「ワイン業者向け試飲会」旨安ワインをさがせ!

夏季ワイン試飲商談会に横浜へ。

今回のミッションもまた”旨安ワインを探せ!”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の試飲会で旨安ワインとして最も注目したのが、上の写真のスペイン「ムールヴィエドロ・シリーズ」。やわらかくて、果実味がしっかりとしていて、樽の効かせぐわいも良い、そしてバランスが良い。これで価格が800円~1300円なのだから、ホントにパフォーマンスが良いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的に好きなフランスのカオールにも旨安ワインがありました。やわらかくて、大地の風味がして、スムースな飲み心地。

ワインを販売する者として「まだまだだな~!」と思うのは、ワインとしてのコストパフォーマンスが素晴らしいものの多い、販売価格二千円がらみのワインに積極的に取り組めないことでしょうか。

家飲みで1本二千円は、いくら美味しくてもやや高いと感じる方が多いと感じてしまっているからかも知れません。もちろんそれ以上の価格のワインの需要もあるのですが、ひょっとしたら消費者心理に対しての、二千円がらみという価格帯が微妙に反応しにくいのかも知れません。

たぶん外食市場では、しっかりとワインを販売したいと考えているお店さんにとっては、一杯千円しないぐらいで、このレベルのワインを提供すれば、かなりお客様に喜んで頂けるのではないかという気もするわけです。

二千円がらみの販売価格帯ではイタリアワインが特に良かったように感じました。

酒屋としておススメするとすれば、普段の家飲み用に千円以下の旨安ワインを、ちょっとだけハレの日にコスパの高い二千円以下のワインをといった感じでしょうか。

もちろん特別の日には、特別なワインが気分をグンと盛り上げてくれますよ!

 

 

 

ページ
トップ