“ボルドー”に関する記事一覧

12月7日 の ワイン会

ステップ 12月7日 今年最後の ワイン会。

お申込みの締切が 近づいて来ました。

2014.3 ワイン会 モザイク画1

 

 

 

 

 

(以前のワイン会の写真)

 

12月7日(日) 13:00~15:00

「シャンパーニュ と ボルドーワイン を 愉しむ会」

ステップ 2階 にて  参加費 お一人様 5000円(税込)

お申込み 締切 は 11月30日(日)

お電話・メールで、お願い致します。

 

top-4

 

 

 

 

 

 

 (以前のワイン会の写真)

 

ワインは 下記の8種類 を 予定しています。

 

銘醸地 ボルドーの スパークリングワイン 

ジャイアンス クレマン・ド・ボルドー

ブラン・ド・ブランの最高峰

ピエール・ジモネ ブリュット・キュイ プルミエ・クリュ

シャンパーニュ ビオディナミ先駆者

フルーリー・ペール・エフィス ブラン・ド・ノワール ブリュット

戦後に創設された数少ない メゾン

ブルーノ・パイヤール ブリュット・プルミエクリュ

 

以上 クレマン・ド・ボルト―と

シャンパーニュの ブラン・ド・ブラン そして 黒ブドウから造られた ブラン・ド・ノワールの

飲み比べを中心に愉しみましょう。

 

 

2013092513220000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

赤ワインは

ボルドーのメドック地区のワインを 飲み比べます。

ヴュー・シャトー・ランドン 2010 AOC メドック

シャトー・ラネッサン  2010 AOCオー・メドック

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010 AOCマルゴー

シャトー・ペデスクロー 2010 AOC ポイヤック

以上 4種類

 

2014年6月1日ワイン会 011

 

 

 

 

 

  (以前のワイン会の写真)

 

合計 8種類 を 予定しています。

 

手造りパン や ワンプレート で おつまみも ご用意します。

気軽で 楽しい飲み会です。

お子様連れでも 大丈夫。

ご参加 お待ちしています。

2014.3 ワイン会 006

 

 

 

 

 

 

(以前のワイン会の写真)

 

 

2014年12月7日(日) 13:00~15:00

ステップ ワイン会

「シャンパーニュ と ボルドー ワインを 愉しむ会」

参加費 お一人様 5000円(税込)

ステップ 2階にて

お申込み 締切 2014年11月30日(日) までに

 

次回のワイン会は 2015年3月を 予定しています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

今年最後のステップ ワイン会

今年も残すところ 1か月とわずか・・・。

何かとせわしい季節の到来ですね。

 

top-4

 

 

 

 

 

 

 

(以前のワイン会の試飲ワイン)

 

ステップのワイン会も 年内 あと 1回を予定しています。

12月7日 (日) 13:00~15:00

場所は ステップ店舗の2階です。

テーマは

年末ですので 豪華に

「シャンパーニュ と ボルドー ワインを 愉しむ会」 としたい と思います。

結構 いい ワインを 8種類ほど 開ける 予定です。

もちろん 手づくりパンと おつまみを併せて

いつも通り気軽で 楽しい飲み会です。

 

2014.3 ワイン会 モザイク画1

 

 

 

 

 

 

(以前のワイン会の様子)

 

 

12月7日(日) 13:00~15:00

ステップ ワイン会 「シャンパーニュ と ボルドー ワイン を 愉しむ会」

場所: ステップ 2階

参加費: お一人様 5000円(税込)

2014年 11月30日(日) まで お申込み ください。

お電話、メールでの お申込みで OKです。

おまちしております。

にほんブログ村 酒ブログへ

春色ワイン おすすめ ロゼ その2

三寒四温の言葉どおり 春に近づいたかな と 思えば 真冬の寒さ。

今年は その寒さも 厳し過ぎますね。

でも 草花の芽吹きを みれば もう 春が 日々 近づいていることが 感じられます。

 

春 おすすめのロゼワイン。 今日は ボルドーのロゼワインです。

 

ステップでは このロゼワインを 飲んで 「ロゼワイン」の奥深さに 目覚めたお客様も 多いのですよ。

「 シャトー・ジャンフォー ロゼ 」

画像ジャンフォー ロゼ 

 

 

 

 

 

 

 

ボルドーでは 数少ない 自然酵母による醸造などに 取り組む 自然派の生産者です。

シャトージャンフォーのオーナーのパスカルは

かつて樽製造会社の経営者という肩書をもち、樽の使い方も 素晴らしい。

そして、  何をやっても凝り性な性格なので、

畑の整備、醸造設備、醸造所の改良など徹底的にやらないと気が済まないとのこと。

まさに こだわりの自然派生産者です。

この ロゼは メルロー 80%、カベルネ・フラン 20% で造られています。

ジャンフォーの 赤ワイン用の発酵槽に葡萄をいれてから約一日後に発酵槽の下部に溜まったジュースを

抜 き取りソーリー社の2年、3年使用した樽に詰めて発酵させています。

勿論、自生酵母による発酵。

 

そして、そのままシュール・リにて樽熟成。

必要に応じてバトナージュをして、オリの旨みをワイ ンに溶け込ませます。

石灰岩盤からくるミネラル感と昆布ダシ系の旨みがたっぷりの辛口のロゼワインです。

 

軽やかな口当たりの中に、旨みとたっぷりとした果実味、上質の赤ワインにあるようなタンニンが

バランスが良く、口の中に広がります。

赤でもなく、白でもなく、ロゼでしか 味わえない。

至福の味わいと 満足感。

もちろん、お食事には とっても 合わせやすいです。

 

「シャトー・ジャンフォー ロゼ」  750ml  2000円(税別)

 

以下 わたしたちに このワインを ご紹介いただいた CPVの伊藤さんのリポートから 

 「ジャンフォーの土壌はサンテミリオンのコトーに限りなく近い。僅かな石灰粘土質の下は古い石灰岩盤になっている。メルローには最適の土壌である。根っ子はこの岩盤に入り込んでミネラルを吸収している。ボルドー右岸の元祖土壌のザ・メルローだ。

 ボルドーを愛し、ボルドーテロワールを研究して、ブルゴ-ニュの地質学者クロード・ブルギニョンに土壌調査を依頼、実施。ブルゴーニュ方式の厳密な区画別醸造にこだわり、ボルドー右岸の本物テロワールとメルローを追求するジャンフォー。

  収穫も勿論手摘み、収穫された葡萄は傷まないようにカジェットといわれる小箱で醸造所まで運ばれる。 

ジャンフォーではすべての葡萄を除梗機で除梗する。除梗機に入れる時も葡萄をチェックしながら選別する。破砕はしない。葡萄の粒のみを発酵槽に入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

除梗機から出てきた粒をさらに選別して完璧な健全な粒のみを発酵槽の中に入れる。

  

除梗機から発酵槽まで6人で選別作業に使っている。しかもポンプは一切使用しない。すべてベルトコンベアーで発酵槽の上まで移動させながら優しく重力で上から落とし込む。  発酵槽に入る葡萄粒はまるでキャビアのように美しい。 茎が無いマセラッション・カルボニック醸造のように発酵がおこなわれる。まるでブルゴーニュの醸造元のような細かな作業を行っている。」

CPV 伊藤さんのブログより 抜粋

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「クリュ・ブルジョア」公正さの証明か!

先日、このブログでボルドーはメドック地方の新しい認証制度である「クリュ・ブルジョア」の紹介をさせていただきました。今回のブログはその「クリュ・ブルジョア」がいかに厳格で公正な認証なのかを物語るような出来ごとです。

「クリュ・ブルジョア」とは⇒ https://www.stepstep.biz/wine/crubourgeois

 ワイン専門サイト「デキャンター.com」によれば、先日日本にも「クリュ・ブルジョア」のセミナーに来日され、その普及に努められている、クリュ・ブルジョア・デュ・メドック連盟のフランソワ・ノニ副会長の生産するワインが、2011年ヴィンテージでクリュ・ブルジョアから外れたとのことだ。

 a-300x225[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

【クリュ・ブルジョア・デュ・メドック連盟のフランソワ・ノニ副会長】

この「クリュ・ブルジョア」にエントリーする場合、そのヴィンテージのワインを認証までに1本たりとも販売してはならないらしいのだが、アジアからの引き合いに応えて販売したのが外れた理由なのだそうだ。

ボルドーでは2009年、2010年の偉大なヴィンテージの後の2011年ヴィンテージでは販売に苦労するのではないかとの予想がされており、その予想をふまえて家族で話し合って決断したのだそうだ。

ノニ副会長のワイナリーはオーメドックの「シャトー・カロンヌ・サント・ジェム」。評価の高いワインで、その評価の高さが認証前のアジアからの引き合いにつながり、2011年ヴィンテージの「クリュ・ブルジョア認証」を外れることになったようだ。

しかに2012年ヴィンテージでは、また「クリュ・ブルジョア」にエントリーする意向なのだとか。

9月の中旬に行われた2011年ヴィンテージの「クリュ・ブルジョア」認証では256のワインが認証された。 ワインの数は2千8百万本で、メドック全体の生産量の約30%。

 第3者のエキスパートによるテイスティングと、副会長といえどルールは遵守しなければならない「クリュ・ブルジョア」の制度は、その厳格さや公正さをある程度は物語っているように思います。

「クリュ・ブルジョア」の認証の信頼度はかなり高いようですね。

・・・・・でもその分人気も高いようで、日本へはあまり入って来てないかも。特に人気の産地のワインは・・・・・!(汗)

 

にほんブログ村 酒ブログへ

先週末、ボルドーでも激しい嵐

ワイン専門誌「デキャンター.com」によれば、ブルゴーニュに続き、先週末にはメドック地区でも強風と豪雨による嵐に見舞われたとのこと。

2013073111250000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ畑への被害はそれほど大きくないようだが、ワイナリ―の象徴的な木がなぎ倒されたり、ワイナリ―の旗ざおが倒されたりと、凄まじい嵐だったのだそうだ。

シャトー・ラフィット・ロートシルトでは、その美しいシャトーの有名な丘にある柳の木がなぎ倒された。

また、ポイヤック教会の鐘の塔は50メートルほど吹き飛ばされた。コス・デ・ストゥルネルやポンテ・カネでも旗ざおが倒され、シャトー・パルメでも前にあるオークの木が倒された。

電力の供給にも影響がでた。グリオ・ラローズとポンテ・カネ はバックアップのためのジェネレーターを持っていたが、それ以外のワイナリ―には設備がなく、気温が上がればワイン在庫に影響がでる可能性があった。

ほとんどの地域では、電力供給が回復したが、場所によっては月曜日~火曜日まで電力供給がストップした地域もあったようだ。

ポイヤックの一部はまるで竜巻が襲ったようだったとのことで、ブドウ畑が重大な影響を受けてもおかしくないような嵐だったようです。

ボルドー右岸でも雹が降ったが、特に重大な被害はなかったとのこと。その他、シャンパーニュやコニャックなども嵐が襲ったようだ。

 日本のゲリラ豪雨と同じように、ヨーロッパでも局地的な嵐があるようですね。嵐の来る前までは暑い日が続いたようで、嵐による被害がなければ良いワインが期待できそうです。

日本にいるとブルゴーニュやボルドーでの、年ごとの天候によるヴィンテージの違いは実感できませんが、天候がの助けがなければ、”偉大”と呼ばれるワインは出来そうにないようです。

大変なお仕事なんですね!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3123
ページ
トップ