「ジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・N 2017」今年はワンランク上

 

 

ステップで人気のボジョレー・ヌーヴォー、「ジャン・クロード・ラパリュ」の2017年ヴィンテージ情報です。

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月28日より収穫が始まりました。

自然派の中ではいち早く収穫を始めるのがラパリュ。ブリュィの山の麓、サンテチェンヌ・ドゥ・ラ・ヴァレンヌのぶどう畑は、他の地区より早く熟度が上がります。

ボジョレーのクリュの中でも南に位置するこの地区は、フランスを襲った4月の霜害はなく、7月の雹害もなかった。6月の猛暑でぶどうの成長は早く、昨年より10日間ほど早く収穫を始めました。

ここのところの乾燥でさらにぶどうは凝縮。同時に酸も凝縮しました。

2017年は、例年よりワンランク上の高品質でバランスの取れたヌーヴォーが出来るとみております。

 

収穫されたぶどうは底の浅いケースに入れられ醸造所に運びます。そのケースはかのロマネ・コンティのそれよりも浅い箱を使う気遣いです。

収穫してから発酵槽に入るまでぶどうが重量で潰れる危険はほとんどゼロなのです。そんな小さなことの積み重ねがラパリュ独特のきめ細かい上品さを生みます。

1996年からワインを造り始めたラパリュの22回目の収穫です。この22年間、より高品質なワインを求めてぶどう畑や醸造所の設備など、たゆまぬ努力・改善を続けてきました。

野生酵母で補糖なしの発酵と醸造。SO2の不使用。2010年には垂直式プレスの導入など、そのあくなき追はヴィンテージごとに繊細さを増しております。

 

2017年ボジョレー・ヌーヴォーのご予約を承っております。

今やボジョレーの自然派を代表するジャン・クロード・ラパリュのボジョレー・ヌーヴォー2017は如何でしょうか?

 

 

 

ページ
トップ