“2010年12月”の記事一覧

2010年、志向の多様化幅拡大!

酒屋にとって前年に引き続き厳しかった2010年もアッという間に過ぎ去りました。早かった!

写真は新しくなった酒倶楽部ステップの看板です。蕨の北小近くのゴジラがよじ登っている家で有名な㈱ツカサさんにお願いしてキレイにして頂きました。流石は評判の看板屋さんです。いい仕事してますね!

2010年も今日で終わりですが、酒屋にとっては予想はしていたのですがやっぱり厳しい年となりました。しかしリーマンショックの2008年以降では酒類の市場に新しい芽が出始めた年かも知れません。

酒類に対する志向がこれまで以上に多様化してきたのです。

ワインや焼酎のブームは去りましたが、両方ともに完全に定着しました。ウイスキーもハイボール人気からサントリーさんの一部ウイスキーが割り当てになるほどの人気。スコッチ・ウイスキーを好む若い人も増えて来ています。その他マッコリ酒やホッピーと日本人の飲むお酒は今やバラバラ。

普段に飲むビール系飲料はホッピーも含めた健康志向に傾き、地酒を志向される方々も特定銘柄にこだわらなくなってきたと感じます。

また、ノンアルコールビールやノンアルコールワインも本年度あたりから当たり前にある商品になったようですね。

これだけ志向が多様化すると正直酒屋も大変です。それぞれのジャンルで様々なタイプがありますからね。上記以外にもアイスワインや貴腐ワイン、シェリー、梅酒なども含めたリキュール、中国酒、スパークリング清酒・・・・・・・・・・etc。とても全ての問い合わせには対応できないのですが、専門分野での問い合わせを頂けるのですから幸せなことだと感じます。

もし、日本の酒飲み全員がビールしか飲まなかったら、ビールの価格と味わいだけの競争となり、街の酒屋はもっと厳しい状況にあったと思います。それに比べると志向の多様化は対応するのは大変ですが、街の酒屋には良い傾向なのです。

今年は記録的な猛暑となりましたが、期待に反してビール系飲料は予想されたほどの売れ行きではありませんでした。しかし酒倶楽部ステップではホッピーがお陰さまで過去に経験がないぐらいの販売量となりました。

どこの市場でも「倹約」「健康」は当然のキーワードですが、志向が多様化し過ぎていて「ビール系飲料は・・・!」みたいな一つの物差しでは測れない状況なのかも知れません。

来年もこの傾向は続き、志向の多様化された酒類市場は益々幅を広げて行くのだと予想されます。酒倶楽部ステップでも出来る範囲で皆様の志向に答えられるよう頑張りたいと思います。もちろん幅だけでなく、より奥深く掘り下げていきますよ!(喝)

末筆になりましたが、健やかでよい新年をお迎えください。そして来年も宜しくお願い致します。



にほんブログ村 酒ブログへ

「八一 吟醸」旨い酒でLet’s happy お屠蘇気分!!

新春にじっくりと味わいたい旨い酒です!

「八一(やいち)吟醸」 一升 3,150円  720ml 1,575円

当店、酒倶楽部ステップの品揃えの基本方針は、「体に優しく、和食などデリケートな味わいにもあう、上品で優しい味わいの酒」。この基本方針の代表銘柄といえる清酒がこの「八一吟醸」なのです。

蔵元である長岡の高橋酒造さんでは、名杜氏の平澤清一さんや蔵人達が自然農法を基本とした酒米作りを自ら行い、越後の豊富で澄んだ地下水と雪深い冬の気候を生かして手造りにより酒造りが行われます。この「八一 吟醸」の原料米である「一本〆」も平澤さんの田んぼで栽培された酒米。

シルクのような滑らかさがあり、穏やかで淡麗さのある印象なのですが、その後しみじみとお米の旨味が伝わってくる味わい。日本酒つうの方の中には「吟醸はどうもね~!フルーツっぽくってね!!」といったイメージをお持ちの方もおられますが、この「八一 吟醸」はそんな方に特におススメ。穏やかで上品な味わいなのです。

この「八一 吟醸」のファンの一人であるジャーナリストの櫻井よし子さん曰く、「すすっと氷をすするがごとく飲み口が良いお酒。我が家でこれを飲んだお客さんは「一本ちょうだいね!」と言ってよく持って帰るんですよ。」とのこと。

また「八一 吟醸」はこの上品で穏やかな味わいが、お料理の味わいをとっても引き立てるのです。新年のご挨拶にみえたお客様とおせち料理を前に一献かたむけるのには、普段清酒を飲みつけている方にも、普段清酒をあまりたしなまない方にも十分に満足して頂ける味わいだと思います。

そして造りの良い酒は酔いざめも爽やか!じっくりと旨い酒とともにお屠蘇気分を楽しみたいのなら「八一 吟醸」ですよ!!

名前の由来である書家の會津八一さんと同じぐらいマニア受けするお酒かも知れませんが、同じぐらいの深い味わいがあるのですぞ!ハマりますよ!!



にほんブログ村 酒ブログへ

「琉球泡盛 8年古酒忠孝」旨い酒でハッピーお屠蘇気分!

平成22年度 泡盛鑑評会 県知事賞受賞の泡盛。限定品です。

琉球泡盛 8年古酒忠孝 43度 720ml 忠孝南蛮荒焼甕入り(ちゅうこうなんばんあらやきかめ) 9,800円

平成22年度の泡盛鑑評会の「古酒の部」において、40酒造所から出品された73点の古酒の中から、特に品質の良かった5酒造所に与えられる最高賞の「県知事賞」を受賞した忠孝酒造さんの泡盛古酒。

8年古酒とありますが実際には古酒のブレンドで、8年古酒を70%、22年古酒を30%の割合で絶妙の味わいを表現しています。バニラのような香りを強く持つ8年古酒をベースにして、甕貯蔵されたまろやかで濃厚な味わいの22年古酒をブレンド。

初めの口当たりは8年古酒から来る華やかでキレイなバニラを想わせる味わいが感じられ、口に含むと22年古酒の濃厚でまろやかな印象。後味は8年古酒のキレの良さとキレイなバニラ香が余韻として長く残るのです。

まさに絶妙のバランスを持つ泡盛古酒なのです。

忠孝酒造さんのスゴイところは、日本で唯一泡盛用の貯蔵可能な甕を手づくりにより自社でこだわって生産されているところ。

この忠孝酒造さん手づくりのキレイな自然の模様が出た忠孝南蛮荒焼壺に「8年古酒忠孝」は入っております。すぐに飲んでもちろん美味しい泡盛ですが、このまま自宅で寝かせれても更にまろやかさを増して行くのです。

飲み方は生のままチビチビがベスト。美味しいお水を横に置いて、たまに口の中をクリアにするのも良いですね。

度数は43度ありますが泡盛は食中酒としてもイケます。おせち料理をアテにしても十分満足できる優れた蒸留古酒なのです。

せっかくのお正月です。美味しいお酒で楽しいお屠蘇気分を満喫して下さいね!

にほんブログ村 酒ブログへ

樽酒入荷!スッキリとしてフレッシュな杉の香り!

今年もとうとう樽酒の時期です。清々しい香りとともに樽酒がステップに入荷しました。

酒樽からビン詰めして販売します。 長陵樽酒(ちょうりょうたるざけ) 一升 3,150円  720ml 1,575円

ステップ一押しの酒蔵さんである長岡の高橋酒造さんの樽酒です。

美味しい樽酒は、まず杉樽に使われる杉が上質でなければいけません。奈良の吉野杉を使用していて、杉樽になると内側が赤みを帯びたものが最良と言われています。その杉樽に注入する清酒はスッキリとした淡麗辛口の酒。杉の清々しい香りとマッチしてリフレッシュさせてくれるような樽酒らしい味わいの樽酒になるのです。

淡麗辛口で上品な味わいを特徴とする長岡の高橋酒造さんの酒は、まさに樽酒に理想的。飲めば新年の自分自身に気合が入るようなキリっとした味わいなのです。

樽酒の中には、ややすえた感じや酸化した感じのコクを重視した味わいの樽酒もあります。そちらはそちらで美味しいのですが、やっぱり新春を迎えるにあたっては、スッキリとしてキレがよくフレッシュな香りの樽酒の方が良いですね。

酒倶楽部ステップには年末年始だけ、この樽酒のためにだけにご来店されるお客様もおられます。「この樽酒、スッキリしててうめ~んだよね~!今年も来たよ~!!」って言ってご購入されるんです。酒屋にはとっても嬉しい瞬間です。

新春に旨い樽酒タップリやって、新春から気合入れて行きましょう!



にほんブログ村 酒ブログへ

「ヴェレノージ」”うさぎラベル”人気造り手のイタリアワイン!

品のあるうさぎラベルの赤ワインです!しかも注目の造り手!

Rosso Piceno Velenosi 2009  ロッソ・ピチェーノ ヴェレノージ 2009 750ml 1,260円

ヴェレノージはイタリアのアドリア海沿岸のほぼ中心に位置するマルケ州アスコッリ・ピチェーノ地方のワイン生産者。ヴェレノージは国内外のワイン品評会や有名ワイン雑誌でトップ生産者として高い評価を受けている人気のワイン生産者なのです。

ぶどう品種はサンジョベーゼとモンテプルチアーノのブレンド。スミレのような紫がかった美しいルビー色。軽やかな口当たりなのですがスッキリとしたすみれの花を想わせる果実味が豊かに感じられます。飲みやすく、どちらかと言えば気軽に楽しめるタイプの、イタリアワインらしい味わいのワインです。

この「ロッソ・ピチェーノ ヴェレノージ」の売りは、その味わいもさることながら、うさぎが画かれた品のあるラベル。卯年を迎えるにあたり気になるデザインなのです。

毎年、ウイスキーなど干支がデザインされた商品が発売されるのですが、その年の干支によって購入される方が多かったり少なかったり。でも来年のうさぎは可愛いためか人気ですね。

お正月に来客のある家は多いようです。ワインが好きなお客様に、このうさぎラベルの高評価ワインをお出しすれば、とっても気の利いたおもてなしになると思います。

もっと言えば、ワイン好きの娘さんの帰省時や里帰り時には値段も高くないし、味も良いし、デザインも良いし、ちょうど良いお正月用のお酒になると思います。娘さんも喜ぶし!!



にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ