“取り扱いワイン”カテゴリーの記事一覧

白/南アフリカ  アサラ ホワイトキャブ

 

黒葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニョンから造られた白ワイン

アサラ ザ・ホワイト・キャブ 

ASARA The White Cab.

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

赤ワイン用葡萄品種であるカベルネ・ソーヴィニョンからできた白ワイン

通常 赤ワインは 皮や種も一緒に発酵させるため ワインは赤色になり 渋味もしっかりとつきます

一方 白ワインは 果汁のみを発酵させます

 

濃厚な赤ワインを造る カベルネ・ソーヴィニョンも 絞って発酵させれば 白ワインに⁉

なるんです(・∀・)

 

このアサラのホワイトキャブになるカベルネの果汁は 色素の抽出を極力避けるため

プレスせず フリーランジュースのみ使用と贅沢

収穫は 気温の低い早朝に果実を傷めないよう細心の注意を払いながら手摘み

醸造所までは 徹底した温度管理のもと運ばれます

 

ほぼプレスせず 自然に流れ出る フリーランジュースを使用するため

果実全体の約半分の果汁しか 原料になりません

発酵後 4か月間 タンクの中で シュールリーしながら熟成

 

トロピカルフルーツや 白桃の香り  厚みのある口当たり 生き生きとした果実味を感じる辛口です

さわやかな印象のなかにも 黒葡萄からくる ボリューム感があります

 

2018年 オイスターワインコンテストにて 岩牡蠣特別賞を 受賞

うなずけます

 

 

エチケットがまた おしゃれですよね

ロンドンの ブラックキャブ ならぬ ホワイトキャブ

THE WHITE CAB.

ピリオドが 赤いのは 赤ワイン用の葡萄 つかっているよ~という

秘密の暗号 みたいな ノリです

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

アサラ  ASARA

 

1691年設立、5ツ星ホテル併設の老舗ワイナリー

ブランド名である『ASARA』は、天・地・太陽の神のシンボル、『Astar, Asis, Asase』より名付けられました。

南アフリカ南西のケープタウンにほど近い、ステレンボッシュに180ヘクタールの畑を所有する、5ツ星ラグジュアリーホテル併設のワイナリーは、1691年設立、長い歴史を持つワイナリーです。
アサラのヴィンテージコレクションワインは全て自社葡萄。
ステレンボッシュを代表するカベルネ・ソーヴィニョンをはじめ、南アフリカでは生産の珍しいマルベック、ガメイなどを含む、11種類以上の葡萄品種を栽培しています。併設するホテルで使用する水を再生するシステムを搭載し、リサイクル水を使って葡萄栽培をしたり、各畑の区画にICチップを埋め込んで成長過程をドローンで管理するなど、最新システムを活用しながらワインの品質を高めています。
ホテルには、レストランや、ステレンボッシュ最大のジンバーなどもあり、アサラのワインと南アフリカのお食事もお楽しみいただけます。

 

 

 

白ワイン/フランス ドルーアン・ヴォードン シャブリ

 

シャブリのパイオニア ドルーアンのカジュアルラインのシャブリ

ドルーアン・ヴォードン シャブリ

Maison Joseph Drouhin  Chablis  de Vaudon 

 

 

 

 

 

 

 

2018年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

シトラスやミントの香り

キリっとしまったエレガントな酸味

フレッシュな果実味で ミネラル感も感じる

これぞ シャブリといった きれいな辛口

 

 

 

フランス ブルゴーニュ地方

葡萄:シャルドネ

 

2016年ヴィンテージが 2019年サクラアワード ゴールド獲得

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

 ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン  DOMAINE・DROUHIN・VAUDON

 

大昔、浅い海の底だったこのシャブリ地区の土壌は、貝殻の化石を無数に含んだ粘土質と泥灰質が交互に層を成し、表面は石灰岩の破片におおわれたキンメリジヤンと呼ばれる地層から成り立っています。

 

ここのぶどう畑は、曲がりくねった渓谷の景観で、セラン川の両側斜面に位置し日照に恵まれています。

 

そのため、良質でしっかりしたワインを生み出すシャルドネ種のぶどうを育てることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に手摘みで収穫されたぶどうは、フレッシュで繊細な味わいを表現するため、シャブリ地区内の自社ワイナリーで圧搾し、果汁はボーヌにあるセラーに運び、それぞれの品質にあわせて、ステンレス、または樽で発酵・熟成を行っています。

 

現在、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは特級畑を3.4ha、1級畑8.4haを含む合計38.0haのヴィンヤードをシャブリ地区に所有し、シャブリにおいて大手メゾンで初めて有機栽培を実現しています。(2007年全自社畑においてビオディナミ栽培への移行完了)

〈ドルーアンとシャブリ復興の歴史〉 今でこそ世界中でその品質を認められているシャブリ地区ですが、1885年のフィロキセラの発生や第一次世界大戦によりぶどう畑は荒れ果て、誰もが評価していない時代がありました。

 

1960年、ドルーアンの3代目社長であるロベール・ドルーアンはシャブリ地区を訪れ、そのテロワールの可能性を確信。

 

古代から受け継がれてきた地図の研究、長年この地で栽培を行っているぶどう栽培者達からの情報の収集、消滅してしまったぶどう畑から造られた古いワインの試飲、といった骨の折れる調査を経て、シャブリ地区最高の場所に自社畑を購入しました。

 

 

ここは70年代、政治的に拡大されたキンメリジヤン土壌ではないシャブリ地区とは大きく異なる貴重な畑なのです。

 

 

 

白ワイン/フランス  シャトー・クープローズ シャン・デュ・ロワ

 

アニメ 借りぐらしのアリエッティにも登場した 可愛らしいラベルも人気

シャトー クープローズ シャン デュ ロワ   

Chateau Coupe Roses Champ du Roy

 

 

 

 

 

 

 

2019年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

ミュスカの華やかな香りが感じられ、グルナッシュブランの安定した酸と果実味、ミネラルが心地よい。

ラングドックの中でも 標高の高いエリアに属する ミネルヴォワ

グランクリュクラスに匹敵する畑です

 

香りは力強く 果実の厚みのある口当たりですが 豊かな酸味があり 全体的にエレガントな辛口にしあがっています

 

フランス  ラングドック地方  AOC ミネルヴォワ

葡萄:グルナッシュ・ブラン60% ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン40%

 

 

標高450で栽培された南仏の地場葡萄グルナッシュブランと薫り高いミュスカ・プティグランを使用。

ブドウは、地元ではクープローズ粘土質と呼ばれる、マンガンを多く含み紫色を帯びた土壌で栽培されています。

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

シャトー・クープ・ローズ Chateau Coupe Roses

 

シャトー・クープ・ローズは400年以上前に創業。

1975年に村で最初に自社詰めを始めた歴史あるドメーヌです。
現在は、フランソワーズ・フリッサン氏と息子のマティアス氏により、ワイン造りを行っています。
シャトーのあるラ・コネットの町は、ミネルヴォワの中でも、非常に高度の高い250m~450mの高地にあります。
シャトー・クープ・ローズの畑の総栽培面積は47ha(2019年現在)。
また、畑の中央には古代ローマ人(ROMAIN)や西ゴート族(WISIGOTH)が使用した街道跡が残っており、多くの遺跡も発掘されます。
オーナーのパスカル氏はロワールのトゥーレーヌ出身で、名門モンペリエ大学にて醸造学を勉強しました。
また、ジュラにてワイン造りを経験しています。
2017年に引退し現在は隠居生活を満喫しています。
奥さんのフランソワーズさんは、モンペリエ大学にて農業工学を専行、その後ENITIAAにて、農業における工業学を専攻しました。
ENITIAA卒業後は再びモンペリエ大学にもどり、商学部にてマーケティングを勉強しました。
現在は息子のマティアス氏・娘のサラ氏も加わり、親子で力を合わせてワイン造りに励んでいます。
マティアス氏は栽培・醸造責任者、サラ氏は醸造および経営に携わってます。
クープローズの考えは「ワインは畑で造られる」ということ。90年代半ばにはオーガニック認証を取得。
ワインはますます繊細で綺麗な果実と酸の引き締まった味わいになりました。
醸造家:フランソワーズ・フリッサン と 家族

白ワイン/イタリア  センスアーレ モスカート

 

爽やかな甘みが 心地よい 微発砲の白ワイン

センスアーレ モスカート

Sensualeb Moscato

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

爽やかで 優しい甘さの 白ワイン

少しだけ 微発砲です

 

 

なんだか 最近 甘口ワインをお求めの方 多いです

 

その一つの理由が お酒が得意でない奥様のために購入したいという理由

 

スティホームで ご自宅で 飲み機会が増えて 夫婦で飲むなら ワイン を飲みたいということになるのだそう

 

夫婦円満に ワインが  役に立つなんて 嬉しい!!! です 💓

 

 

イタリア バジリカータ州

葡萄:モスカート・ビアンコ

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

畑はヴェノーザ村にあります。

標高500mで、ピエモンテのアスティと同じように冷涼な気候です。

粘土の多い火山性土壌で、カルシウム、窒素、凝灰岩が豊富です。

葡萄が傷つかないように小さなカゴを使って収穫します。

やわらかくプレスした後、すぐに発酵に移ります。

これはモスカートに特有な豊かなアロマを保つためです。

発酵、熟成ともにステンレスタンクで行います。

発酵中に温度を下げて、酵母の活動を止め、発酵を終えます。

素晴らしいアロマを保つため、フィルタリングの回数は出来る限り少なくしています。

輝きのあるゴールデンイエロー。

桃や洋ナシ、マンゴなどの豊かなフルーツのアロマ、そしてもちろんモスカートの持つエキゾチックなニュアンスも感じられます。

採れたての果実を思わせる新鮮な果実味、心地よい甘さがあり、とてもバランスが取れています。

ワインだけで楽しむことも出来ますが、果物やスイーツ、チーズのお供に最適です。

ラベルとキャップシールに、ハートが描かれています。フリッツアンテ(弱発泡性)となり、より爽やかな味わいです。

 

 

ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ

2010年  アブルッツオ州のワイナリー ファルネーゼが、破産したバジリカータの農協に出資し、スタート

 

「恵まれた畑とポテンシャルの高い葡萄アリアーニコ」
・・イタリア南部に位置するため日中は十分な日照があり、夜は内陸部で標高500m以上と高いため気温がとても低くなって、昼夜の寒暖差が大きくなります。
また、何世紀も前におこったヴルトゥーレ火山の噴火により、ミネラルが豊富な土壌がもたらされました。
さらにすべてが斜面にあり、水はけがとてもよくなっています。
「バジリカータは素晴らしいエリアで、アリアーニコは非常にポテンシャルの高い葡萄。
ネッビオーロのような力強さがあり、非常に長く熟成出来る」とデニスは話していました。
「樽へのこだわり」・・樽は、毎年フランスのメーカーを訪問し、一番良い木材を選び、樽の焼き具合も自分達で決めています。
また、樹齢の古い板の方がより豊かなテクスチャをもたらすので、出来るだけ樹齢の古い木の板を使うようにしています。
樽材は、アメリカンオークを使用します。
「洞窟のセラー」・・町のある丘には500年前の雪の貯蔵用の洞窟を利用した樽熟成用セラーがあり、2011年から使用しています。中が非常に涼しく、季節を問わず16~18度程の一定の気温に保たれていて貯蔵に最適です。
「ヴェゼーヴォのアリアーニコとの違い」・・カンパーニャのヴェゼーヴォも火山性土壌で、アリアーニコを栽培していますが、カンパーニャはトゥーフォ(火山灰が堆積してできた凝灰岩の細かなパウダー状の土)で、ワインはより複雑なスパイシーさ、エレガントさが備わります。
対して、バジリカータは火山性土壌に石灰と鉄分が混ざった土で、ワインは肉厚で骨格あるボリューム感と柔らかさが備わります。
<評価>
「ヴィニエティ・デル・ヴルトゥレはオルトーナ村のファルネーゼ・ヴィーニのグループに属する。このグループはアブルッツオ、カンパーニャ、シチリア、プーリアに高品質ワイナリーを多く所有している。最近アチェレンツァ生産者協同組合の醸造所を購入し、拡張して、地元ブドウ栽培家からブドウを購入してワインを造るための醸造所と司令部を作り上げた。質においても、量においても重要なワイナリーで、国際レベルでヴルトゥレの規範となることが目標だ。」
「ガンベロ ロッソ イタリアワインガイド2018」より

 

 

醸造家:デニス ヴェルデッキア

 

赤ワイン/フランス    ティエリー・ランドリ シノン・キュヴェ・デ・クロゾー

 

ジューシーでポップ 食事が楽しくなるワイン

ティエリー・ランドリ  シノン キュヴェ・デ・クロゾー

Thierry Landry Chinon Cuvée des Closeaux

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

華やかな香り

抜栓すると ぱーっと開いたバラの花をイメージします

口当たり やさしく ジューシー

嫌味がなく 心地よく飲めます

 

ビストロで ガブガブ飲んでほしいという 造り手の思いが伝わる

そんな味わい

 

 

フランス ロワール地方

葡萄:カベルネ・フラン 100%

6.8ha

平均樹齢30年

コンクリートタンクで9ヵ月間熟成

キュヴェ名の「クロゾー」は、ドメーヌ近郊のリウ・ディ(区画)の名前

 

 

2009年からビオロジック栽培(2012年ECOCERT認証取得)

収穫はすべて手摘み

除梗100%

天然酵母のみで発酵

無清澄、ノンフィルターでビン詰め

 

フランス国内ほぼ100%(パリやロワールのビストロやカフェ50軒程度、ワインショップ、個人のワイン愛好家)

 

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

ティエリー・ランドリ  Thierry Landry

 

1995年に家業のドメーヌを継承して、本格的に自社ビン詰めを開始したシノンの新世代、ティエリー・ランドリ。
「幸いにして家族が所有していた畑は、シノンに多い砂質・砂利質の平地畑ではなく、粘土石灰質(白亜質)の斜面畑でした。洗練された花の香りや上質な果実味、艶やかなタンニンといったカベルネ・フランの美質を開花させるには、どうしても粘土石灰質が必要なのです」。
「とはいえ粘土石灰質のシノンは、醸造にリキみすぎると、何年も経たなければ開かないような重すぎるワインになってしまいます。私が造りたいワインは評論家向けの観賞用ワインではなく、ホームパーティーとかビストロとかで、うまい料理と一緒に仲間とガブガブ楽しんでいただけるワインですので、マセラシオンは極力短くし、抽出を控えめにしています。スタンダード・キュヴェには樽も使用しません」。
いわば「テロワールの良いとこどり」をして、その分コストパフォーマンスを向上させようという彼の明確な目的に対し、ビオロジック(無農薬)栽培、完全除梗、天然酵母のみによる発酵、ごくシンプルな醸造、無清澄・ノンフィルターでのビン詰めといった各要素が、それぞれ自然に補完し合いながら、バランスよく組み立てられています。
「自分で考えたんだけど、どうかな・・」というラベル上部のロゴにも、彼の思いがよく表れています。
BGMのシャンソン、ナイフとフォークのカチャカチャという音、笑い声。まろやかで洗練された彼のシノンを飲むと、パリやロワールのビストロの情景が、眼の前に広がるようです。

 

醸造家:Thierry Landry

ページ
トップ