「オルサダ カリニャン」カリニャン100%の迫力

 

 

驚きのボリューム感です。

チリ産だからなのか、カリニャン100%で、しかも樹齢100年の古木から造られるワインが、これほどまでにリッチでボリューム感ある味わいとは知りませんでした。

アルコール度数はなんと15.5%。

かなり驚きのあるワインです。もちろん美味しい。

 

 

 

 

 

 

【オルサダ・カリニャン】カリニャン100%(樹齢100年)オッフェル・ヴィンヤーズ チリ マウルヴァレー Alc15.5%

2017年サクラアワード ダブルゴールド

ワインスペクテーター94ポイント

味わいはサクランボのリキュール、リコリス、黒色の果実とマッシュルーム等がミックスされたアロマが持続し、アプリコット、白桃、梨、ライチの含みを伴う。

エレガントで熟しており、風味はジューシーでまろやか。カシス、バニラ、ブラックカランとの含みを示し、たっぷりと熟したタンニンに複雑な後味の長い余韻が残る。

上質なワインが造れないと軽視されてきたカリニャン。その評価を見直すために造られたチリで初めての原産地呼称制度であるVIGNO(ヴィーニョ)のワインです。

VIGNO(ヴィーニョ)の条件:オーガニック、樹齢30年以上の古木を使用、65%以上カリニャンを使用、2年間の樽熟成または瓶内熟成など。

 

まずカリニャン100%のワインを他に知りませんが、カリニャン100%のワインがこれほど美味しいことも知りませんでした。密度があり厚みのある味わいと言うだけでなく、エレガントでバランスもスバらしい味わいのワインです。

チリワインの新しい流れはとても興味深いものがあります。このヴィーニョもその中で最も興味深いワインのひとつだと思います。

”カリニャン100%の迫力”を試されては如何でしょうか?

 

ページ
トップ