“スペインワイン”に関する記事一覧

白ワインの女王 ベルデホ

先日 スペインのワイン産地 ルエダ のセミナー に 参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原産地呼称の DO ルエダ と言われる産地は

マドリードの北西部 カスティーリャ・レオン州にある

全74市町村にまたがる産地。

 

高品質な白ワインの生産に特化している産地で

特にこの地域の固有品種  「 ベルデホ 」 の

保護と促進に 努めているそう。

 

このベルデホ

ルエダの栽培総面積の 85%以上を占めるということですから

まさに ルエダを 代表する 女王級の品種といえます。

 

そして ルエダのワインは 輸出もたくさんされていて

1位のリオハに次いで 2位とのことですから、

日本でも スペインの白ワインとして 飲まれている多くは

この地区からの白ワインかもしれません。

 

ベルデホ種 は

1000年前 北アフリカから

モサベラという イスラム化したキリスト教徒たちによって

スペイン ルエダ地区に

持ち込まれたのだとか。

 

それから

スペインの宮廷ワインとして珍重されていたそう。

まさに 女王でしょ。

 

でも その頃のワインのスタイルは

今とは 違っていて

酸化熟成させた酒精強化ワイン。

シェリーのようなワインだったみたい。

 

1970年代に

ボルドーの名だたるシャトーのコンサルタントを務める

エミール・ペイノー氏が

マルケス・ド・リスカルの醸造家に

フレッシュな白ワインを造ることを助言。

 

それから

この ルエダ 地区の フレッシュな白ワイン造りが

スタートしたのだとか。

 

現在

ルエダワインの主流は

ベルデホ種から造られる

フレッシュ・フルーティな白ワインですが

 

この 伝統的な 酒精強化ワイン

「ルエダ・ドラード」 も

小さなワイナリーで 復刻させようという

動きがあるのだそう。

飲んでみたいですね。

 

この夏

ステップの おすすめ ルエダワインは

ペドロ・エスクデーロ の 「 フエンテ・ミラノ 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然栽培された ベルデホ を 100%使用した

ピュアで フルーティな 幸せ気分が 楽しめる白ワイン。

 

DO ルエダ ではなく

VT カスティーリャ・イ・レオン

という VT(ヴィノ・デ・ラ・ティエラ)という ヴァン・ド・ペイのランクですが

だからこそ

手頃な値段で 購入できる

お買得なワインとも言えるかも知れません。

 

この ボデガス・ペドロ・エスクデーロ の ブドウ畑は

ルエダの中でも 最良のテロワールといわれる

一面 石に覆われた地区にあります。

そして

醸造にも ひと工夫。

マセラシオン・カルボニック、プレスワイン、樽熟ワイン、

そして残糖あるワインと、

ベルデホを4種類の方法で別々に醸造したワインを

ブレンドすることにより、

品種の魅力を最大限引き出しています。

 

メロンや パイナップル、ハーブ…と いろいろな風味がして

 

ほんと 飲むと 楽しい気分になる白ワインですよ。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ステップワイン会報告

先日の日曜日

16名のお客様と スペインのワインを愉しみました。

 

2015年7月ワイン会(スペイン) 修正

 

 

 

 

 

 

ワインは スペインワインを8種類。

カヴァ 3種類の飲み比べ。

白は ヴェルデホの爽やかな白ワイン。

ペスケラが造る 赤ワインのような白ワイン、アレハイレン。

とても好評でした!

そして ペスケラ社の テンプラニーリョで 造られる赤ワインを

ワイナリー違いで 飲み比べてみました。

 

 

2015年7月ワイン会(スペイン) 011

 

 

 

 

 

 

 

 

チーズも アフィネタイプのシェーブルや

爽やかなハーブがまぶしてあるトロイフレハーヴ

MOF(フランス国家最優秀職人章)を受賞した造り手が造る

ナポレオンなど

 

2015年7月ワイン会(スペイン) 002

 

 

 

 

 

 

 

手づくりパンとお料理はこんな感じ。

2015年7月ワイン会(スペイン) 003

 

 

 

 

 

 

 

逆ロールキャベツ が 好評でした!

 

次回は 12月6日(日) を 予定しています。

にほんブログ村 酒ブログへ

7月5日ワイン会 申し込み受付中

ステップ ワイン会 

夏の会

申し込み受付中  です。

 

まだ お席 空いていますので

是非 ご検討ください。

 

ステップ ワイン会

「 今 注目のスペインワインを愉しむ会 」

7月5日(日) 13:00~15:00

ステップ 2階にて

参加費 お一人様 5000円 (税込)

 

今回 皆さんと 愉しみたいワイン達

● アルタ・アレーリャ ブルエル・ブルット・ナトゥーレ

SO2無添加のカヴァです

● アルタ・アレーリャ プリヴァット

● メストレス ブルーフィン ブリュット リゼルヴァ

世界一予約が取れないレストランと言われていた「エル・ブジ」の元シェフや

バルセロナやパリのシェフ・ソムリエ達が 「まぐろとのマリアージュ」を重視して

造ったカヴァ

かヴぁ2

 

 

 

 

 

 

 

個性的なカヴァの飲み比べをします!

 

●フエンテ・ミラノ ヴェルデホ

今の季節飲むのに ピッタリの爽やかな白ワイン

●アレアイレン クリアンサ

樹齢90年のアイレンという品種から 造られる

びっくりするほどボディ感のある白ワイン

この白ワインも 下の赤ワインと同じ

ペスケーラグループのワインです。

 

 

●デーサラ・グランハ 2007

●コンダド・デ・アサ 2010

●ペスケーラ レセルバ 2010

カヴァ

 

 

 

 

 

 

 

スペインのペトリュスと 称される ペスケーラで名高い

「グループペスケーラ」のワイン。

グループ・ペスケーラの 赤ワインは

全て テンプラニーリョ。

上記の3種の赤ワインも 全て テンプラニーリョで 出来ていますが、

産地や醸造方法で こんなに違うの!と ビックリしますよ。

 

以上 8種類のワインと

いつものように

手造りパンと おつまみ、本格チーズも ご用意します。

お申込み は 6月28日(日) までに

ご参加 お待ちしています。

にほんブログ村 酒ブログへ

7月にワイン会開催

6月に予定していたワイン会ですが

なかなか 時間をつくることができず

7月に延期させていただきました。

ご予定されていた方、申し訳ありませんでした。

 

001

 

 

 

 

 

 

ステップワイン会

7月5日(日) 13:00~15:00

バルセロナから最も近いワイン産地 アレーリャにある

「アルタ・アレーリャ」のワインを中心に

これからの季節に おすすめのスペインワインを

皆さんで 愉しみたいと思います。

 

アルト・アレーリャについては

以前 ブログでも ご紹介させていただきました。

SO2無添加のカヴァなど

魅力的でエレガントな

ワインを造りだしています。

 

009

 

 

 

 

←前回のワイン会の様子

 

ステップワイン会

「今、注目のスペインワインを愉しむ会」

7月5日(日) 13:00 ~ 15:00

ステップ 2階にて

参加費 お一人様 5000円(税込)

お申込みは 6月28日(日)までに

お電話、メール、店頭 まで

 

にほんブログ村 酒ブログへ

世界的に認められる高品質オーガニックワイン

春といえば 桜⇒お花見と 思うのが 典型的な日本人でしょうが、

欧米で 春の行事といえばイースターを思い浮かべるのかも

しれません。 

イースターとは キリスト教の祝い日で、

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念する

復活祭のこと。 

典型的な日本人の私ですが、キリスト教の幼稚園にかつて通っていたということもあり 

すこしばかり イースターの思い出というのもあります。

特に、印象があるのが、きれいに彩られたイースター・エッグ。

チョコレートでできたものもあり、子供にとっては楽しみなものですよね。

毎年、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日がイースター。

今年は、明日 3月31日なのだそう。

春⇒イースター⇒卵⇒ ????

卵つながりということで、 

今日は、「オルヴェット」 という 卵型のタンクで 熟成した オーガニックワインを ご紹介します。

このタンク とっても奇妙な形。卵タンク

コンクリートでできていて 大きさは人の背丈ほど。

大き過ぎてもいけないらしいです。

この形は 母体の体内のように生物が安定する形といわれていて、

いま 自然派ワインの生産者を中心に 

ワインづくりに取り入れているワイナリーが増えているそう。

地球の自転と重力の関係で澱が沈殿せず、

バトナージュしなくとも自然とタンクの中でワインが回転するのだとか。

ちなみに バトナージュとは 樽やタンク内のワインと澱を攪拌すること。

これによって、澱に含まれるアミノ酸が ワインに溶け出してワインの風味に厚みが増し 複雑になります。

さらに、この卵型タンクは、木樽に近いわずかな通気性があり、

適度な酸化熟成が期待でき、木樽の香りが移るということもなく

ピュアな果実味を保つことができるのも 魅力なのだとか。

今日、ご紹介する ワインの生産者 アルベット・イ・ノヤは、スペインの カタルーニャに 4代にわたり ワイン造りを

行ってきた家族経営のワイナリー。

現在の当主 ジョゼップ・マリアは 1970年代という早い時期から 自然なブドウ造りへの回帰を目指し、有機栽培を実践。

今では、スペイン有機栽培のパイオニアといわれています。

そして 究極の有機栽培ともいえる ヴィオディナミで栽培した ブドウを、この卵型タンクで熟成したワインが

「エル・ファニオ」 です。

シャレロという 葡萄を使用した白ワイン。

この葡萄は、カバ品種としては有名ですが、シャレロ100%の白ワインは 珍しい!

アルベット・イ・ノヤの畑には このシャレロの古木、平均樹齢60年、最高92年にもなる古い木が栽培されているんですって。

丁寧に栽培された シャレロの葡萄を ステンレスタンクで発酵させ、

その83%を 卵型タンクで6ヶ月熟成。

残りを ハンガリー産のアカシアの木樽で 6ヶ月熟成。エルファニオ

華やかで まろやかな 飲み飽きしない 自然な味わいの辛口の白ワイン 「エル・ファニオ」。

明日のイースターーのディナーのお友に

いかがでしょうか。

アルベット・イ・ノヤ エル・ファニオ   750ml  1,680円(税込)

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 41234
ページ
トップ