“ジャン・クロード・ラパリュ”に関する記事一覧

「ヌーヴォーじゃないボジョレ」いま飲むべきワインを賢明に選ぶ

 

 

2016年のボジョレ・ヌーヴォーはお楽しみいただけましたでしょうか?

 

酒屋のオヤジとしては、特に高品質のボジョレ・ヌーヴォーを味わって感じたことが「・・・・・・・・やっぱり、もったいなさ過ぎる!」でした。

「なぜ、こんなワインを、そのワインのポテンシャルを無視するかのように早のみしなければならないのか?」

「また、出来たての初物ワインに何か意味があるのか?」

と、正直に言えばそんなふうに感じた次第です。

 

その昔、高級レストランではボジョレは他の有名ブルゴーニュ・ワインと同じレベルの評価をされておりました。また販売価格も同じような水準でした。

それが、どうしたことか「ボジョレ」と聞けば、「あー、あの早飲みワインでしょ!」みたいな認識となって今に至ります。

そして、特にボジョレ地方のクリュワインと呼ばれる高各付けの産地のワインなどは、高品質にもかかわらず他のブルゴーニュ・ワインと比べて、恐ろしくお得感のある価格水準となってしまったようです。

ボジョレだってブドウ品種は違いますがブルゴーニュ・ワインです。

それが、同じ価格なら、その品質の差は恐ろしいほどなのです。ボジョレ・ヌ―ヴォーに罪はありませんが、ヌーヴォーばかりが有名になったなめの偏見があるのかも知れません。

 

ブルゴーニュワインが値上がりが続いている昨今、ブルゴーニュワインで最もお得感のあるワイン産地はボジョレでしょう。また、世界的に見ても、そうとうにお得感のあるワイン産地だと思う次第です。

ボジョレ・ヌーヴォー2016を味わって、「これはもったいない!」と感じた方は少なくないと想像します。そんな方々におススメしたいワインはコレです。

また、高品質なワインをお得感を持って味わいたいと思えば、やっぱりクリュ・ボジョレは、間違いなくその候補に挙がるでしょう。

dsc_0188

 

 

 

 

 

 

【ジャン・クリード・ラパリュ ヴィエイユ・ヴィーニュ ブルイイ2011】

ブルゴーニュのテロワールを、そのブドウ品種ガメイを通じて味わえる、確かにブルゴーニュを感じるエレガントな味わいのワインです。

いま楽しむべきワインを賢明に選べば、ボジョレのクリュ・ワインではないでしょうか。

ボジョレを代表する造り手の一人であるジャン・クロード・ラパリュのクリュワイン(ブルイイ)は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ジャン・クロード・ラパリュ・ブルイイ」うまい自然派ならボージョレ(NVじゃない)

 

ボージョレは、フランスでもっとも自然派のワイン造りが盛んな地域の一つ。

ボージョレと言えば、ヌーヴォーばかりが特に日本では注目され、ヌーヴォーではないボージョレの売れ行きとなると、正直いま一つ。

でも、ハッキリ言って「ヌーヴォーばっかりじゃもったいなさ過ぎる!」のです。

特に自然派ワイン・ファンの方々におススメしたいのです。

2014121221120000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【ジャン・クロード・ラパリュのヌーヴォー(左)とブルイイ(右)】

フレッシュさ溢れるヌーヴォーは新酒のお祭りムードもあり、それはそれで素晴らしいワインだと思います。

しかし、例えば上の写真のように、ヌーヴォーではないボージョレと飲み比べてみれば、やっぱり時間を掛けて造ったものの方が、ワインとして明らかに上。

しかも船便なので価格も安い。

もちろん三ツ星レストランなどからも支持される、自然派ボージョレの第一人者であるジャン・クロード・ラパリュさんのボージョレですから、当然なのですが、ガメイだってピノ・ノワールにまったく引けを取らないほどの、味わいや優雅さがあるのです。

それに、同じブルゴーニュ地方のピノ・ノワールと違って、味わいに対するコストパフォーマンスは知名度の違いもあり、素晴らしく高い気がします。

ヌーヴォーで成功しているボージョレではありますが、自然派のワイン造りを行っているヌーヴォーではない通常のワインの、その素晴らしさに気が付かないのはホントにもったいない。

「ボージョレ⇒ガメイ⇒早飲み⇒カジュアルワイン」 みたいなイメージは、まったくもって間違いだらけのイメージなのですね。

特に、このジャン・クロード・ラパリュさんの上質なワインを飲めば、その辺りのことを気づかされるのではないでしょうか。

スーっと身体の奥深くに自然と馴染んで行くような、ナチュラルさと上品さを持つ、自然派ボージョレの第一人者である「ジャン・クロード・ラパリュ」の「ブルイイ」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ボジョレー・ヌーヴォー」今年のトレンドは量より質

ボジョレーと日本の人々は発音するのだと思いますが、新聞にはボージョレと書かれております。

たぶんボージョレの方が現地での発音に近いのでしょうか?・・・・・まぁ、どちらでも意味は伝わるので、どっちでもいいのですが(汗)!

さて、いよいよボジョレー・ヌーヴォー解禁日が近づいて来ました。次の木曜日11月20日です。

2年続いた難しい年の後の2014年は、かなり期待できる水準とのこと。楽しみです。

メディアによる、またまたお得意の「〇〇年に一度の当たり年!」みたいな話が、ボジョレー・ヌーヴォー解禁のムードを盛り上げることになるのかも知れませんね(笑)。

2014111611370000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日本経済新聞さんに掲載されたボジョレー・ヌーヴォー消費量の推移】

日本でのワインの消費量は増え続けているのだが、ボジョレー・ヌーヴォーの消費量は減少傾向にあるようだ。

今年の輸入量は昨年を8%程下回る見通し。しかし、その一方で高価格のプレミアム・クラスのボジョレー・ヌーヴォーの輸入は大幅に増えているとのこと。

ワインが日常生活に浸透する中で「お祭り」としての役割は低下しており、メーカー、消費者ともに量より質を求める傾向が強まっているのだとか。

数年前まで激安ボジョレー・ヌーヴォーに注力していたイオンさんが、今年はフィリップ・パカレのボジョレー・ヌーヴォーを販売すると言うから驚きです。

ワイン消費の現場は急激に成熟しているようで、嗜好の多様化と共に、量より質を重視する流れのようですね。もちろん価格に対する質の要求も益々厳しくなってきているのですが。

 

量より質と言えば、酒倶楽部ステップでも毎年好評をいただいております、当店一押しのボジョレー・ヌーヴォーであるジャン・クロード・ラパリュを販売致します。

ご予約以外の在庫はそれほど多くはないため、ご興味のある方はお早めにご予約、もしくはお買い求め下さい。

今年は期待できるみたいですよ~!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ボジョレーヌーヴォー2014」今年は期待できそうです

春先に雹の被害を受けたようですが収穫が終わってみれば、2014年は期待できるヴィンテージとなりそうです。

何軒かのワイン輸入会社さんから、今年のボジョレーの状況を伝えて頂きました。

有名なボジョレー生産者の一人は、「今年の状況はグレートヴィンテージと呼ばれる2005年ヴィンテージによく似ている!」「間違いなくグレートヴィンテージになるだろう!」とコメント。

今やボジョレーの新しいリーダーと呼ばれる「ジャン・クロード・ラパリュ」さんも、「今年は最高のタイミングで収穫をスタートさせた、2014年は熟成と酸味のバランスの取れた高品質のヌーヴォーが出来上がるであろう!」とコメントされています。

2013112011180000-300x225

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真はジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2013】

「春の開花は早く順調で6月は快晴、7月初旬に雨が降り、その後気温が上がり乾燥気味となったが初旬の雨で保湿もあり、ブドウの成長に問題はなかった。ブドウの皮が色づく前の雨だったので何の病害もなかった。」

「8月に入り曇りや小雨もあったが、その影響でブドウの成長がゆっくりとなり、収穫前の9月に入って天候は安定。朝夕は涼しく、日中は太陽がさんさんと照り続ける環境が、酸味を残しながらバランスの良いブドウを育てた。」

とのことで、苦戦を強いられた2012年、2013年と違って、2014年ヴィンテージはかなり期待できそうなのです。

2005年ヴィンテージのボジョレー・ヌーヴォーが「百年に一度のヴィンテージ!」と騒がれたのは記憶に新しいのですが、今年もひょっとしたら、ひょっとするかも知れないのです。

酒屋やワインショップのボジョレー・ヌーヴォーの発注は既に終えております。もう供給量が増えることはありません。

気になる方はお早目のご予約をおススメ致します。

もちろん酒倶楽部ステップでもボジョレー・ヌーヴォー2014のご予約を承っております。宜しくお願い致します。

 

他のフランス産の2014年は概ね順調のようだが、南フランスのラングードックだけは不運な天候による減産となるようです。美味しいワインが飲めるって、ホントにありがたいことなんですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「自然派ワイン」すうっと身体の奥深くに穏やかに馴染んでいく

あたりまえの話ですが、もともとワイン造りはすべてが完全無欠の自然派でした。

「その地域に生息しているブドウを収穫して壺に入れるだけ!」みたいな、生産性が良くないだけでなく失敗のリスクも高かったのだと思います。

それが近年、すべての他の農作物と同じように生産性の向上のために化学肥料が使われ、発酵の失敗のリスクをなくすために他から持ってきた酵母を加えて造られるようになったのでした。

その後、たぶん自然派ワインの始まりはフランスのボジョレー地区ではないかと思います。

自然なワイン造りに回帰し、その土地の自然環境を反映させ、自然な生態系から生まれた自然な酵母で、さらに収穫量を抑えるなどのテクニックを用いてより美味しいワインを造ろうという流れが広がってきたのです。

しかし、一般的に自然派ワインは手間暇がかかり、さらに自然な酵母での製法のため人間による発酵のコントロールが難しいため、大手のワイン生産者にはリスクが高い。

したがって自然派ワインの生産者はどこも小規模だと言われております。

2014090110430000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【自然派ワイン】

そんな自然派のワインの共通点はブドウの木の根が地中深く伸びているためかミネラル感があり、すうっと身体の奥深くに穏やかに馴染んでいくようなナチュラルさがあることでしょうか。

また、有機栽培の野菜がなかなか腐らないのと同じように、栓を開けてから酸化しにくいのです。そのワインにもよりますが、自身で試したときには20日間は大丈夫でした。ぜんぶ飲みほしてしまい、その後どうなるのか分かりません。

ひょっとしたらワインはある意味、健康に生きているのかも知れません。

だから月の満ち欠けと同じ周期で、ワインの風味が開いたり閉じたりするようです。自然派ワインは満月の夜に飲むのがイイんですね。

さて、自然派ワインと言えば、今やボジョレーを代表する自然派生産者となった「ジャン・クロード・ラパリュ」のボジョレー・ヌーヴォーのご予約受付もそろそろ開始致します。

「ボジョレーってやっぱりブルゴーニュだったんだね!」って思わせるエレガントさのある自然派ワインです。

80121-213x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【100年以上前につくられた木製垂直式圧搾機を用いて、ゆっくりとプレスを行うラパリュさん】

すっと身体に馴染むような自然派ワインは如何でしょうか?

また、ボジョレーを代表する自然派ワインの「ジャン・クロード・ラパリュ」のヌーヴォーは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 512345
ページ
トップ