“ワインペアリング”カテゴリーの記事一覧

シャトー・ヌフ・デュ・パフ と まぐろのカマ

ワインを勉強し始めたころ

印象的なワインの一つが

今日ご紹介する

「シャトー・ヌフ・デュ・パフ」。

 

ワインって

美味しいだけでなくて

その背景を知るのが

楽しいなあと思ったワインです。

 

すでに ご存じの方も多いかと

思いますが

フランス ローヌ地方のAOCワインです。

 

「パフ」というのは 「教皇」の意味なんですが

名前からも想像できますが

とても歴史があるワインなんです。

 

「シャトー・ヌフ・デュ・パフ」で

「教皇の新城」という意味。

フランスでは

略して

「シャトー・ヌフ」と呼ばれているそう。

 

14世紀にローマ法王庁が

ローヌ地方のアヴィニョンに移転したことに

ワインの名前が由来しています。

 

赤も白 も 造られる AOCシャトー・ヌフ・デュ・パフですが

圧倒的に赤ワインが有名です。

グルナッシュを主体とするブレンドですが

合計13種類の葡萄のブレンドが認められています。

 

黒い果実を煮詰めたような凝縮した果実味と

濃厚さで ワインの王様の風格があるワインです。

 

一般的に 価格が高い

シャトー・ヌフ・デュ・パフですが

今回

ご紹介するのは

お買い得価格の シャトー・ヌフ です。

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・ファーゲロール

シャトー・ヌフ・デュ・パフ 2017

 

その歴史が 14世紀まで遡れる

最古の地所の一つです。

2017年ヴィンテージは

ワイン評論誌ワインアドヴォケイトで90点

そして

価格は 普段の食事にも合わせられそうな

3000円台の価格と

超お買い得です。

 

まろやかな口あたりで

凝縮したブラックベリーやカシスに

ブラックペッパーや甘草などのスパイス

丸みを帯びたしっかりとしたタンニン

しつこ過ぎず エレガントにまとまった

満足感ある赤ワインです。

そして

今まさに 飲み頃です。

 

今回は マグロのカマの煮つけに

合わせてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マグロのしっかりとした脂と

甘く香ばしい味付けの風味が

シャトー・ヌフ・デュ・パフに

ぴったり!

 

おススメのペアリングです。

東京ワイナリー 越後屋さんご来店❢に 感謝💓

東京にある

ワイナリーって ご存じですか?

 

最近は

テレビなどメディアでも

取り上げられているから

知ってるって人も多いかしら。

 

アーバンワイナリーと言われ

東京に限らず

パリやニューヨークなど

消費者により近い場所に

醸造施設が造られるのが

一つのトレンドになっています。

 

現在

私が知る限りでも

東京23区内に

5軒ほどのワイナリーが

ワインを醸造しています。

 

その先駆けともいえるのが

東京都練馬区大泉学園にある

東京ワイナリーさんです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのワイナリーは

越後屋美和さんという女性が

お一人で起こしたワイナリーで

基本

越後屋さんが 醸造から販売まで

お一人でこなしていて

Facebookなどを

通じて集まった有志がワイン造りを

手伝っています。

 

大泉学園駅から

徒歩15分くらいの住宅地にワイナリーは

あります。

 

もと新聞配達店だった建物といいますから

ワイナリーとしては

その小ささに驚きます。

 

今回は

車で伺いました!

蕨からは 下道で 1時間弱です。

 

 

 

 

 

 

醸造用タンクが

所狭しと並んでいます。

 

東京都内で育った葡萄を

使用した東京スペシャル

現在 タンク熟成中

もうすぐ

ブレンドされて

瓶詰めし

発売となるそうです。

 

別タンクでは

群馬県沼田のリンゴを使用した

シードルが発酵中。

ここ最近、気温が低い日が続いているので

タンクに 毛布のようなものをくくりつけて

温度調整されていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいけど

可愛らしいワイナリーです!

 

 

2020年収穫の新酒を

仕入れさせていただきました!

 

 

 

 

 

東京ワイナリー 

ナイアガラ ドライ 2020 (長野県朝日村産の葡萄)

東京ワイナリー 

デラウェア 2020 (山形県高畠町産の葡萄)

東京ワイナリー 

カベルネ・フラン ロゼ 2020 (長野県原村の葡萄)

 

帰宅後

カベルネ・フランのロゼを 早速 開けてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構オリがあります。

越後屋さんは

オリも混ぜて飲んでね!って

仰っていました(笑)

 

クランベリーやレッドチェリーの

赤い果実の香りに ラベンダーのようなハーブ

小さなスミレのフローラルな香りもあります!

 

酸味が強めですが

フレッシュな果実味と微かなタンニン

アルコールが低めなので

くいくい飲めちゃいました!

 

 

 

 

 

味噌ベースの寄席鍋

豚肉やゴボウなど

甘味と土っぽさがあり

シンプルな味わいに

とても合いました!

 

 

そして

本日は サプライズ!

 

越後屋 美和さんが

葡萄とくまに

ご来店くださいました!

 

埼玉に御用があったとのこと!

さらに

いろいろとお話できて

とっても嬉しかったです!

 

葡萄とくま ご来店記念に

ベアと東京ワイナリーのワインをもって

写真に納まっていただきました!

 

 

 

 

 

 

熱意があって

気さくで

誠実なお人柄❣

 

全国の

葡萄やリンゴの栽培者から

ワイン醸造の委託をうけるそうです。

 

北海道や 長野からも依頼があるそうです。

 

近くにワイナリーはたくさんありそうだけど

やっぱり

越後屋さんに

醸造してもらいたいんですね。

気持ちがわかります!

 

東京ワイナリーのワイン

まだ

飲んだことがないという方は

是非

お試しくださいね❣

 

普段の食事と一緒に干支ワイン

今年は丑年。

最近は

干支ラベルのワインも

いろいろなものがありますね。

 

今日ご紹介するワインも

毎年ラベルが干支の絵に変わるワインです。

 

 

 

 

 

なんだかキャッチーですよね(笑)

 

絵本作家の谷口智則さんが描いています。

「100にんのサンタクロース」という絵本を

描かれた作家さんです。

 

ワインは

オーストラリア

ニューサウスウェールズ州カウラにある

家族経営の小さなワイナリー、

ウインダウリ エステート。

 

ワインの名前は

「 OVER THE RAINBOW 」

 

日本向けに造ってもらっている

スペシャルワインとのこと。

 

国の架け橋という意味合いを込めた

名前ですね。

 

 

 

 

 

 

 

白は

シャルドネ100%。

 

熟したオレンジや白桃の香りに

微かにヴァニラな香り。

たっぷりとした果実味と程よい酸味の辛口です。

 

 

 

 

 

 

この日は

アペリティフ代わりに

ゆでたホウレン草やブロッコリーと

合わせてみました。

 

マヨネーズをつけたブロッコリーと

とても合いました!

クリーミーな酸味がマッチしたんだと思います。

 

ホワイトソース系のもの。

グラタンやホワイトシチュー。

白身魚のフライや 鶏肉のソテーにも合いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

赤ワインは

シラーズ100%。

 

完熟したベリー系の香り。

甘いジャムの香りに

かすかにキャラメルのようなスパイシーさがあります。

 

中くらいのボリュームで

カシスジャムのような甘味と

程よい酸味

そして 角が取れた渋味。

 

ヴィンテージも2000年なので

まだまだ フレッシュ。

ヌーヴォーともいえる!感じ。

ジューシーでフレンドリーな味わいです。

 

 

 

 

 

豚すき焼きで

合わせてみました!

肉の甘味ととっても合います!

牛よりも ソフトな味わいの豚が

いいかもしれないですね。

 

実は

食事とのペアリングより、

ワイン単体でも愉しめる、

ジューシーでフレンドリーなワイン。

 

特別なお料理ではなくても

普段の食卓で愉しめる、

やさしい味わいのワインですよ!

 

ウインダリーエステイト

オーバー・ザ・レインボー シャルドネ 2019

オーバー・ザ・レイボー シラーズ 2020

アフターコロナ 行ってみたい国 ジョージア

葡萄とくまでは

ジョージアのワインを いつも在庫しています。

 

 

それは

ジョージアワインを専門に輸入している

サカルトベロさん

https://sakartvelo.jp/

と仲良くしているから。

 

そして

サカルトベロさんの輸入している

ジョージアワインが 個性的で美味

という理由なんですが。

 

 

 

 

 

 

念のため、書きますが。

 

ジョージアって

アメリカのジョージア州ではないですよ!

東欧のジョージア。

昔の名前は グルジア。

 

いつか 行ってみたいなぁって

思っています。

 

なぜなら

サカルトベロさんからお聞きする

魅力的なジョージアの様子。

美しい景色や

親しみのある人々。

 

特に

料理が美味しいのだとか。

 

シルクロードの交差点ともいえる

ジョージア。

 

ジョージア料理の中には

中華料理や

イタリア料理に通じるような

そんな雰囲気のあるものが多くあるようです。

 

1月4日の日本経済新聞の記事です!

 

 

 

 

 

 

最近は

秘境ともいれるジョージアの料理を

手軽に楽しむこともできるんですね。

 

そこで

記事で取り上げられていた

ファミマのレトルトを

早速 ファミリーマートで購入!

 

 

 

 

 

 

「 ごはんにちょいかけシュクメルリ 」

「シュクメルリ」 とは

鶏肉とガーリックソースを使ったジョージア料理。

 

牛乳もつかっているので

鶏肉のクリーム煮ともいえるのですが

香ばしいガーリック風味が印象的

ニンニクを世界一美味しく食べるための料理

とも言われているそうです。

 

ジョージアの

オレンジワインの複雑味にとても合いますね。

 

まだ

ジョージアのワインを飲んだことないって方、

もしくは

気軽に海外体験してみたいって方

 

料理とワインで

秘境体験してみてください!

 

 

イタリアのクロアティーナと アメリカの マカロニチーズを合わせてみた

 

知ってました?アメリカの味 マカロニチーズ

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ料理と いわれると ステーキくらいしか 思いつきません

 

アメリカ留学をしていた長男から ホストマザーの得意料理 が 「マカロニチーズ」 と聞いた時

ピンとこなくて

単純に チーズ味のマカロニ と 思ってました

 

でも ネット検索してみて ビックリ!(*_*;

 

アメリカの味 マカロニチーズ

 

と 謳った レシピが いっぱい!

 

列記とした アメリカのおふくろの味だったのですね~

 

早速 ネットのレシピを 参考に 作ってみました❣

 

つなぎに 片栗粉をつかったのが ちょっと失敗だったようで

息子からは ホストマザーの味とは ちょっと違うって😢

 

本場のマカロニチーズ 食べたいな~

 

今回 合わせたワインは イタリアのナチュールです

それも 葡萄は クロアティーナ 別名 ボナルダという 地葡萄

 

造り手は ビオディナミで 葡萄以外にも 野菜や果樹を育て

ビオディナミ食材100%のレストランを経営する

家族経営のワイナリー

 

ワインは ビオディナミで栽培された クロアティーナ100% を

野生酵母で 15hlのステンレスタンクで醸造

小さなマストなので 管理が 徹底できるそう

 

カシスやブラックベリーの甘やかな香りに

野性のチェリーや 野生の赤いバラの香り

キノコや土っぽいニュアンスもあり

可愛らしい果実味と ピチピチとした豊かでナチュラルな酸味

きめ細かなタンニンがある

野性味もあるけれど 全体に可愛らしい酸味を楽しめるミディアムボディの赤ワイン

 

本場と同様 マカロニチーズには カリフラワーを いれました

このカリフラワーのソフトな甘みと チーズの塩味 に

この赤ワインは 合いました!

 

キノコ類もいれたらワインには 合いそう!

でも アメリカのマカロニチーズとは 別物に なっちゃうかな

トマトソースで イタリア風のマカロニチーズには 合いますね(・∀・)

間違いなく( ^ω^)・・・

 

ファットリア モンド アンティコ アジェノーレ

イタリア ロンバルディア州

葡萄:クロアティーナ 100%

 

2017年   現在在庫あり (2020.9月現在)

 

 

~以下 輸入会社の資料から~

ファットリア・モンド・アンティコ  FATTORIA MONDO ANTICO

ファットリア・モンド・アンティコはロンバルディア州パヴィア県のロッカ・スゼッラに位置する家族経営の生産者です。野菜はもちろん、パンやグリッシーニに使う小麦や、サラミ、パンチェッタなどの肉類に至るまで全てビオディナミの食材を使ったレストランも経営しており、その一環としてワイン造りを行なっております。ロッカ・スゼッラの標高400mの丘の頂上にワイナリーが位置し、この丘全てがモンド・アンティコの敷地となります。豊かな自然から「ビオディナミのオアシス」と呼ばれるこの土地において葡萄を始めとした数々の果物や野菜を全てビオディナミにて栽培しております。敷地総面積26haの内、葡萄畑は5ha。粘土やシスト、砂質が混じる複雑な土壌です。西-南向きの丘の斜面の為非常に水はけがよく、また常に吹いている穏やかな風が畑を清潔に保ち病気等の心配がありません。もちろん化学肥料や農薬は一切不使用。必要に応じてボルドー液を使用したり、プレパラシオン(ビオディナミの調剤)の500番を使用しています。
※500番…雌牛の糞を雌牛の角に入れ、6ヶ月間土中に埋め堆肥になったもの。水で希釈し畑に撒くと、根に作用し土中深くに伸びるのを促進します。
この生命力あふれる畑から、バルベラやシャルドネを始め、クロアティーナ、ウーヴァ・ラーラ、ウーヴァ・デッラ・カッシーナ、モラデッラなどの土着品種を栽培しております。

 

醸造特記事項
「葡萄の生命力を信じているため、醸造に余計な力はいらない」というダリオ氏のポリシーにより、人的な介入は必要最低限にとどめております。手作業にて収穫された葡萄は、小さい籠にいれて素早くワイナリーに運ばれます。発酵は野生酵母のみを使い15hlのステンレスタンクにて行われます。マストの量が少ないため発酵中に温度管理する必要がありません。赤ワインの熟成には現地にてヴェトロレジナと呼ばれるグラスファイバー製のタンクとステンレスタンクを併用して行われます。2010年から2013年はヴィンテージが良く、健康な葡萄が収穫できたため醸造中のSO2は不使用、瓶詰め時に必要最低限(20mg/l程度)添加するのみです。

FATTORIA MONDO ANTICO

ページ
トップ