“貴腐ワイン”に関する記事一覧

スタンダードなおススメワイン 貴腐ワイン

あま~いあま~い 極甘の デザートワイン。

毎日とは いいませんが たまに 飲みたくなりますね。

ステップでも いろいろな甘口ワインがありますが なかでも 貴腐ワイン というと 甘口のなかでもとっても特別感があると感じるお客様が多いように思います。

 

そんな貴腐ワインの代表が ボルドー地方のソーテルヌです。

黄金色に輝く 甘いワインは 多くの人を魅了しますよね。

その ソーテルヌ地区のとなりにある 南西地方の モンバジャックを ご存知ですか。

ソーテルヌのような貴腐ワインをつくっている産地です。 その歴史は ソーテルヌより古く、モンバジャックの貴腐ワインは ソーテルヌに比べても 手頃な価格のため 知る人ぞ知る デザートワインなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015

ソーヴィニヨン・ブラン 100%で造られる 甘口ワイン

ハチミツや砂糖漬けのかりんのような 甘く、華やかな香り 心地良い酸味もともなったすっきりさの伴った甘さなので 嫌味なく 愉しめます。

昨年末の ワイン会では ハンドメイドのフルーツケーキと合わせましたが、フルーツケーキのなかのドライフルーツと抜群の相性でした!

遅摘みの葡萄で 貴腐菌がついた良年のヴィンテージしか造られません。

フランス 南西地方ベルジュラックに位置し、1612年まで歴史を遡ることのできるシャトー・スービル。 現在、ワイナリーを引き継ぐ ステファン・キャレールいわく、「良質のワインを造り出すために必要なことは 良い土壌、適切な台木の選択、土壌に適合した葡萄品種、日当たりの良さ、そして何よりもワイン造りの仕事が大好きなこと」

こだわりのおススメワインです。

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015   3,500円+税

にほんブログ村 酒ブログへ

ホワイトデーにあま~いワイン

 

 

ホワイトデーの準備はととのいましたでしょうか。

ケーキとかビスケットとかをひっくるめて最近では「スイーツ」と呼びますが、つたない酒屋のオヤジの経験から申しますと、その辺で購入したいわゆるスイーツでは、ひょっとしたら受け取られた方は、言葉にも顔にも出さないかも知れませんが、ホワイトデーの贈りものとして、やや喜びに欠けるかも知れないと危惧してしまったりもするわけです。

それなら・・・・・いったいどこでその気の利いたような、よろこんでいただけるであろう、いわゆるスイーツを買ったらよいのか?

そこで、酒屋としてはおススメしたいのが、あま~い本格派のワインとのセット。

あま~いワインに、まあ、ふつうに美味しいだろうスイーツを添えるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【甘口ワイン各種  アイスワイン、レチョート、貴腐ワイン 】

スイーツ市場の環境もおどろくほど変化したようです。数年前にうちの近所に本格派のパティスリー(フランス系ケーキ屋さん)が開店したんです。

今までは都心からのおみやげでしか食べることのなかった、ミルフィーユとかマカロンとかが近所で買えるのですからおどろきます。

都心の有名店でなくても十分に満足できるんですよ。「もー近所でいいじゃん!」って感じでしょうか。

そんな普通に美味しいスイーツに本格派の甘口ワインが付けば、それは受け取る方にもよろこんでいただけるのではないでしょうか。

スイーツと、本格派の甘口ワインの組み合わせは、なかなかのもではないかと思うのです。

 

ホワイトデーに本格派の甘口ワインは如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ソーテルヌ」会話までも極甘にしてしまいそうだ

 

 

正確にはソーテルヌと隣のバルサックですが、この地域の甘口ワインはまさに無敵でしょう。

様々な味わいの要素が織り成すそのハーモニーは、他のどの地域の甘口ワインも太刀打ちできないほどに素晴らしい。

もうほとんど神がかっている神秘の地域と言えるのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

渋味や酸味のあるボルドーの赤ワインをたっぷり試飲した後で、同じボルドーワインであるソーテルヌやバルサックの甘口ワインが試飲でるのは幸せです。

もうそのうっとりしてしまうような美味しさに、思わず飲み込んでしまいました。もはや酔っぱらってもいい。

あまりにも優雅でリッチな味わいは、味見しただけで口から吐き出すには、あまりにもったいなさ過ぎるのです。こんな奇跡のような味わいは他にないでしょう。

以前、テレビの番組でプロの方がワインのタイプを人間に例えておりましたが、このねっとりとして官能的に複雑な甘さのワインは、どんな人に例えるべきなんでしょうかね。

会話までも極甘にしてしまいそうな方でしょうか・・・・もっとも、そんな人は見たこともないのですが・・・・。

 

飲み込んだ後に感じる、オレンジの皮を使ったお菓子を思わせるような美しい余韻が、スバらしい。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「デザートワイン」週末のWデーはスイーツをアテに・・・

早めに帰宅したくなるような天候の今日はホワイトデー。しかも週末の金曜日ですね。

増税が迫るばたばたとした1週間のお勤めもとりあえず一休み。週末は週末らしく疲れを癒さなければなりません。

ホワイトデーならではのスイーツのご馳走を最大限に楽しみ、また1週間の疲れを癒すために、スイーツに合わせたデザートワインを楽しむのは如何でしょうか?

 2014031410480000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【写真はベルジュラック地方の貴腐ワイン(極甘口)】

デザートワインといえば、フランスのソーテルヌの貴腐ワインや、ちょっと珍しいベルジュラックの貴腐ワイン。最近は温暖化により収穫が難しくなったドイツのアイスワインやカナダのアイスワイン。赤ワインではアマローネの産地のレチョートあたりがメジャーどころでしょうか。

そのほかにも比較的リーズナブルなレイトハーベストのワインなどがあります。

そんなデザートワインの魅力は、造りが非常に贅沢で希少な魅力もあるのですが、その何層にも重なり合うような味わいが複雑に織りなす、大人の甘さです。

もちろんワインによって個性は違いますが、ただ甘いだけではなく、ビターさがあったり、キレイな酸味を感じたり、スパイシーさを感じたりするのです。

だからスイーツをアテにしても、意外に口の中をサッパリとさせてくれるように感じるのです。造りも贅沢なら、味わいも本当に贅沢なのですね。

 一日で飲み切る必要はありません。数日かけてチビチビと楽しんでいただけます。

せっかくの週末のホワイトデーです。特別なスイーツにデザートワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「モンバジャック」隠れた貴腐ワイン産地の名品Ch・スービル

数年に一度、出来の良い年にしか生産されない貴腐ワインが入荷しました。

2013121213340000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャトー・スービル ルー・ヴィエイユ モンバジャック2012】極甘口 白の貴腐ワイン AL13.5%750ml 3000円外税

 フランスの貴腐ワインといえば、ボルドー地方のソーテルヌが有名すぎるほど有名で、ブランド力も高いのですが、そのソーテルヌの近くに、ベルジュラック地方のモンバジャックという貴腐ワインの産地があります。

フランス産、高級甘口貴腐ワインとしてはソーテルヌの陰に隠れて目立ちませんが、モンバジャックの貴腐ワインの歴史はソーテルヌよりも古いのだそうです。

また品質もソーテルヌのトップブランドに負けない水準の貴腐ワインもあると言われております。

しかし、そのブランド力には格差があるようで、モンバジャックの貴腐ワインはソーテルヌに比べて品質の割にお得感があるように感じます。

このシャトー・スービルでは数年に一度、出来の良い年にしか貴腐ワインの生産は行っておりません。ここ数年は当店にも入荷がありませんでした。そのため2012年ヴィンテージは久々の入荷なのです。

 貴腐ワインらしく複雑味のある大人の甘さのワインです。一般的にはフォアグラやブルーチーズ、デザートに合うと言われております。また、食後に単独でも十分に楽しんでいただけると思います。

クリスマスの集まりには、意外に気の利いた一本ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ