無濾過生原酒でつくる「日本酒ハイボール」!

無濾過生原酒(日本酒)でつくるハイボール(炭酸割り)。イケるんです!

上記写真、酒倶楽部ステップおススメの無濾過生原酒「酒蔵の朝しぼり」の炭酸割りが特にスバラシイ!!のであります!

ウイスキーハイボールが相変わらず人気のようですが、最近は暑いせいか何でも炭酸で割るのが人気なようですね。本格焼酎、甲類焼酎、ブランデー、ワイン、シェリーといろいろ。そんな中、今回おススメするのが日本酒の炭酸割り。

日本酒は無濾過の生原酒がフレッシュ感や旨味があり、炭酸割りに向いていると思います。元々生原酒は発泡した感じがあるのですが、この時期になるとピリピリ感はなくなり、滑らかな感じに変化しています。そこへ炭酸を加える事により、フレッシュ感が戻り、爽やかな飲み口へと変わりますよ。

無濾過生原酒の場合アルコール度数が20度近くあるので、炭酸で割っても味わいにもの足りなさがなくなる事はありません。おススメの飲み方は、良く冷えた無濾過生原酒を6に対して良く冷えた炭酸水を4です。6:4ですね。氷は加えない方が良いと思います。

アルコール度数が12%になりますから、ちょうどスパークリング・ワインと同じ。ここに好みで柑橘類などを絞っても美味しく飲んで頂けると思います。

夏場の冷酒は、最初の一杯ぐらいは美味しく飲めるのですが、その後は旨味が凝縮しているせいか、ともすると飲み飽きする感じもありますよね。そんな時、炭酸を加えて喉ごし良く爽やかなあ味わいにすると、飲み飽きることなくグビグビとやれますよ!

それに、夏場はサッパリとしたものが特に美味しく感じられますね。この無濾過生原酒の「日本酒ハイボール」ならサッパリとしたアテにも良く合います。

無濾過生原酒の炭酸割り。「日本酒ハイボール」と呼ぶのか「日本酒サワー」と呼ぶのか、それとも他に呼び名があるのか分かりませんが、ハッキリ言ってイケます!お試し下さい!

ページ
トップ