“酒場放浪記系”の記事一覧

お蕎麦屋さんの魅力”蕎麦前”

 

 

この厳しい環境下にあって、街場にはたくさんの昔ながらのお蕎麦屋さんが頑張っておられます。

なぜお蕎麦屋さんばかりたくさん・・・・・・?とも思うのですが、やっぱり魅力的なんですね。

お蕎麦が美味しいこともさることながら、その雰囲気や蕎麦前のアテがお酒を一層おいしくしているとも言えるでしょう。

その証拠に休日の昼下がりともなれば、街場のお蕎麦屋さんには、ご同輩の方々がお酒の入ったグラスを片手にまったりとしておられるではありませんか。

「蕎麦前」の文化は確実に受け継がれているんですね。

 

 

 

 

 

 

そんなことで、酒屋のオヤジもご近所のお蕎麦屋さんにお邪魔させていただきました。”美味しい”と評判のご近所の方々はみんな知ってるお蕎麦屋さんです。

家にいてTVで野球を見ながらイッパイなどとは、まずもって不可能。しかし、お蕎麦屋さんではそんな夢みたいなことが出来るのだからうれしい限りです。

先ずは「そばフライ」をポリポリとアテにしながらの生ビールでしょうか。蕎麦の風味とポリポリした食感が生ビールにうれしい。

その後には蕎麦前としてのメインとも言える「天ぷらの盛り合わせ」。お蕎麦屋さんの天ぷらはおいしいですね。

お酒は日本酒や焼酎でもよいのですが、ワインを選択。今どきのお蕎麦屋さんではワインも楽しめるのです。

天ぷらにワインのマリアージュはなかなかどうして。またそのサクサクとした食感はプロの仕事。

お蕎麦屋さんならではのボリュームです。それでもう十分な気もしたのですが、せっかくのお蕎麦屋さんです。〆のお蕎麦もいただくことにしました。

春を感じさせるお蕎麦は、これまた〆として十分な満足感がありました。

まったくもって大人の飲み方とも言えるお蕎麦屋さんの「蕎麦前」には、その安定感のある落ち着いた雰囲気、期待に応えるぶれない料理と、ディープな大人の世界があると感じた次第です。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

業務用ホッピー1ケース20本入りへ

 

 

業務用ホッピーが30本入りから20本入りになります。

 

 

 

 

 

 

【業務用ホッピー 1ケース20本入り】

このサイズの素晴らしいところは、大手ビールメーカーの瓶ビールケースに重ね積みができること。

広いスペースを取りにくい居酒屋さんのストックスペースで、瓶ビールのケースと重ねて置けるのですから助かります。リユースされる瓶の形もやや細長くなりました。もちろんケース単位での持ち運びも楽になったわけです。

業務用ホッピーの素晴らしいところは、リユースされる瓶(リターナブル瓶)を使用しているため、王冠以外にゴミとして出さなくても良いことでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回収された業務用ホッピー瓶は、洗浄、検査の後、再利用されます。古くなった瓶は砕かれカレットにしてガラス瓶工場に送られ、新しい瓶に生まれ変わります。

エコでサステナブルなシステムが昔からあるんですね。

ホッピーとは良質なドイツ産モルト、最高級ドイツハラタワ産アロマホップから醸造される、さわやかな苦味のアルコール分0.8%の清涼飲料水です。

甲類25度の焼酎で割って飲むのが伝統的なホッピースタイル。本格焼酎、ジン、ウォッカ、リキュールなどで割ってみるのも楽しい冒険です。

カチンカチンにジョッキを冷やし、キンキンに冷えた焼酎とホッピーをそそいで、かき回さず、氷を入れず、レモンも入れず、が美味しい飲み方。

ホッピー3つのハッピー①低カロリー ②プリン体ゼロ ③糖質1.5%

必要スペースの少なくなった業務用ホッピーは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「陶陶酒マカストロング」これがうわさのスタミナハイボール

 

 

お店さんによってネーミングは違うのだそうですが、炭酸水で割って「スタミナハイボール」もしくは「ゼツリンハイボール」と呼ばれるチューハイで、その実感できるところが人気なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【アンデスのチカラ マカ ストロング 陶陶酒】Alc29% 720ml @2450円+税

クジャクが綺麗な羽を広げるように、生物学的には発情期とか繁殖期になるとそれまでになく魅力的になるのだそうです。やっぱり生物の世界に生きる”モテるやつ”とはそうゆうことなのでしょう。

男女に関係なく魅力的でいたいなら、元気なことがまず必要なんですね。

そんな理由なのかどうか、陶陶酒の営業さんの話では、飲食店さんでこの「マカ」でつくるハイボールが人気なのだそうです。

なぜサワーでなくハイボールかといえば、たぶん味わいがウイスキーっぽいからでしょう。

説明書きには「お食事前、お寝み前に毎日続けてお飲みください。健康な毎日がお過ごしいただけます」とあります。

「どうせ飲むなら身体に良いもの」と考える方におススメしたいお酒です。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

すっぱい系な温かいチューハイ

 

 

きのうはいくらか過ごしやすいお天気だったのですが、今日はまたほんとうに冷えますね。

そんな気候のためなのか、なんだかお疲れの方も多いように見受けられます。

 

そこで、身体を温め、なおかつ疲労回復の効果が期待できる「すっぱくて温かいチューハイ」のご提案です。

 

 

 

 

 

 

【「はちみつレモネード原液」「チューハイベースシロップすっぱいしそ」「金宮25度好きやねん」】

 

「はちみつレモネード原液」は、原料に「シチリア産レモン」と「国産はちみつ」を使用した、焼酎用の割り材としてはプレミアムクラスのシロップです。

高価な国産ハチミツのサッパリとした甘味と、爽やかでしっかりとした酸味が、いかにも身体にやさしそうな印象の味わい。

 

「チューハイベースシロップ すっぱいしそ」は、シロップながら甘くないドライな味わい。しそのやや苦味のある風味が効いています。

他の「梅シロップ」や「しそシロップ」が甘すぎると感じる方におススメしたい商品です。

 

どちらも 5倍希釈用。焼酎、シロップ、お湯で、身体をぽっかぽかにしてくれて、なおかつ疲れを癒してくれるような味わいのチューハイが出来上がります。

お疲れ気味の寒い日の夜に、「すっぱい系な温かいチューハイ」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

Hoppy New Year

 

 

ホッピーさんからマンスリーメッセージをいただきました。

dsc_0264

 

 

 

 

 

 

2017年もやっと今日から本格的に動き出す感じでしょうか。

皆様 「Hoppy New Year」でございます。

・・・・・ことしもホッピー飲んで、うだうだ言って終わりそうではありますが、それこそがHoppyならぬHappyな人生なのかも知れませんね。

あるホッピーファンの方から聞いたお話なのですが、あのアルフィーのタカミーさんもまたホッピーが大好きなのだとか。

なんでも、まだ売れない時代に夢を語り合いながら飲んだのがホッピーだったのだそうです。

ホッピーさんからのメッセージは:

「ホッピーでハッピー」「ハッピーにホッピー」「ハッピーなホッピー」「ホッピーはハッピー」「ホッピーのハッピー」「ハッピーはホッピー」「ハッピーがホッピー」「ハッピーをホッピーで」「HOPPY HAPPY 2017」

ホッピーでハッピーなことが、今年もたくさんありますように。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3312345...102030...最後 »
ページ
トップ