「D・マルチノル アンセストラル」ナチュラルな甘みのスパークリングワイン

ナチュラルな甘みで、やわらかな泡立ちの古代製法で造られる低アルコールのスパークリングワイン。ホントに癒される味わいなのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドメーヌ・ド・マルチノル メトッド・アンセストラル AL7.5% 750ml 2,300円

このブログで何回かご紹介させて頂いている酒倶楽部ステップおススメのスパークリングワインです。

修道士ドン・ペリニョンさんが、酵母を添加して瓶内二次発酵を促すシャンパーニュ方式を発見するより、はるか以前から伝わる製法であるアンセストラル製法で造られたスパークリングワイン。糖分や酵母、ブランデーやリキュールの添加を行っていないナチュラルなスパークリングワインです。

このスパークリングワインの最大の魅力は、やわらかでスムーズな飲み心地とナチュラルな甘み。糖分をのこして発酵をストップさせたことによりアルコール度数が7.5%と低く、気楽な気分で楽しめます。

 アルコール飲料の世界では好景気には淡麗辛口が好まれ、不景気になると甘口が好まれるといわれます。スパークリングワインのトップブランドの地域であるシャンパーニュでも最近はドゥミセック(ほんのり甘い~普通に甘い)が売れているのだとか。

日本でも新政権誕生でアベノミクスによる不況やデフレからの脱却が期待されまが、それでもまだまだ強い不況感は残りそうですね。それでも、アベノミクスによる過剰流動性での新たなバブルの発生で大儲け出来ることを期待して、今年のクリスマスにはバブリー(泡のも)で乾杯しましょうね(笑)!

頭が痛くならないのがホントにうれしいナチュラルさですよ!!

 

 

ページ
トップ