逆説的ホッピー愛飲者

 

 

最近、「糖質制限ダイエット」を行っているご同輩がホントに多いようですね。

かくいう酒屋のオヤジも、健康診断の結果にビビって糖質制限オヤジになりました。そして、その効果にちょっとした感動を覚えている次第。

なにを食べたり飲んだりするのかって、ホントに大事なんですね。

そんなご同輩の糖質制限オヤジの方々には、たくさんのホッピー愛飲者もおられます。

なかには大変に興味深い理由でホッピーを飲まれている方もおられるようです。

その方曰く「・・・・・オレ、ほんとはホッピーなんか好きじゃねーんだよ」と。

そんでもって、「・・・それでも、好きじゃないから、食が進まなくてちょーどいいんだよね~(汗)」って。

外で飲む機会が多く、家飲みと違って糖質制限オヤジの飲めるものが少ないため、消去法でホッピー飲みとなられたようなんですね。

PH_1287

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・それでも、そんな「食が進まないのが嬉しい」と考える糖質制限オヤジにはイイ塩梅なわけです。

「好きじゃないから食が進まなくていい」とは、まったくもって逆説的な話で、メーカーの人が聞いたら怒りだしそうです。

それでも、そんなちょっと捻じれた考えかたこそが、ある程度の人生経験を持つオヤジの思考なのでしょう。

酒好きではあるが、家族のために健康を少しは気にしている喜びがあるのかも知れません。

そんな喜びがおいしいのでしょう。

ホッピーを大量に消費しているからといって、ホッピーが好きなわけではない・・・・・・現代の消費はむずかしい。

ホッピーの魅力は奥深いようです。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ