ワイン発祥の地のワインのアテ”バドリジャーニ”

 

 

ワイン発祥の地であるジョージア(旧名グルジア)のワインを専門に輸入されている方が来られて、ジョージア料理の話になったんです。

「ジョージアの料理はスゴク美味しんですよ・・・・・・」みたいな話です。

ワイン発祥の地らしくどの料理もワインにスゴク合うのだとか。

その中でもジョージアの茄子料理である「バドリジャーニ」は特に赤ワインと素晴らしい相性なのだそうで、「もうね、バドリジャーニと赤ワインとパンがあれば、もう最高なんすよ!」みたいな話をされていきました。

そこで、そんなにワインに合う料理があるのならばと、物好きな酒屋のオヤジは自身でつくってみた次第です。

埼玉県の代表が高校野球で活躍しちゃって、なかなかTVの前から動けず、時間もあまりなかったのですが何とか完成しました。

 

 

 

 

 

 

【赤ワインとジョージアの茄子料理”バドリジャーニ”】

初めてつくって、初めて食べる料理ですから、出来栄えのレベルがどの程度なのかは微妙なところですが、なかなか美味しいし、確かにワインに合います。

この料理を平たく言えば、塩味をつけて焼いた茄子に、様々なスパイスで風味をつけたクルミのペーストを巻いたり挟んだり乗せたりした料理。

ポイントはもちろんクルミのペーストの味付けなのですが、生のすりつびしたニンニクの量が多かったようで、いつまでも喉の奥に辛さが残りました。それでもその分、元気になったような気もしましたが。

もうちょっとお皿の盛り付けがキレイなら、特別な日の料理としてワインとともに楽しんでいただけるのではないかと思った次第です。

「バドリジャーニ」のレシピ:

茄子⇒5mmぐらいの幅に切る、塩を振って1時間ほど置き、水分をふき取って油でこんがりと焼いてさます。

クルミ(けっこうたっぷり)ニンニク少々⇒すりつぶしてドライ・フェネグリーク、ドライ・パプリカ、ドライ・コリアンダー、ドライ・マリーゴールド(スーパーになくて使いませんでした)、白ワインヴィネガー、水、塩で味付けすしてペーストにする(加えるスパイスはレシピによって様々)。

ペーストを焼いた茄子で巻いたり、挟んだりする

 

 

ページ
トップ