GW突入!酒屋のつぶやき「田舎の地酒」!!

いよいよGW突入!朝からいいお天気です。気持ちの良い連休になりそうですね!

 

酒屋にとってはGWと言っても休めるわけではありませんから、あんまり関係ないのですが(笑)!だた子供達がずっと休みで、おまけに親戚の子供が来たりしてにぎやかになるくらいでしょうか(汗)!

毎年、酒屋でのGWは前半にやや忙しく、ちょっと高めのお酒が売れます。後半は酒を売るより油を売っている感じでしょうか!(笑)連休のある月は、皆さん連休中にたっぷりとお酒を飲まれるせいか、その後酒類の売上がパッとしないんですよね!(涙)

GWの直前には日本酒の問い合わせが多くありました。ほとんどの場合、オヤジさんのお祝いか、帰省してオヤジさんへのお土産にするか、どちらかといった感じです!

酒所が帰省先の場合には、芋焼酎などの本格焼酎をオヤジさんへのお土産にされるケースが多いです!曰く「日本酒が有名なところだから、地元の酒屋さんがあまり九州の焼酎を置きたがらないんですよね~!」って!それで毎年、酒倶楽部ステップ・オリジナルの「ブレンデッド熟成焼酎」をお土産用として購入して下さるのは、本当にありがたい事です!

どこの田舎にもたいがい地酒があります。田舎での法事などには、必ずその地方の地酒がぬる燗などでその地方のお料理と共に出されます。それも、その地酒メーカーの製品の中では一番安い「普通酒」と呼ばれるランクの酒。若い人は、たいがいビールか焼酎かノンアルコール飲料で、ぬる燗の酒を飲むのはたいがい高齢の方達。でも、このぬる燗に付けた普通酒の地酒が、また旨いんですよね~(ホントに)!!

手造りで仕込まれた地元で定番の地酒をぬる燗にして、地元の料理を肴にコピリンコってやるのが本当に最高なんですよね!そんでもって、とっても贅沢!都心では中々味わえません。田舎のじいさんも、ひいじいさんも楽しんだ味わいなのです。

日本酒と聞くと「悪酔いして頭が痛くなるのでは!?」みたいな偏見を持つ人って結構います!地元の酒蔵さんが汗水流して造った地元の酒。是非、今年の帰省時は偏見を捨て、地元の「普通酒」を地元の人の飲み方(高齢者の飲み方。多分ぬる燗が多いと思います。)で、地元のお料理と共に楽しんでみて下さい。それこそが、最高の酒の楽しみ方なのかもしれません!!DNAにしみますよ!ホント!

PS・一番安い「普通酒」といってもパック酒ではなく、ビン入りの昔からその地域で飲み続けられている地元の酒のことですよ!平たく言うと、じいさんが飲んでた酒!

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ