“ホッピー・アートランド”に関する記事一覧

ホッピー・アートランド2018-2

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの2018年2月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018-2のアーティストはニューヨーク州在住のクリスチャン・カラブロ】

クリスチャン・カラブロはニューヨークを拠点に活動するアーティスト。

コラージュアートの手法を高く評価され、アメリカ国内だけでなくスイスやデンマークなど海外でも個展を開催。

デジタル技術も駆使するが、世界中から紙素材を集めアナログでの制作に重きをおくこだわり派。

スイス人とイタリア人の血を引くこともアート制作において影響があるようで「自分の中のイタリア的な部分が予期できない作品づくりを楽しみ、スイス的な部分が形状や機能を理解して作品を形づくってくれている」と語る。

ビンテージ写真を利用した作品も多く、今作については「ホッピービバレッジの歴史を刻んだ昔の写真とロゴは、神の思し召しのように必然的なコラージュだった」と語った。

================================

毎日寒いですねぇ~

この時期のホッピーには、熱いぐらいのアテが旨そうですね。

・・・・酒場でやるホッピーとかけまして、都心の大雪とときます。その心は・・・・「帰れない!」

でも、雪かきの後のホッピーもまた旨そうです。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー・アートランド2018-1

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの2018年1月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018-1のアーティストはカリフォルニア在住のベン・クウォック】

BIOWORKZ の通り名で知られるアーティストのベン・クウォックはカリフォルニア州を拠点に活動するアーティスト。

繊細で緻密な点描画のような手法で描く作品で知られ、タトゥデザインやグラミー賞受賞のロックバンド、パール・ジャムのポスターアートを手がけるなど活動の幅は多岐にわたる。

野生動物の迫力や美しさ、骨格や筋肉などから受ける生体構造や機能性をインスピレーションに「より繊細かつダイナミックに描く」ことを意識しているという。

今作では2018年の干支である「戌」をテーマに世界的に人気を集める日本犬「芝犬」を描いた。

 

===================================

 

・・・・・・「ホッピーとかけまして、新年の願掛けとときます。その心は、アテがはずれないようにしたいものです。」

Hoppy new year

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー・アートランド2017-11

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの11月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017-11のアーティストはポーランド在住のマヤ・ヴロンスカ】

マヤ・ヴロンスカはポーランドを拠点に活動するアーティスト。

建築家でもある彼女が描く都市と建造物の水彩画には温かみがありファンも多い。

都市と建築物の「歴史」に着目しロンドンやパリ、プラハなどの古い街をカラフルに描いてきたが、今作では世界中の名建築が点在する架空の大都市をイメージ。

ビルのようなホッピーボトルを中心に、東京タワー、エンパイアステートビル(NYC)、ピラミッド(エジプト)、ピサの斜塔(イタリア)などを描いた。

「東京には歴史も進化もあり、まさにホッピーそのもの。東京以外の日本の都市についても知りたい」とコメントを寄せた。

 

=======================================

「ホッピーとかけまして、台風と雨でつらい夜とときます。その心は、あけない夜はないのです♪♪」

・・・・おあとがよろしいようで。

今夜もまたよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー・アートランド2017-10

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの10月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017-10のアーティストはオーストラリア在住のヴラディミア・スタンコビッチ】

ヴラディミア・スタンコビッチは、オーストラリア・シドニーを拠点に活動するアーティスト。

自然科学のほか、おとぎ話やファンタジー、ミステリーの世界からインスピレーションを得て描いた作品は、どこか少し不気味で、かつキュート。

今作品では日本でも定番になりつつある10月の恒例行事、ハロウィンを題材にその独特な世界観を表現。

蜘蛛や蛾、ホッピーを手に入れようと枠から伸びる木の根のような手に囲まれながらも、ホッピーの提灯に淡く照らされながらニコッと笑う「カボチャの魔女」を描き、遊び心あふれる作品に仕上げた。

 

======================

 

スポーツの秋、読書の秋、美食の秋、旅行の秋、仮装で盛り上がる秋、もひとつおまけに選挙の秋・・・・・・10月も、またまたホッピーがうまそうだぁ~!

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー・アートランド2017-09

 

 

世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの9月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017-9のアーティストはセルビア在住のヴェーコ・スミック】

ヴェーコ・スミックは、セルビアの首都ベオグラードを拠点に活動するアーティスト。

イラストだけでなく、デザイナーとしてブランディングのためのグラフィックやパッケージデザインのほか、2017年ベルリン国際映画祭受賞作品である「Requiem for Mrs.J」(原作)のポスターを手がけるなど多岐にわたって作品を提供している。

直線的なデザインでありながら同系色の濃淡を組み合わせることで奥行きある空間美を宿す作品のルーツは、初期の浮世絵やスイスのモダニズム、ミニアリズムにあると本人は語る。

今作品では、日本の十五夜をモチーフに、月見団子の代わりにホッピーボトルを、ウサギだけではなくホッピーのキャラクターでもあるシロクマをさりげなく取り入れ、日本の情緒を表現した。

 

=====================================

 

あまりキレイな話ではなくて恐縮なのですが、先日うちの次男がおトイレに行きたいと大騒ぎしつつマンガ本をあさっておりました。

余計なコトしてないで早く入ればと言うと、「オレにとってはワインとおつまみみたいなもんなんだ」などとのたまわりつつ、マンガ本を一冊持ておトイレに入って行きました。

「流石はお酒屋さんの息子だわ!」・・・・・彼にとってはパーフェクトなマリアージュなのですね。なんだかあきれますが・・・。

”秋の夜長に、見事なお月さまを仰ぎ見ながら、心穏やかにホッピー”・・・そんなマリアージュは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3123
ページ
トップ