“酒屋の株話”の記事一覧

「酒屋の株話」中国の存在感

 

 

日経平均株価急上昇の後、11月ぐらいからは「利食えるものは何でも利食っちゃえ!」みたいな怒涛の売り圧力があったように思う。

年末であることやファンドの決算あたりが要因なのか、海外投資家からの売り越しも続いている。

また、この状況は日本だけではないとのことで、アジア全土で海外投資家が売り越しているとのことだ。

中国が消費量で世界の半分以上を占めるという非鉄金属の相場が急落している。中国経済が最大の懸念と言うことか。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

中国の需要がそれほどまで大きいとは驚くばかりだ。

それでも、そんな売り圧力も今週やっと終了したような印象をうけている。もっとも日経平均株価はそれほど下げていないのだが。

このカネ余り時代にあって、企業業績が好調にもかかわらず、市場はこの強気相場をまったく楽観視していない。

従って、市場心理から見るこの強気相場は極めて健全であると言えるのではないか。

なぜ日本株市場がこれほどまでに過熱しないのかが不思議でもある。

日本株市場のメージャープレイヤーである海外投資家にとっては、日本株とは成長株であってもアマゾンやグーグルなど世の中を一変するような企業と比較すれば、それほど評価できないのかも知れない。

気長に待つしかなさそうだ。

日本株市場は、中国経済をにらみつつ堅調に推移しそうだ。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」理不尽に売られた相場の末路

 

 

今週の日経平均株価は上値を試す展開ではあったが、23000円を回復するまでには至らなかった。

価格が下がれば投資機会をうかがう動きはあるが、買い上がるほどに強気ではないようだ。

日経平均株価は急上昇の後、堅調ではあるが高値の更新もない調整期に入ったようだ。

 

 

 

 

 

 

中小の個別株に目を転じれば、今のカネ余りに市場の流動性がついていけないような状況があるように見える。

取引参加者をザックリ分ければ、外国人投資家や個人投資家などに分かれるが、その取引の中身はバラバラだ。

いろんなタイプの人が、いろんなアイデアを持って取引に参加している。そんな状況が市場参加者を振り回し、また振り回されることになる。

昨日は分割と新株予約券の第三者への発行による増資を発表した成長株が急落した。分割なのだから買われても良さそうなものだと思ったのだが。

大手証券会社への第三者割当であるため、コールオプションに似たその増資の仕組みに対応して大手証券会社がいわゆるマーケットニュートラル戦略のためのアゲインスト・オプションでの売りを入れたのか。

もしくはそんな売りを見越して投機筋が売ったのか。

それとも、個人の信用の買い残が多いため、その投げ売りを狙って投機筋が力ずくで値を下げたのか。

または、値下がりしてもおかしくないような誰も知らないファクターでもあるのか・・・たぶんこれはない。

ファンダメンタルズを無視した状況で、売買の需給バランスが崩れたのだろう。つまりは流動性の問題だ。これを流動性のワナと呼ぶのかも知れない。

もしこれが投機筋の思惑なら、膨れ上がったカネ余りを背景とした取引状況は、中小の銘柄をオモチャにでもしているかのようだ。

弱い買いのポジションは、簡単に食われてしまう可能性がある。

またそんな理不尽に売られた相場は、業績を買うべきなのだ。

再帰的な動きに期待したい。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」株を買わなくてどうする

 

 

日経平均株価は日柄調整と呼ばれるような局面に入ったのかも知れない。

中国株をにらみつつ、上がれば個人の売り、下がれば投資機会をうかがう様々な筋からの買いが入る展開か。

いよいよ中小の成長銘柄に、業績相場が本格始動すると期待したい。

 

 

 

 

 

 

かのチャーリー・マンガー氏が言うように株式投資とは、「株価の短期的な変動ではなく、事業の長期的な成長に投資する」ことが重要であり、それこそが投資の王道だろう。

それでも、日々の相場につい心が乱される。

そんな心の持ちようは、「投資の王道とは、ひょっとしたら酒の飲み方に似ているのかも知れない」と酒屋としては思う。

適量のお酒を毎日楽しめれば、健康で長生きできる可能性がある。人生をより豊かにしてくれる。

しかし、酒に依存してしまえば悲劇的なことになる可能性が高くなる。

つまりは節度とか規律が大事という話になるのだが、目の前にうまそうな酒があり飲めば気分がよくなる、もしくは日々価格が変動する刺激的で儲かりそうな相場がある、となれば節度を越えて目の前のことに依存してしまう可能性があるのだ。

相場にのめり込んで短期で売買しても安定して利益が出せれば問題はないのだが、そうならない可能性は少なくない。将棋やチェスで人工知能に負ける時代にあってトレーディングだって例外ではないと思う。

また、投機的であることが存在意義であるヘッジファンドに振り回されないようにすることも重要だろう。

それには、株式投資とは相場を張ることではなく、事業に出資するという基本に回帰した考えに戻すことが必要ではないか。

つまりは株式投資の王道だ。

既存の商売のほとんどが儲からないタフな時代だが、それでも今までに経験したことのないような産業革命が起きているとも言える。そして、経済はますます一強多弱の傾向を強めて行くとみられる。

この変化に対応しようと思えば、株を買わなくてどうする、と考える。

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」カネ余りの本格流入は

 

 

レオナルド・ダビンチが描いた油絵がNYの競売で美術品最高額の510億円で落札されたのだとか。

世界経済は空前のカネ余り状態にあることは間違いないようだ。いつでもどこでもバブルの発生は不思議ではない環境下にあるということだろう。

それでも、こと日本株に限って見ればまだまだバブルには程遠いと思う。もしバブルに至るとしてもまだまだ先の話ではないか。

先日、新聞を読んでいたらそのコラム欄に「・・・・・・・株価の上昇が続くと「バブルではないか」と構えてしまう人がいる。日経平均株価が最高値をつけた1989年の株式相場を見た者として、苦笑を禁じ得ない。・・・・・」と書かれていた。

まったくその通りだと思った。

バブルの時代を思い起こせば、それはもうとんでもないイケイケドンドンなデタラメが行われていた。株価の水準も含めて、まったくもって今とはレベルが違うのだ。

また日経平均は上昇したが、ミクロ経済学的に見れば今のこの株価水準はまったく売る気にならない。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

この空前のカネ余りの時代に、個人投資家の売り越しが続いていて、証券会社のMRFの残高は過去最高に積み上がっているのだそうだ。また、主要国の企業も貯蓄超過なのだそうで、自社株買いへの圧力は強いと想像される。

先週から海外のヘッジファンドの決算対策の換金売りなどで株価は調整した。下がったところは、いわゆるクジラの買いが入ったようだ。

さらに調整するようなことがあれば、そこにはクジラ、ファンド、個人、企業と大量の買いが待っているということではないか。

もしくは、日本株にも成長が期待できる銘柄に資金が流入するということでなないか。

個人投資家の強みは、決算もドローダウンもクリスマス休暇もへったくれもないことだ。今の様な目先の株価の変動は”やり過ごす”どころか”まったく無視”するに限る。

もちろん勇敢なる投機家さん方の戦いに挑みたいのなら話は別だが。

そうでなければ、「企業の成長に賭けてるのに・・・・こんな水準で売らされたら悲しすぎる!」みたいなことを避けるべきなのだ。

商いのコツは飽きないで続けることだと言われるが、株式投資も同じなのかも知れない。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」思惑の乱気流

 

 

今週の日本株市場は乱気流に巻き込まれたようだ。

 

 

 

 

 

 

中小の成長銘柄は好決算の発表後に大きく値を下げた。それまで買われていたわけではないため、いわゆる「バイ・ザ・ルーモア セル・ザ・ファクト」ではない。

また、日経平均株価は23,000円を超えたかと思えば、ヘッジファンドからの大口の売りが出たとのことで短期的に大きく値を下げた。

これらの理由を探っても仕方がない。様々な思惑が入り組んでいるのが相場だ。また、上昇相場の形成過程における短期的な急落は珍しいことではない。

急落があっても上昇トレンドに変化はない。また弱いロングの振り落としで上値が軽くなったともいえる。

パニックに陥ることなく、客観的、多面的に市場を見れば、この一時的とみられる急落への対処法は、”やり過ごす”ことか、もしくは”買う”ことなのだろう。

相場に対しての”心の持ちよう”が大切ではないか。

そのためには短期的思考を避けるべきだと思う。

大量の資金で市場に入ったり出たりを繰り返す投機的ヘッジファンドは、投機的なことが存在意義だ。人工知能か人が判断しているかの違いはあるのだが。

もし中小の成長銘柄に対して投機筋が下値を試すような行動に出たのだとすれば、目先の下値を確認してくれたとも受け取れる。次の行動としては、”買戻し”もしくは”買戻し+新規買い”ではないか。

どちらにしても中小の成長銘柄には売り込まれた反動の”アイランド・リバーサル”と呼ばれるような強気のチャートパターンが形成されても不思議ではないぐらいの状況だと思う。

さらなる乱高下の可能性もある。この市場環境で生き残ろうと思えば、じっくり構えるしか方法はなさそうだ。

今はこの乱高下に一喜一憂することなく、成長銘柄を保有し続けることが賢明ではないかと思う。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3412345...102030...最後 »
ページ
トップ