“飲料”の記事一覧

元気素材の宝庫!「国菊の甘酒」3種

最近TVで甘酒が紹介されたらしく、酒倶楽部ステップでも最近人気です!

写真左から「国菊あまざけ」900ml 630円、 「国菊 黒米甘酒」 900ml 819円、 「国菊 発芽玄米甘酒」720ml 630円。

人気の理由は甘くて美味しいだけでなく、「飲む点滴」と呼ばれるほど人間が必要とする成分が含まれているからなのです。体に必要なブドウ糖が20%以上も含まれ、その他ビタミン群、パントテン酸など、全ての天然型ビタミン群をはじめ、天然の必須アミノ酸を含んだ ”総合ビタミン・ミネラルドリンク” と言える飲み物なのです。

甘酒が体に美味しい理由!

1)夏バテに強い体に!

暑い夏は必要以上に汗をかき、疲れやすくなります。また、消化機能が低下して食欲不振、栄養低下と悪循環に陥ります。そこで、点滴とほぼ同じビタミンとミネラルを含んだ「甘酒」がスムーズに体に働きかけるのです。

2)お腹を元気にし、お肌を元気に!

ポッコリお腹の最大の原因と言われるのが、食物繊維やオリゴ糖の不足によるお腹の機能低下。また、同じ原因によってお肌のトラブルを引き起こします。甘酒は ”ジャパニーズヨーグルト”と呼ばれるぐらい食物繊維やオリゴ糖がたっぷり!お腹スッキリ!お肌もツルツルです!

3)ダイエットに!

肥満の原因のひとつに「基礎代謝の低下」があります。脂肪を燃やしてエネルギーに変えていくことができず、脂肪として残るのです。そんな悩みを解消してくれるのがアミノ酸です。甘酒には、このダイエットに欠かせない成分のアミノ酸が、バランスよく含まれているのです。

と、様々な効果が期待できます。古来から愛される伝統飲料の甘酒は、まさに発酵による奇跡の飲料であり、また守るべき先人の知恵ですね。しかも、無添加の天然素材。素晴らしいです。

味わいは正直、甘過ぎる感じもあるのですが、冷やしてミルクや豆乳で割ったり、凍らせてアイスのようにすると甘さも抑えられ、美味しく召し上げれますよ!

また、親父さんには、「冷やした甘酒」+「米焼酎」=「にごり酒風(どぶろく風)」も結構イケます!明日もまた頑張りましょう!

ビール通が選んだビール風味飲料(日経プラス1)

本日の日経新聞朝刊のNIKKEIプラス1の「何でもランキング」の記事です。

今日のランキングは「ビール通が選んだビール風味飲料」!

ランキングの結果では、この分野で圧倒的なシェアがあり、好調な売れ行きを続けている、0・00%ビールテイスト飲料のパイオニアでもある「キリンフリー」が何と第8位でした。

「専門家が試飲した評価に、売れ行きを加味して順位を付けた。」のだそうです。とすると圧倒的なシェアを持つ「キリンフリー」は味的に・・・・・・・・?なのか、それとも専門家の方々の好みだけで、人気はあまり加味されていないのか?という疑問が残りますね。

1位に輝いたのはドイツからアサヒビールさんが輸入されている「レーベンブロイ・アルコールフリー(AL0.5%未満)」。ここまでビールテイスト飲料の人気が盛り上がったのはアルコール含有量0.00%なのが最大の理由なわけで、従来のアルコール度数1%未満では人気を加味していると言えるのかどうか・・・・!?

やっぱり「キリンフリー」が第8位の理由は後者のようです。

ビール専門家の先生方はビールの専門家であって、ビールテイスト飲料の専門家というわけではないでしょうから、当然味わいを重視した結果となったのでしょう。当然と言えば当然ですよね。

驚いたのは、ランキング第3位の「サントリーオールフリー」です。アルコール、カロリー、糖質と3つのゼロの、ひょっとして淡白な味わいかな?という印象を持ってしまいそうですが、それが味わい重視とも思えるランキングで、堂々の第3位です。現在、人気で生産が追い付かないため販売を中止している理由が分かる様な気もします。

酒屋のオヤジがこのランキングの中で一番気になったのは第10位のドイツ「アインベッカー」。これらの中で唯一「アルコール除去」による製法。等級の高い麦を使い、通常のビール製法で造った後、アルコール分を取り除いてあるのだそうです。原料も麦芽とホップのみ。しかもプリン体がゼロ。アルコール分は0.0%。専門家のコメントでは「苦味がクリアで、スポーツ後に飲むのに向く」とのこと。気になります。

アルコール分がゼロで酒税もゼロなのに、アルコール分を含み酒税のかかっている、いわゆる新ジャンル・ビールより高いのですから、今後も各社競って様々なビールテイスト飲料が発売されると予想されます。流れは、よりビールの味わいに近く、よりヘルシーにでしょうか。今後の展開が楽しみです。

夏の甘酒は夏バテ対策!

先日、新聞に発酵学者の小泉武夫先生による「甘酒」の記事が載っていましたのでご紹介します。

国菊 あまざけ

なんでも江戸時代、甘酒は主に夏に飲まれたのだそうです。その理由は、甘酒には大量のブドウ糖とビタミン類、アミノ酸類が含まれていて、現代の医療に当てはめてみると、栄養補給の点滴と同じなのだとか。

(甘酒=炊いたご飯に米こうじと湯を加え、一夜保温しておくと、翌朝には甘い飲み物になる。)

江戸時代、夏の厳しい暑さに老人や子供達は体が衰弱し、夏を越せない人も少なくなかった。そんな時、一杯の甘酒は弱った体に活力を付けたとのとこ。江戸や大坂には、夏になると甘酒屋が「甘酒~え、甘酒~え」と声を張り上げて売り歩いたと古文書に書かれているそうな。

そのため、今でも俳句の季語辞典を見ると、甘酒は夏の季語となっているのだそうだ。

小泉先生の手造り甘酒:

先ずデパートなどの自然食品売り場に行って米こうじを買って来る。その米こうじを茶わん1杯分に対してご飯3杯分、60度ぐらいのお湯を7杯分加えて混ぜ合わせ、これを保温気(電気炊飯器のようなもの)で、55度~60度に保ち1晩(大体6~8時間)置く。

すると翌朝には、とても甘くてトロトロに溶け合った甘酒が出来ているから、これを冷蔵庫に入れて冷やし、ぐっと冷えたところでいただく。

また、クラッシュアイスをコップに入れ、そこに甘酒を入れてシャーベット状にして飲んでも美味しいとのと事なのです。

個人的には牛乳で割って飲むのが美味しいと思います。また、暑さで子供が食欲のない時などに、シリアルに牛乳と甘酒をかけると甘味が増して、食べやすくなります。

自分で造るのが面倒だったり、保温器が無かったりするときは・・・・・酒倶楽部ステップで販売しております!ご来店下さいね(笑)!!

一押しのノンアルコール・カクテル!「N.A.ビール&シークヮーサー」

酒倶楽部ステップのおやじが個人的に大好きなノンアルコール・カクテルであります!

ノンアルコール・ビール&シークヮーサー原液

よ~く冷やしたノンアルコール・ビールにシークヮーサーの原液をお好みで加えただけなのですが、これがスッキリ旨いんです!

ノンアルコール・ビールの種類は何でも良いのですが、そこにシークヮーサーの原液を加えることにより、柑橘系の苦味や酸味、爽やかさが味わいに加わり、より刺激的でリフレッシュできる味わいになります。

また、シークヮーサーは柑橘系の王様と呼ばれ、ダイエット効果があったり、血糖値を下げたり、抗癌作用があるといわれています。最近、毎日このカクテルを飲んでいるのですが、先日うちの女房から「なんか最近やせたね!」と言われちゃいました(笑)!特にダイエットのために特別な事をしている訳ではないので、ひょっとして毎晩飲んでるノンアルコール&シークヮーサーが効いてるのかな!?などと考え始めているところなんですよ!

もちろん、本物のビールや発泡酒、ホッピーなどにシークヮーサー原液を加えても美味しいのですが、アルコール飲料は一杯じゃ済まなくなるんですよね!その点、ノンアルコールの場合は何杯も飲めないので、ある意味良いんですよ!一杯で十分なんです!

シークヮーサー原液は冷えた炭酸で割っただけでも、とっても美味しいのです。ノンシュガーなので、口の中でべとつくことがなく柑橘系の苦味の効いた清涼感ある炭酸飲料となります。特にこれからの蒸し暑い時期にはピッタリですよ!

酒倶楽部ステップ店頭でのシークヮーサー原液の販売価格をご紹介しておきます。是非お試し下さい!!

沖縄 山原(やんばる)産シークヮーサー一番搾り 原液 500ml 2,625円

シークヮーサー原液 (台湾産) 500ml 892円

シークヮーサー原液 (台湾産) 1ℓ 1,680円

これからの暑い日に、ノンアルコール・ビール、炭酸、ホッピー、ビール系といろんなものに加えて楽しんでみて下さいね!

ノンアルコール・チューハイ!!

チューハイだってノンアルコールがあるんです!!

ノンアルコール・チューハイ風炭酸飲料「チューハイ テイスト」(アルコール分0.5%) 350g缶 各100円

フレーバーは「シチリア産レモン(カロリーオフ)」「地中海産グレープフルーツ」「紀州産梅」の3種類。

遂に出たという感じの脱アルコール・チューハイ。普通の炭酸飲料とどこが違うの?という気がするのですが、確かにチューハイの味わいなのです。

普通の炭酸飲料と違いは甘さがひつこくないこと。それと、チューハイ特有のわずかな苦味が感じられます。製造方法は良く分かりませんが、これはチューハイ業界の隙間産業的な商品のような気がします。

酒問屋の営業さんがこの「チューハイ テイスト」の案内を持って、酒倶楽部ステップに立ち寄られた際には、「これって!?ノンアルコールのチューハイなの・・・・・・・???」「これ、売れるの・・・・・・・・・・???(汗)」などと正直感じてしまいました。しかし!しかしです!こんなに趣向が多様化している時代に酒屋の読みなどまったくアテにならない気もしたのです。まして若い世代の事となると何だかチンプンカンプン。そこで、とりあえず仕入れてみましょ!って話になったのであります。

仕入れたばかりという事もありますが、今のところ何と一本も売れていません!(涙)ノンアルコール系を購入されるお客様は、ほとんどノンアルコール・ビールで、たまにノンアルコール・ワイン。何だか皆さんノンアルコール・チューハイには手が伸びないんですよね~!?

普通の炭酸飲料は甘ったるい味わいものが多いのですが、この「チューハイ テイスト」は今までありそうでなかったドライな味わいです!意外にイケます。個人的には梅味が美味しいと思います!だれか試して下さ~い!

ページ
トップ