“ホッピー”に関する記事一覧

ホッピー&スピリタス(96度)

 

 

「ノンアルコールビールにスピリタス(アルコール度数96%のウォッカ)を入れて飲むと、メッチャうまいってネットで話題なんですよ~」

と言ってお客様はスピリタスを一本ご購入されて行きました。

 

 

 

 

 

 

【スピリタス と ホッピー各種】

考えてみればアルコール度数96%まで蒸留を繰り返したお酒なのですから、ほとんど純粋なアルコールに近く原料のクセは消えています。

また、96%のお酒なら加える量もかなり少ないため、ノンアルコールビールの本来の味わいに与える影響はかなり少なくなるわけです。

果実系のリキュールをつくるのにスピリタスは適しているとも言われますが、スピリタスを使うのは確かに理にかなった方法と言えるのかも知れません。

これは、やはりノンアルコールのビール風飲料であるホッピーでも同じでしょう。本来のホッピーの味わいに与える影響を最小限度に抑えることが出来るわけですね。

業務用のホッピー瓶の容量は360mlですから、96度のスピリタスを20mlほど加えれば、アルコール分5%のホッピーが出来上がることになります。

また、96度のスピリタスはリキュールをつくるのに抽出が早いため、ハーブや果実などの風味をつけてホッピーと合わせてみても楽しいかも知れません。

たとえば柑橘系の皮をスピリタスに漬けて、糖分ゼロのリモンチェッロみたいなものをつくり、ホッピーで割るとかです。

自分なりのホッピー&スピリタスは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

スパイシーエスニック料理とホッピー

 

 

暑くなってくると食べたくなるのが、マサラやクミンなどのスパイスが効いたスパイシーなエスニック料理でしょうか。

暑い日に、暑い国の料理はたしかにウマいのです。

また、スパイシーでボリューム感ある料理を、汗をかきながらガッツリ食べるのは、夏バテ予防としても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

<写真はモロッコ料理のタジン鍋>

東京に出かけて行った暑い日、スマホ検索で出てきたモロッコ料理店でランチを食べました。

独特のスパイスが効いていて、それでいてサッパリとしている料理は、暑い日にうれしい味わいです。

そして、そのとき頭に浮かんだのは、「これは、よ~く冷えたホッピーをグビグビやりながら食べたら最高ではないか!?」でした。

もちろん初めて食べる料理ですから、ホッピーとペアリングさせたことはないのですが、これはもう想像に難しくないナイス・ペアリングでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日にスパイスの効いたエスニック料理&ホッピーは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

ホッピー愛飲者さんの健診報告

 

 

「いや~、けっこう飲んでるんですけどね~。健康診断の結果はなんの問題もなかったんですよねぇ~!!」

と、普段ホッピーを愛飲されておられるお客様。

酒屋のオヤジと同世代の男性のお客様で、どちらかと言えばストレスの多い職業に従事されておられます。

たぶんご同輩の方々で、「健康診断でなんの問題もない」というのはホントに尊敬できることではないでしょうか。

正直、スゴイことだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホッピーを飲んでいるから健康ということは、もちろんありません。

それでも「プリン体ゼロ」で「低糖質」のホッピーを飲んでいたからこそ、健康が維持できたとも言えるのかも知れません。

ちなみにそのお客様はいつも、白ホッピー、黒ホッピー、55ホッピー(赤ホッピー)とバランス良く購入され、さらにキンミヤ焼酎をご購入されます。

飲み方は、なんと常温。もちろん氷なしです。

つまり、冷たさが気持ちよい喉ごしでグビグビやる、とはいかないわけですね。飲み過ぎる可能性が少ないということでしょうか。

たしかに夏場の冷たくて喉ごしの良いお酒は危険です。

このあたりに健康維持のコツがあるのかも知れませんね。

運動はたまにジョギングを行う程度なのだとか。

以前にも「逆説的ホッピー愛飲者」のブログを書きましたが、それぞれの方法で飲酒と健康の絶妙なバランスを保つのが、真の大人の酒のたしなみ方なのかも知れませんね。

それにしても健診でなにも問題がないのは、個人的にはホントにスバらしいことだと思う次第です。

にほんブログ村 酒ブログへ

「低アルなホッピー&キンミヤ」ただ怠けていたいぃ~GW

 

 

録画したテレビ番組、映画・・・・・あたりを見ながら、日がな一日、テレビの前に置いてあるソファーと一体化したように、食べたり飲んだりしていたい。ほかのことはあまりやりたくないのです・・・・・・・平たく言えば、ただただ怠けていたい。

どこへ行っても混雑してるし、運動すれば疲れますからね。

酒屋のオヤジの若いころには、こういう方をカウチポテトと呼んだりもしました。

・・・・まぁ、妻帯者にとっては、まったくもって不可能な過ごし方なのかも知れません。それでも、もし9連休あるゴールデンウイークのお休みをいただけるとするならば、正直そんなふうに過ごしてみたいと夢見る次第です。

そして、そんなただただ怠けるゴールデンウイークに必要なのは、だらだらと飲めるお酒でしょう。

 

 

 

 

 

 

<だらだらの飲めるように、キンミヤ焼酎を少なめにしてつくるホッピーやらサワーやら>

テレビを見ながら、だらだらと怠けながら飲むには、やっぱり飽きの来ない味わいで、アルコール分を低くしてつくるサワー系でしょう。

また、カウチポテトとは言っても、なんだか最近はじゃがいも不足らしいですから、安くて量があるポップコーンあたりがアテとしては理想的なのかも知れません・・・・・とまらないんですよねぇ。

 

きっと、ただ怠けるだけのゴールデンウイークこそ、ある意味理想的な、究極のゴールデンウイークではないかと、思わなくもない次第です。

まずは焼酎と焼酎用割り材は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

Hoppy New Year

 

 

ホッピーさんからマンスリーメッセージをいただきました。

dsc_0264

 

 

 

 

 

 

2017年もやっと今日から本格的に動き出す感じでしょうか。

皆様 「Hoppy New Year」でございます。

・・・・・ことしもホッピー飲んで、うだうだ言って終わりそうではありますが、それこそがHoppyならぬHappyな人生なのかも知れませんね。

あるホッピーファンの方から聞いたお話なのですが、あのアルフィーのタカミーさんもまたホッピーが大好きなのだとか。

なんでも、まだ売れない時代に夢を語り合いながら飲んだのがホッピーだったのだそうです。

ホッピーさんからのメッセージは:

「ホッピーでハッピー」「ハッピーにホッピー」「ハッピーなホッピー」「ホッピーはハッピー」「ホッピーのハッピー」「ハッピーはホッピー」「ハッピーがホッピー」「ハッピーをホッピーで」「HOPPY HAPPY 2017」

ホッピーでハッピーなことが、今年もたくさんありますように。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 1212345...10...最後 »
ページ
トップ