「貴腐ワイン モンバジャック」Xマスに酔う官能的な甘さ!

フランスの貴腐ワインといえばソーテルヌが有名過ぎるほど有名なのですが、そのソーテルヌの近くにモンバジャックという貴腐ワインの産地があります。驚いたことに貴腐ワインの歴史は、モンバジャックの方が古いのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・スービル ルー・ヴィエイユ モンバジャック 2009 AL13.5% 750ml (極甘口 白の貴腐ワイン) 3,150円

貴腐ワインの産地としてはマイナーな産地のためか、ソーテルヌと比べるとヒジョーにお求めやすい価格が最大の魅力でしょうか。味わいはソーテルヌ産の貴腐ワインと比べればややサッパリしている感じもありますが、その分飲みやすい。

質の良いワインで定評があるシャトー・スービルが数年に一度の良い年のみに造る貴腐ワイン。2009年が百年に一度の当たり年と呼ばれたのは周知のとうりですが、いま飲むのがもったいないほどのポテンシャルもあわせ持つワインです。

そのただ甘いだけでなく、様々なニュアンスを感じさせる複雑で、奥行きのある甘さは、大人のクリスマスにピッタリのワインといえます。

 最近のクリスマスらしく、シュトーレンやクリスマス・プディングをアテに飲るのも良いのですが、貴腐ワインとブルーチーズの相性の良さは、生牡蠣とシャブリぐらい有名ですね。また、フォアグラや生ハムなどをアテにしてもイケるし、野沢菜の漬物あたりでもちょっとシブ過ぎですが、おいしく飲れると思います。

でも本当に素晴らしいマリアージュは、温かいお部屋で貴腐ワインを片手に、食後に二人っきりで楽しむおしゃべりでしょうかね!

二人っきりのクリスマス・・・・・(笑)!電気を消して、キャンドルに灯りをともしたら・・・・・(汗)、そこからは・・・・ムフフの・・・・・スイート・クリスマスの始まり始まり・・・!  優雅な貴腐ワインを片手に・・・・官能的に・・・・そして雅に・・・・・・一晩中・・・・・複雑味のある甘さがおりかさなる、あま~い、あま~いスイート・クリ・・・おっとヤバイ(笑)クリスマスでした!!(失礼しました!汗)

みたいなことがしてみたかったと、今ごろ夢見てるイイ歳こいた酒屋のオヤジでした(汗)!

 

 

 

ページ
トップ