“酒屋の株話”の記事一覧

「酒屋の株話」業績と市場心理

 

 

昨年のこの時期、「酒屋の株話」のタイトルのひとつは「スモール・イズ・ビューティフル」。中小の好業績企業の株価が上昇したのだ。

今年も似たような展開と言えるのではないか。決算発表が終わり、株価に割安感が出た銘柄が買われている。

しかし昨年の6月にはブレグジットがあり、世界の金融市場は一時的なパニック状態に陥った。そして結果として株価のボトムを形成した。今年も同じように政治リスクもしくはトランプリスクが市場を襲うのかも知れない。

それでも、そんな投機的パニックともいえる乱高下は、昨年同様に長中期での投資を目的とした投資家にとっては、素晴らしい投資の機会を与えてくれている。

割安となった銘柄を、割安のまま買える期間を長くしてくれているのだ。

米国の大統領がロシアと癒着していたからと言って企業業績に影響あるとは限らない。ならば、その銘柄を買うか保有し続けるかしか方法がない。

ただの市場心理の動揺ということだろう。

また、そんな好業績・割安な企業の株価を、素直に大幅に上昇させてくれない今の状況はある意味健全であり、上昇相場の長期化を示唆しているような気もする。

 

 

 

 

 

 

日経平均株価に目を転じれば、歴史的な低水準に落ち込んでいたボラティリティが、このロシア疑惑による市場の動揺で急反発したようだ。

日経平均の上値を抑えていた一因とみられているコールオプションの売りに買戻しが入るとすれば、結果として先物買いに繋がる。

ボラティリティは底を打ち、今後の更なる変動を警戒しているかのようだ。

また信用取引の買いの残高も減少し続けているとのことで、転売による売り圧力も減少しているということだろう。

 

日本株に対して弱気になれない。まして、その中の好業績・割安銘柄に対しては、まったく弱気になれない。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」ボラティリティとレジスタンス

 

 

地政学リスクは、結果として日本株の絶好な買い場となった。

市場心理に「恐れ」が感じられる状況とは、やはりそのほとんどが買いのタイミングなのだ。

そして、「海外投資家の買いに対し、個人が売り越す」という、株価上昇の売買パターンも戻ってきた。

それでも、日経平均株価の2万円レベルには強固なレジスタンスがあるようだ。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

新聞の伝えるところでは、投資家が2万円ストライキング・プライスのコール・オプションを売っているとのことで、そのカバードコールと呼ばれるポジションが結果として頭を抑えているとのこと。

またこの傾向は世界的なものなのだそうで、「世界でカバードコールの取引増加が観測されている」とのこと。世界中で今後の株価上昇に対して懐疑的になっていることにはやや驚く。

昨今の株式投資とは個人取引のレベルであっても、より複雑化した多様なゲームプランが用いられているようだ。個人の取引形態がヘッジファンド化しているということなのかも知れない。

その結果として、日経平均のボラティリティは歴史的ともいえるような低水準にあり、またこの低下傾向は継続している模様。

マクロ系リスクに対する懸念は薄れ、日本企業の好業績が伝えられるなか、この株価上昇に対する懐疑的な市場のコンセンサスは、まだこの相場が”懐疑の中”にあることを示唆しているような気がする。

まるで、株価上昇のマグマが蓄積していて、ひとたびそのマグマの活動が始まれば、2万円レベルのレジスタンスを突き破ることになり、そのまま一気にマグマが吹き出すようことになるのではないか、といった印象だ。

2万円のレジスタンスを前に時間が経てば経つほどに、またボラティリティがオプションの売りで低下すればするほどに、上昇に向けたマグマは膨らんで行くのではないか。

もし自身が投機家であったなら、ヘッジなしで素直に低ボラティリティのコールオプションを買ってみたい気もする。

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」菖蒲(勝負)の月なのか

 

 

「女房を質に入れてでも新日鉄を買え!」とは、昭和の相場師と呼ばれた是川銀蔵の有名な強気相場に対するコメント。今の日本株市場はまさにそんな状況ではないかと思う。

様々なリスクが後退し、ついに業績相場が始りそうにみえるからだ。

好業績の決算発表を受けた銘柄は大幅に値を上げているが、それでもまだ割安な印象をうける銘柄は少なくない。

 

 

 

 

 

 

地政学リスク、政治リスク、中国の大バブル・・・・とマクロでのリスクはある。

それでも日本株市場をドでかい図体で暴れまわるような団体の方々にとって、日本株市場のもっとも大きなリスクはゴールデンウィークではないかと思う。

「なんで三日間も休みなんだ?」・・・・・取引できないリスクだ。

ゴールデンウィークはもう今の経済活動にそぐわないのかも知れない。それぞれが好きな時に休んだ方が、あたりまえだが効率は良いのだ。

それでも、そんな日本のゴールデンウイークが終われば、そのドでかい図体で暴れまわるような団体の方々は戻って来るのではないか。

暴れ方は多様化しており、それぞれが同じ暴れ方をするとは思えないが、それでも割安感ある好業績銘柄は買われることになるのだと思う。

もし、そんなドでかくて自信たっぷりの方々が戻ってくるのなら、「女房を質にいれてでも・・・・」ぐらいの状況になってもよさそうなものだ。

アドレナリンを大量分泌させたドでかい図体の方々は、この連休明けに大暴れすることになるのか・・・・・ぶつかってケガでもさせられないように、静かに見守りたい。

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」凝縮した味わいは

 

 

凝縮感あるワインを造るには、ぶどうを間引きして収量を下げることにより成分をより凝縮させる。その地域の日差しの強さにもよるが、アルコール分の高いボリューム感ある味わいのワインが出来上がる。

来週の日本株市場は、祝日に間引かれた凝縮感ある濃い二日間になりそうな気がする。

 

 

 

 

 

 

<凝縮感ある高級ワイン>

金曜日の引け後に多くの企業の決算発表があった。そして来週は二日間のみの取引。取引が集中する可能性があるのだと思う。

また取引の集中により、日経平均株価ベースでも大きく動くのかも知れない。そして、もし大きく動くとすれば、やはり上方向だろう。

地政学リスクなどでの警戒感ある展開の後、好業績の決算によりかなりの割安感が出た銘柄は少なくない。業績を見極めてから動く投資家も多いとみられ、来週の二日間しかない取引では株価チャートに火柱を立てるような高騰銘柄も出て来そうだ。

4月の後半あたりで、様々なリスクへの警戒感は峠を越え、株式や為替の相場の流れは変わったとみるべきなのかも知れない。

円相場を見る限りでは、地政学リスクやその他のリスクへの警戒感は薄れて来ている。

もし今年のセル・イン・メイがあるとすれば、ちょっとスタートは早かったが、それは日本円ではないかと思う。逆に英ポンドは底入れした印象だ。

「なんで北朝鮮リスクで円買いなんだ?」みたいな、一般人には理解しにくい認識のバイアスにより形成された価格は、ついに再帰的な動きに移行したということか。

また同じように、ブレグジットにより過度に悲観された英ポンド売りも再帰的な動きとなるのか。

来週の絶妙なタイミングで間引きされた凝縮感ある市場の動向に期待したい。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」懐疑の中

 

 

「二度あることは三度あるのか?」・・・・「ブレグジット」「トランプショック」とリスクを恐れて調整した株式市場は、その後に上昇に転じた。

「地政学リスク」が消えたわけではないが、警戒感はうすれつつあるようだ。

そして、やっと好決算が予想される決算発表が本格化する。

フランスの選挙など相変わらず懸念されるイベントはあるが、そろそろ株式市場は地政学リスクのアクが抜け、業績相場に移行すると期待したい。

 

 

 

 

 

 

今の市場はまるで、かのテンプルトン卿の名言にたとえれば、悲観の中で生まれた相場が、懐疑心にまみれながらなんとか育っているかのようだ。

市場に多少なりとも影響を及ぼすようなノイズは相変わらず多い。また為替市場も相変わらず投機色が強い。

それでも、そんな素直に株価を上昇させてくれない、必ず売りが出て上値を抑えつけるような動きは、この上昇トレンドが一過性のものではなく、息の長い上昇相場であることを示唆しているかのような気がする。

売買が一方に偏り過ぎない、常に市場に懐疑心が存在するような、「欲」と「恐れ」のバランスが偏り過ぎていない印象なのだ。

そして、このまったくもってエキサイティングではない、投資家として欲求不満な心持ちこそが、投資の世界の人生修行なのだろう。

たとえ好決算がつぶされるような展開となっても、それがいわゆる「懐疑の中」なのだ。人生修行はあまくない。

将来を正確に予知することは不可能。それでも、少なくとも現段階では、安心できる水準で、安心できる企業に投資していると思えれば、それが最善策だろう。

業績相場に期待したい。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 2812345...1020...最後 »
ページ
トップ