アジアの味わい「リーシャンとソタイ」

フランスから来た無添加のオリエンタルテイスト・リキュール「リーシャン」と「ソタイ」。

beto liqur

LY SHAN(リーシャン)は中国発祥のベトナムのリキュール。母から娘へ、何代にもわたり受け継がれたレシピを元にフランスで製造。ライチをメインに10数種類のフルーツ果汁をミックスしたリキュールに、薔薇の花びらを漬け込んだお酒。

上品な薔薇の香りと、スッキリとしたライチの甘さのエキゾチックな味わいのリキュールです。よーく冷やして飲むか、オンザロック、ソーダ割り、シャンペン割りなどが良い感じですね。

 

SOTAI(ソタイ)はタイのリキュール。やはりお祖母さんの代まで何代にもわたり受け継がれたレシピを元にフランスで製造。こちらは、パッションフルーツをメインに20種類のフルーツ果汁をミックスしたリキュールに、蓮の花を漬け込んだお酒。

タイの伝統的な花嫁衣装SOOTAIにちなんで名付けられたリキュール。蓮の花の、とっても高貴な香りとパッションフルーツの刺激ある甘味の、アジアの香り漂う味わい。やはり、よーく冷やすか、オンザロック、ソーダ割り、シャンペン割りなどが良い感じです。

アジアの美味しい御馳走をいただく前に、食前酒として飲むのには最高!あんまり、おやじが飲むような酒ではないのですが、アジア系のレストランへ行って最初に出てきたら嬉しいですね。おやじが注文できるような酒でもないしね。

きっと微笑みの国から来日した様な、若い女性店員さんがニコニコしながら、こんなお酒を持って来てくれたら、酒屋のおやじは結構パッピーかもしれません!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ