“甘酒”に関する記事一覧

「手づくりあま酒」健さんお気に入りの甘酒

 

 

在りし日の高倉健さんは、甘酒が大好きだったのだそうです。

全国から甘酒を取り寄せては、利酒ならぬ利甘酒をされていたのだとか。

そんな健さんが選んだ、お気に入りの甘酒がコレ。

DSC_0016

 

 

 

 

 

 

「こうじと井戸水だけの手づくりあま酒」 800g  @850円+税

原料に米麹と信州八ヶ岳系千曲川伏流水の井戸水だけを使用した、信州の老舗酒蔵が造る甘酒です。

その、さらりとした、しつこさのない甘みを、健さんは好まれたのでしょう。

甘酒としては、サッパリとした味わいなのです。また、お米の粒々が他の甘酒と比べて残っているのも、手づくりならではの特長でしょうか。

 

最近は甘酒が大人気で、いくつかの酒蔵さんでは甘酒の売り上げが、本業である酒類の売り上げを上回っているのだそうです。

甘酒の美味しさ、健康効果に注目されているためでしょうか。そのため、品薄状態が続いているとのこと。

特に手づくりとなれば増産が難しいのかも知れません。

酒倶楽部ステップでは、いまのところこの甘酒に限っては通常どおりの入荷があります。

 

高倉健さんが最も評価した甘酒「こうじと井戸水だけの手づくりあま酒」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「あまざけ」ひな祭りを楽しむ

 

 

「ひな祭り」とは、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事で、ひな人形を飾り、桃の花を飾って、白酒を飲み、色鮮やかなチラシ寿司やハマグリのお吸い物などの食事を楽しむお祭りなのだそうです。

ちなみに白酒とは、江戸時代あたりにも飲まれていた甘口のお米のお酒で、「しろざけ」と読み、中国の白酒(パイチュウ)とは、もちろん何の関係もない。

その昔には、主役である女の子も一緒に白酒を楽しんだのだと思いますが、今どき、まさか子供にお酒を飲ませるわけにはいきません。

そこで、同じお米から造られるアルコール分0%の伝統的飲み物である「あまざけ」のおススメです。

2015021811230000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【国菊 あまざけ】900ml

米麹と米だけで造られた、糖類などの添加物は一切加えていないアルコール分0%のあまざけ。

最近では、あまざけの美味しさだけでなく、美容や健康効果にも注目されている人気の伝統的健康飲料です。

飲み方は、そのまま、氷を浮かべて、温めて、牛乳わり、ヨーグルトに加えて・・・・・・・と様々な飲み方が楽しめます。

また、大人の楽しみ方としては、焼酎などに加えて、「あれっ!・・・どぶろく・・・か!?」みたいな楽しみ方もおススメですよ。

みんなで楽しむ「ひな祭り」で、白酒の代わりに本格派の「あまざけ」は如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「あまざけ」夏を乗り切る先人の知恵

俳句の世界では、「あまざけ」とは夏の季語。

その昔、夏になれば「あま~い、あま~い、あ~ま~ざ~け~」とあまざけを売り歩く行商は多かったのだとか。夏バテを防いだり、暑さで失った体力の回復に効果のある「夏の栄養ドリンク」として、夏の風物詩だったとのこと。

現在でも、あまざけに含まれるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして豊富なブドウ糖が、「飲む点滴」と呼ばれ注目されているようだ。

2014071113210000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

米麹と米でつくった本格甘酒 【国菊 あまざけ】 900ml @600円外税

この「あまざけ」はお子様でも安心して召し上がれます。それは、酒粕をお湯で溶いて砂糖を加えた甘酒ではなく、米を麹で糖化させる伝統的な製法の、糖類などの添加物は一切加えていない、まったくのノンアルコール飲料だから。

国産米と清酒用の麹を原料に使い、阿蘇山系の伏流水で仕込まれます。

よ~く冷やして氷を浮かべて飲むのがスタンダードな夏のあまざけの飲み方でしょうか。また、牛乳やヨーグルトとの相性も良く、ブレンドすればスッキリとした甘さになります。

酒造りのプロが米と米麹と水だけで造った夏の伝統的健康飲料「あまざけ」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「塩麹&甘酒」母の日にカーネーション+α

母の日が迫っております。準備はできてますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信州の老舗蔵が造る「甘酒」と「塩麹」のセット 975円

ギフトの場合には ↓ です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の日の定番の贈り物といえば「カーネーション」ですね。でも・・・カーネーションと一緒に、ちょっとした気の効いた贈り物も付けたいな!って時におススメです。

意外と「甘酒」や「塩麹」は、TVなどで紹介されて前々から気にはなってたんだけど・・・・・「なかなか自分じゃ買えないわ!」ってお母様方はおられるのではないでしょうか。

信州の老舗酒蔵である橘倉酒造さんが、手造りで生産する余計なものが一切入っていない「甘酒」と「塩麹」。工場生産のそれとは違う本物の昔ながらの商品です。

 正直、酒倶楽部ステップのような酒屋へは、「酒好きな人に喜ばれる酒を贈りたい!」みたいな贈り物のご購入を目的とされた方しかご来店されない感じもあります。もちろん、それはそれで有難いことではあります。

しかし、昨今は美味しい地酒よりも、美味しい酒粕の方が人気があったりするわけです。もしくは泡盛よりも泡盛の副産物で造られる黒酢の方が人気があったりするわけです。

推測するに酒蔵が造る酒以外の発酵させた健康食品が注目されているのだと思うのです。

「お母さんにいつまでも健康でいてほしい!」という思いも伝わるのではないでしょうか。

母の日の贈り物に「カーネーション」+「塩麹&甘酒ギフト」は如何ですか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ひな祭りを楽しみましょう!

女の子のお子様がおられるご家庭での「ひな祭り」は、特別な思いがあるのではないでしょうか。特にお子様がまだ幼い、可愛い盛りの女の子の場合には、その思いもひとしおですね。

また、おじいちゃん、おばあちゃんにとっても、可愛いお孫さんの「ひな祭り」のお祝いを楽しみにされている方は多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は最近人気の「米と麹だけの甘酒」と「麹だけの甘酒」。両方ともアルコール分は0%で、美容や健康に効果があると人気です。

「ひな祭り」のお祝いとか、「桃の節句」のお祝いと呼ばれますが、女の子の健やかな成長と、幸せな人生を願って、ご家族が集まってお祝いを催される方は多いですね。

もし、女の子も含めた家族全員で願いを込めて乾杯を行なうなら、写真にあるような健康や美容に効果があると言われ、なおかつ美味しい甘酒を乾杯に飲まれるのはいかがでしょうか。

女の子には常温でそのままか、牛乳で割ってサッパリとした飲み口に。お酒好きの大人の方には焼酎などで割って、にごり酒風にしても美味しいです。

また、甘酒は天然の甘味料ですので、手づくりのデザートなどにお使い頂けます。

目に入れてもまったく痛くないほどに可愛い女の子が、可愛くそして清楚に着物を着つけて、華やかな雛段をバックに、おしとやかに甘酒をすすっている姿は、日本でのみ味わえる感動の瞬間なのであります。

美味しい甘酒のご要望は、酒倶楽部ステップですよ!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3123
ページ
トップ