脅威のアンダーヴァリュー赤ワイン「セルクル・デュ・バン・ルージュ」

前回ご紹介した脅威のアンダーヴァリュー白ワインの姉妹品。驚異のアンダーバリュー赤ワイン!

Le Cercle du Vin 2008 セルクル・デュ・バン・ルージュ(赤)(略して「セルクルの赤」) 750ml 1200円(現在の店頭価格です)

セルクルの白と同じく、南フランスのラングドック地方サンシニアン地区にある、たいへん歴史のあるワインメーカーのシャトー・カザル・ヴィエルのワイン。自然農法に近いブドウ作りと真面目なワイン造りを実践しているミケールさんが、3種のブドウを絶妙にブレンドした、ブレンドの妙が光る赤ワインなのです。

シャトー・カザルヴィエルでは約100年程前に、この地方では初めてローヌ地方からシラー種を導入。シラー種はこの地方の痩せた土地に良く適合し、今ではこの地方で一番栽培されているブドウなのです。そして、ここのミケールさんはシラー種のワイン造りの名手。ミケールさんの造るシラー種を基本にブレンドされたワインには定評があるのです。

ミケールさんが実践し、また目指しているワイン造りは、出来た最初の年から楽しく飲めて、骨格のしっかりした良く熟成するワインを生み出す事。

実際に味わってみると、難しい事を言わずに素直に「美味しい!!」と言えるワインなのです。そんなワインを信じられない位リーズナブルな価格で造り出しています。

このカザルヴィエルの赤は、酒倶楽部ステップで一番売れる赤ワインなのです。何故かと言えばレストランさんに扱ってもらっているから。蕨や戸田周辺にもレストランさんは在るのですが、何故か遠方のレストランさんばかり。レストランさんにしてみれば、自分の店で出しているワインがすぐ近くの酒屋で買えるのって、あまり気分の良い事ではないんでしょうね!わざわざ遠くから仕入れるのが分かる気がします。皆さんいろんな事情があるんですね!

今後、このシャトー・カザルヴィエルの造る、ワイン通を唸らせるような深い味わいのワインの数々は、徐々にご紹介させて頂きますよ。ご期待下さい。そして、酒屋のおやじに騙されたと思って、是非試してみて下さいね~!!(笑)

待ってますよ~!! ああすた らびすた べいびー(古い?)!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ