「ジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・N 2017」天候被害なくパーフェクト

 

 

ステップで人気のボジョレー・ヌーヴォー、「ジャン・クロード・ラパリュ」の2017年ヴィンテージ情報です。

 

 

 

 

 

 

(ジャン・クロード・ラパリュの収穫)

2017年のジャン・クロード・ラパリュのボジョレーはパーフェクト!

冬からの適度な雨、6月の猛暑などでぶどうの生育は昨年より2週間ほど早い。まさにリズミカルに順調にぶどうが育っている。

ラパリュの区画は4月の霜害も、7月の雹害も全く被害がなくパーフェクトな状態。もちろん収穫までは油断はできないが、本年も素晴らしいヌーヴォーが出来上がることであろう。

<2017年のヌーヴォーのぶどうは何と樹齢60年>

ラパリュのドメーヌのある村、ブリュイィのサンテチェンヌ・ラバレンヌの北東5キロのシャレンタ村のヴィエイユ・ヴィーニュで2017年のヌーヴォーは造り出される。

このガメイの古木は収穫量は少ないが熟度の高い高品質なぶどうをつくり出す。また醸造、熟成、ビン詰めまでもちろんSO2(亜硫酸)添加ゼロ。

<ラパリュの目指すワイン造り>

ラパリュが目指すヌーヴォーとは「新鮮なぶどうの香りを思い起こしてくれるようなアロマ、収穫したぶどうを丸ごと、今まさに搾っている香りをそのまま再現するようなヌーヴォー」です。

<ワイン造りのポイント>

①有機栽培。美味しいワインは自然なぶどう栽培抜きにはあり得ません(認証は取得していません)。

②樹齢60年のヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)。

③本来のマセラシオン・カルボニック。一切除梗しない房そのままの状態で発酵。ピジャージュも一切せず、皮を一切傷付けづに優しく発酵。ぶどうの粒の中で果汁がゆっくり発酵します。

④プレスは100年以上前につくられた木製垂直式圧搾機を用いゆっくりプレス。

⑤酸化防止剤(SO2)は、醸造中も瓶詰め時も一切使用しません。野生酵母の自然な働きによりテロワールを素直に表現した、とても優しい味わい。

 

早いもので、今年ももう間もなく2017年ヌーヴォーのご予約を承る時期になります。

11月の解禁日にジャン・クロード・ラパリュ2017は如何でしょうか?

 

ページ
トップ