マッコリが人気!でも「ドンドンジュ」って何???

マッコリが人気ですが、その種類の中に「ドンドンジュ」ってありますよね。でも「ドンドンジュ」って何?

「ドンドンジュ」1リットル 590円

「ドンドンジュ」って何?という質問は、相当な事情通の方でも的確に答えるのが難しいらしいのです。それは、韓国の中でも地方によって理解はまちまちだからなのです。

今日、やっと輸入会社の方から「ドンドンジュ」とは何なのかの話を聞く事ができました。ちょっとスッキリした気分です。(笑)

そもそもの「ドンドンジュ」は昔の文献によると、清酒の製造過程で、出来あがる2~3日前の、まだ小さい米粒が残っている状態で、上澄みを汲み出したものとされていたのだそうです。(韓国で清酒、いわゆる日本酒が製造されているのかどうかは分かりませんが。)

それが、各地方やメーカーによって変化して来たらしいのです。人気のある大手メーカーさんの定義では、マッコリの原料は米と小麦粉ですが、その米の配合を多くして小麦粉の配合を少なくした、雑味の少ない、サラっとしてゴクゴク飲めるタイプのマッコリなのだそうです。小麦粉の比率が高いと、とろみが加わり、より濃厚な味わいになるようです。

味わいは、より乳酸飲料に近く、この飲みやすい「ドンドンジュ」により、韓国ではマッコリの消費が増えているとのこと。一般的なマッコリが苦手な韓国人も、「ドンドンジュ」なら飲めると人気らしいのです。

韓国で「ドンドンジュ」という言葉は特になく、マッコリの種類の一つぐらいに理解されていて、「ドンドンジュ」=サラッとしていてゴクゴク飲めるタイプと都市部では理解されているようですね。(推測です。違っても怒らないでくださいね!!)

「ドンドンジュ」=サラッとしていてゴクゴク飲める。より乳酸飲料に近いタイプのマッコリ。ですよ!

マッコリを販売している飲食店や酒屋で「ドンドンジュ下さいねー!」と言えば、酒屋のオヤジも含めて店側の人は「おお・・・・!?」って一瞬、頭の中が真っ白になっちゃいますよ・・・「なんだっけ・・・それ・・・???」って!(笑)そんでもって、そーとーのマッコリ通か!?って。もちろん日本国内の話ですが。

マッコリは今、女子に人気!女子と一緒に「ドンドンジュ」飲めば、どんどん ぢゅー(ちゅー)出来るかもね!?(笑)(くだらないオヤジギャグで、申し訳ない!涙)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ