赤ワインのアテになるデザート「赤ワイン苺」

先日の休日、うちの女房殿がこしらえてくれましたよ。

赤ワインで造ったキャラメルソースをかけたイチゴ!!

これ、実にいいんです!赤ワインを飲んで食事をした後、残った赤ワインと一緒に十分楽しめるんです!できればダークチェリー系の味わいの赤ワインがいいですね!この赤ワイン苺、大人だけのデザートかな!?と思いきや、子供にも大人気!うちの子供達は、このソースを指ですくってベロベロなめてましたよ。流石はワイン担当の女房殿であります。これから苺が美味しい時期ですね。是非、試してみて下さい。

酒屋のおやじ的には、この赤ワイン苺に赤のスパークリングワインを合わせたいですね。お互いに同じような味わいではありますが、味わいの相乗効果が期待できます。きっと、味の世界の奥深い官能美に酔いしれる事でしょう!(笑)

赤ワインにも、吟醸の清酒にも、苺の風味のニュアンスがあります。甘口のスパークリングワインと苺の相性が良いのは周知のとうりなのですが、苺をほんのちょっと加工すれば、この赤ワイン苺の様に他の酒類のアテとして十分美味しくいただけるのかも知れませんね!

と言う事で、この赤ワイン苺は、酒屋のおやじの酒の肴部門で、久々の満塁大ホームランなのでありました。愛しの女房殿に感謝、感謝であります。××〇〇(キス、キス、ハグ、ハグって意味です!)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ