“2017年10月”の記事一覧

ホッピー・アートランド2017-11

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの11月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017-11のアーティストはポーランド在住のマヤ・ヴロンスカ】

マヤ・ヴロンスカはポーランドを拠点に活動するアーティスト。

建築家でもある彼女が描く都市と建造物の水彩画には温かみがありファンも多い。

都市と建築物の「歴史」に着目しロンドンやパリ、プラハなどの古い街をカラフルに描いてきたが、今作では世界中の名建築が点在する架空の大都市をイメージ。

ビルのようなホッピーボトルを中心に、東京タワー、エンパイアステートビル(NYC)、ピラミッド(エジプト)、ピサの斜塔(イタリア)などを描いた。

「東京には歴史も進化もあり、まさにホッピーそのもの。東京以外の日本の都市についても知りたい」とコメントを寄せた。

 

=======================================

「ホッピーとかけまして、台風と雨でつらい夜とときます。その心は、あけない夜はないのです♪♪」

・・・・おあとがよろしいようで。

今夜もまたよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

惣誉(そうほまれ)酒造さんとお取引が始まりました「ひやおろし生」

 

 

酒屋として大変にありがたく思っております。

日本酒の製法の自然派ともいえる伝統的製法「生酛(きもと)」づくりのお酒で高く評価されている、栃木県の惣誉酒造さんのお酒を販売させていただけることになりました。

なんでも、世界の三ツ星レストランのソムリエさんなどに支持されてメニューにオンリストされており、ニューヨークで最高級といわれるお寿司屋さんにも選ばれる日本酒蔵さんなのだそうです。

味わってみれば、これまで世界で受けるとされて来た、いわゆるフルーティ系とは一線を画す味わい。通好みとも呼べる、飲みあきしない、料理と一緒に楽しめる味わい。

先日、新聞に燗酒の話が掲載されておりましたが、生酛系の純米酒は案外ハンバーグあたりには赤ワインよりも合うのだとか。

また、イタリア人に魚介類を煮込んだイタリア料理、アクアパッツアとともに燗酒を提供したところ「こんなにおいしいイタリアンは初めてだ」と絶賛されたのだそうです。

惣誉酒造さんのお酒は、まさにそんなシンプルな味わいのイタリア料理に合うお酒といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【惣誉 ひやおろし 純米大吟醸 生酒 五百万石】1800ml@3000円+税 720ml@1500円+税

このお酒は生酛づくりではありません。それでもその飲みあきしない、繊細でやわらかな旨みを感じる味わいは、この蔵ならではの味わいの傾向があるように思います。

メロンのような上品な香りが特徴。生酒ならではの風味でしょうか。

生酒なので冷やして飲むのが基本なのでしょうが、個人的には軽く燗を付けた方が断然好きです。

せっかくの生酒にもったいないような気もしますが、オリーブオイルを使うイタリア料理には燗酒にした方が、なんだかうっとりするような相性の良さを感じるのです。

いわゆるフルーティな味わいのお酒ではありませんが、世界の三ツ星レストランのソムリエさんに選ばれる理由がわかるような気がしている次第です。

他のお酒も順次このブログでご紹介させていただきます。

 

「惣誉 ひやおろし 純米大吟醸生酒」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」まるで格言のモデルケースだ!

 

 

日経平均株価は今週ついに22,000円を突破。

まさに「押し目待ちに押し目なし」の様相。まるで格言のモデルケースのようだ。

 

 

 

 

 

 

この状況を経済状況や政治情勢からの因果関係として説明するのは無理があると思う。市場心理や、信用取引の取り組みなどのテクニカルな要因が影響しているとみられるからだ。

相場の値上がりに起因するペイントレードと呼ばれるようなプロの買い、信用や先物、オプションの買戻し、そこに個人の転売がスケールアップで入って来るような、いわゆる回転が効いている過熱感のない健全といえる取引が続いている。

東京証券取引所を設立した渋沢栄一は、「取引所設立初期に活躍した人々は、すべて無学であった」と記している。人々は米相場で身に付けた長年の知恵を頼りに取引した。

これは米国の株式市場で活躍したジェシー・リバモアなども全く同様であり、市場心理を読み解くことの重要性を記している。

そんな智恵は市場参加者にとって、経済学以上に重要と言えるのかも知れない。

日経平均株価は値上がりを続けている。そして高所恐怖症ぎみの市場心理。この恐れを抱いている市場心理の相場はまだまだ強そうだ。

ある証券会社では個人投資家の待機資金が過去最高水準に積み上がっているという。また、いわゆるクジラの買いも控えているようだ。

日経平均株価がもし調整すれば、押し目買いが待っているということだろう。ジリジリとしたしつこい値上がりになりそうだ。

一方、中小の成長株では景色がちょっと違うようだ。

急激に値上がりした銘柄を売り、他の銘柄を買うようなオペレーションが行われているのだろうか。決算発表を前に理不尽に売り叩かれているような印象の銘柄がある。

業績次第ではあるが、こちらも再帰的な上昇に加えて、業績相場が期待できるということではないか。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「奥野田ワイン」クリーム系うまみとのマリアージュ

 

 

最近の若い人は美味しいものをよく知ってるんですね。

うちのお兄ちゃんはフェットチーネと呼ばれるきし麺みたいなパスタが「これヤバイっす!」なんです・・・・・どこで食べたんだか?

そんなことで我が家では、たびたびフェットチーネが食卓に上ります。キノコ本番のこの時期には、クリームを加えて煮詰めた旨みたっぷりのキノコのクリームソースで食べるとこれまたおいしい。

そこで、今回は旨みたっぷりなフェットチーネのキノコのクリームソースにおススメしたいワインをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

<フェットチーネ きのことホタテのクリームソース>

一般的に濃厚なクリームソースには、樽風味のきいたシャルドネなどのリッチな味わいの白ワインが合うとされております。

また、重くない赤ワインや辛口のスパークリングワインも合うという人もいます。

つまり、重い白ワイン~軽めの赤ワインのレンジということなのでしょう。クリームソースに粉チーズをたっぷり振りかければ、もちろん軽めの赤ワインにより合うようになるわけですね。また、その反対が白ワインなのでしょう。

そこでワインのおススメはこの三種類。

 

 

 

 

 

 

左から

【奥野田葡萄酒 桜沢シャルドネ】

自社農園産のシャルドネをオーク樽で発酵、丁寧にバトナージュを繰り返し、およそ半年間のシュールリー期間を経てなめらかな味わいの白ワインに仕上げました。

よく熟した果実由来の柑橘類やハーブ、ミネラルの香りと、樽由来のバニラやナッツ、キャラメルなどの香りが溶け合い、複雑さを醸し出しています。心地良い酸味と豊かな果実味、ほのかな苦味のバランスがとれたコクのあるリッチな仕上がりです。

 

【奥野田葡萄酒 奥野田ロッソ】

甲州市収穫メルロ85%カベルネ・フラン15% 赤/ミディアムライト

熟度の高いメルロ、カベルネ・フランをバランスよくブレンドし、樽を経由せずにボトリング。

プラムや生イチジク、ローズヒップを思わせる香りと共にセルフィーユ、タイム、クローブなどのハーブのニュアンス、白コショウのスパイシーさとタバコの様なスモーキーさも感じられます。柔らかいタンニン、奥行きのある酸味と果実味が調和したナチュラルな味わいの赤ワインです。

 

【奥野田葡萄酒 ロゼ・ダムール】

自社農園日灼圃場収穫カベルネ・ソーヴィニョン100% スパークリングロゼ/辛口

自社農園で収穫したカベルネ・ソーヴィニョンを100%使い、瓶内二次発酵による伝統的なシャンパン製法で美しいピンク色のエレガントなスパークリングワインに仕上げました。

野イチゴを思わせるチャーミングな香りと繊細できめ細かい泡立ち、奥行きのある味わいが特徴のロゼスパークリングワインです。

 

クリーム系の旨みあるお料理に、塩山で造られる本格派ワインは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「Ch・ド・ブロンドー2008」ボルドーのお得な熟成ワイン

 

 

「ボルドーワインは高い!」・・・・・・確かに格付けされている有名ブランドのボルドーワインは高価。しかし、これは必ずしも正しいイメージではないようです。

そう、ボルドーは広いのです。高価で格付けされているワインとは、メドックなどにあるごくごく一部のワインのみ。

また、ボルドーワインでもっともメジャーなぶどう品種はメルローなんですね。

と言うことで、お得なボルドーワインのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【シャトー・ド・ブロンド―2008】メルロー100% 蔵出しの熟成酒

ボルドーのアントル・ドゥー・メールのワイン。この地はお手頃ボルドーの産地として知られているのだそうです。

ちょっと話がややこしいのですが、特筆すべきはこのワインが、ワイン業界のグルとも呼ばれる著名評論家のロバート・パーカー氏が個人的に好きなワインである「ドメーヌ・ド・クルティヤック」のセカンドワインであること。

そして、もう一人のグルであるワインコンサルタントのミッシェル・ロラン氏のラボ(研究所)のスタッフと共同で造っていることでしょうか。

そのテロワールはアントル・ドゥー・メールの中で一番高い場所にあり、サンテミリオンの高台にあるのとほとんど同じ条件なのだとか。

味わいの特徴は、樽熟成からくると想像される甘みでしょうか。凝縮感ある果実味と熟成感がバランス良く溶け込んでいる印象です。

メルローから造られる飲みやすくて熟成感を兼ね備えたお得なボルドーワインです。価格は千円台。

 

カジュアルに楽しめる蔵出し熟成ボルドーワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 512345
ページ
トップ