しむにはまだまだ若すぎる味わいのワインです。

買ってすぐに飲むなら、それこそ「若いボルドーワインを飲むのは、ワインを無駄にしているようなものだ」なのかも知れません。

それでも、そのシルキーでエレガントさのある味わいは、いわゆる有名ブランドの若いトップ・ボルドーワインの印象なんです。

今後どのように熟成して行くのかは、たぶん誰にも正確な予想はできないのだと思います。それでも今のところの味わいは、まったくもって高級感あるグランヴァン。

もっと言えば1万円以下のボルドーワインの味じゃない!とあくまでも個人的にではありますが感じた次第です。

2012年は右岸ボルドーワインの当たり年とされております。

もし自身のワインコレクションに加えて、そのポテンシャルを楽しみたいと思えば、この価格は買いではないかと感じました。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

それでもボクは「ボルドー2011」が好きだ

 

 

ボルドーワインがメインの大規模なワインの試飲会に参加させていただきました。

ボルドーワインの近年の当たり年といえば、2009、2010なのは周知のとおり。特にボルドーワインはそのヴィンテージが注目されます。

もちろん、当たり年ワインの濃縮感や、なめらかさは素晴らしい。

しかし、しかしです、近年のボルドーワインに限れば、個人的には2011年が好きです。

2011年は決して「スバらしい」といえる年ではないようです。それでも、その分繊細さがあり、飲みごろにもすでに達しているように思うのです。

dsc_0180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ボルドー サンテ・ミリオン 2011ヴィンテージの日本未輸入のワイン】

当たり年のワインとは、天候に恵まれてしっかりとした成分を含んでいるため長期間の保存に強く、味わいが枯れにくいのだと思います。

しかし、いわゆる「ハズレ年」のワインとは、天候に恵まれなかったために成分がうすく、長期間の保存に対して枯れるのが早いということでしょう。

つまり、「ハズレ年」ワインの魅力とは、力強さや濃縮感には欠けるが、繊細さがあり、飲みごろも早いということでしょう。

また、いわゆる「当たり年」の素晴らしいワインを収穫数年後で飲んでしまうのは、あまりにももったい気もします。

もし今ボウドーワインを飲むなら、個人的には繊細でうす旨系な魅力を持つ2011年ヴィンテージは、左岸、右岸を問わずおススメしたいワインです。

ちょっとマニアっぽい話ではありますが、オフ・ヴィンテージ(はずれ年)からの、自身の好みの味わい探しは意外に楽しい気がする次第です。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

グランヴァン(ほとんどボルドー)市場はオランダのチュウリップになるのか?その45(最終)

 

 

グランヴァン(ボルドー高級ワインがメイン)価格は、ブラックマンデーすぐ後の1988年からインデックス・ベースで2011年6月まで約20倍に高騰。

ピーク時にはシャトー・ラフィット・ロートシルト2008ヴィンテージのボトルに、当時最大の販売先であった中国の繁栄の意味「八」を刻むとのニュースが伝わったことから、ラフィット2008が大きく買われ、グランヴァン市場の価格を一気に押し上げて相場のピークを形成。

その後は中国でのバブルの縮小と歩調を合わせるようにボルドーワインは値を下げ続けた。

中国が主導したボルドーワイン・バブルは2011年6月をピークに崩壊した。

今後は、「はたしてグランヴァン市場はバブル崩壊を乗り越えたのか?」みたいなことを酒屋のオヤジなりに推察したいと思います。今回はその45回目。

Mch15

 

 

 

 

 

 

 

 

【グランヴァン(ほとんどボルドー)・インデックスの2010年3月から2015年3月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、3月末の時点で241.03と2月末から0.4%の値下がり。

ボルドー2014ヴィンテージのアン・プリムール(先物契約)を目前に控えていることや、100ポイントワインであるシャトー・ラトゥール2003のトランシェと呼ばれる、蔵出しリリースがリーズナブルであったことにより、2005、2009も合わせて値下がりしたことがインデックスの頭を抑えた。

他方、夏場に向けてバイヤーからのシャンパーニュの買いや、スーパータスカンのリリースにより若いヴィンテージが買われた。

Liv-exで値上がりの大きかった銘柄は、オルネライア2009 +5.3%、ソライヤ2010 +4.7%。値下がりの大きかったのはラトゥール2005 -6.5%、2009 -4%、D・ロマネ・コンティ2010 -5.6%。

現在、市場が最も注目しているのがボルドー2014ヴィンテージのアン・プリムール。

2014ヴィンテージは明らかに2011、2012、2013よりも品質は優っているのだが、2005、2009、2010ほどではないというのが、一致した評価。

ロバート・パーカー氏は「世紀の偉大なヴィンテージ以外でのアン・プリムールは機能しない」としているが、2014ヴィンテージに関しては、素晴らしくはあるが”世紀の偉大なヴィンテージ”とまでは、誰も思っていないようだ。

しかし、ラトゥール2003の今回のトランシェがすぐに売り切れたように、昨今のユーロ安で、なおかつアン・プリムール価格が魅力的な水準まで下がれば、アメリカやイギリスからの巨大な需要が存在することは間違いないようだ。

それでも、ここ数年のアン・プリムールの買いでは、その後の値下がりにより大損が発生しており、バイヤーにとっての魅力的な水準とは様々かも知れない。

また、Liv-ex の調査によれば、割高感のあるボルドーの若いヴィンテージの業者在庫が引き続き高水準にあるため、若いヴィンテージ・ワイン相場の頭は重く、在庫が動き出すには年月の経過か、価格の大幅な修正が必要とみられる。

2014ヴィンテージのアン・プリムールでのシャトーの出方にもよるが、引き続きボルドーワイン取引は、若いヴィンテージへの引き合いが少なく、評価の見直しやユーロ安などにより、2005ヴィンテージが引き続き取引の中心になりそうだ。

 

「グランヴァン(ほとんどボルドー)市場はオランダのチュウリップになるのか?」は、今回の45回目で終了します。中国のワインバブルが崩壊し、新たなステージに入ったと思われるからです。

次回からは「ハイエンド・ワイン市況分析」にタイトルを変えて、引き続き月に一度、酒屋のオヤジなりに推察してみたいと思います。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 712345...最後 »
ページ
トップ