“ボジョレーヌーヴォー”に関する記事一覧

「ジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・N 2017」今年はワンランク上

 

 

ステップで人気のボジョレー・ヌーヴォー、「ジャン・クロード・ラパリュ」の2017年ヴィンテージ情報です。

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月28日より収穫が始まりました。

自然派の中ではいち早く収穫を始めるのがラパリュ。ブリュィの山の麓、サンテチェンヌ・ドゥ・ラ・ヴァレンヌのぶどう畑は、他の地区より早く熟度が上がります。

ボジョレーのクリュの中でも南に位置するこの地区は、フランスを襲った4月の霜害はなく、7月の雹害もなかった。6月の猛暑でぶどうの成長は早く、昨年より10日間ほど早く収穫を始めました。

ここのところの乾燥でさらにぶどうは凝縮。同時に酸も凝縮しました。

2017年は、例年よりワンランク上の高品質でバランスの取れたヌーヴォーが出来るとみております。

 

収穫されたぶどうは底の浅いケースに入れられ醸造所に運びます。そのケースはかのロマネ・コンティのそれよりも浅い箱を使う気遣いです。

収穫してから発酵槽に入るまでぶどうが重量で潰れる危険はほとんどゼロなのです。そんな小さなことの積み重ねがラパリュ独特のきめ細かい上品さを生みます。

1996年からワインを造り始めたラパリュの22回目の収穫です。この22年間、より高品質なワインを求めてぶどう畑や醸造所の設備など、たゆまぬ努力・改善を続けてきました。

野生酵母で補糖なしの発酵と醸造。SO2の不使用。2010年には垂直式プレスの導入など、そのあくなき追はヴィンテージごとに繊細さを増しております。

 

2017年ボジョレー・ヌーヴォーのご予約を承っております。

今やボジョレーの自然派を代表するジャン・クロード・ラパリュのボジョレー・ヌーヴォー2017は如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

1万円のヌーヴォーってあるんですね!

本日の日本経済新聞によれば、今月21日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォーの高額品の予約が好調とのこと。

自宅で楽しむ「家飲み」用の購入価格が上がっているほか、外食店の高価格プランにも予約が入っている。ワインを好む傾向が強まっているところにアベノミクスによる景況感の改善が加わり、年に一度のイベント消費が刺激されているらしい。

2013111513410000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

 都内の会社に勤める40代男性は、「例年、5千~8千円のボジョレーを買っているが、今年は1万円程度に奮発するつもりだ」と。

東京の港区にある大手高級ワインショップでは、より高価なボジョレー・ヌーヴォーが人気なのだそうで、1本5,250円や1本1万500円のものがほぼ売れ切れなのだとか。

恥ずかしながら酒屋のオヤジは1万円もするヌーヴォーが存在していることすら知らなかったのですが、流石に東京の中心部にお店を構える有名店さんはスゴイですね。

 「ボジョレー・ワインはヌーヴォーしか売れない」などと言われますが、「1万円の値付けがされているワインがヌーヴォーである必要があるのか?」などと正直考えてしまいます。

ちょっとその1万円のヌーヴォーについて調べてみたら、古木から少量のみ収穫された限定商品なのだそうで、評価の高いワインなのだそうだ・・・・・・・・・それでもヌーヴォーなんですよね(汗)。

アベノミクス効果なのか、今年のヌーヴォーの盛り上がり方は日本国内の不動産市場の状況と似ているような気がします。都内の一等地で盛り上がり、空き家が増えている様な地域ではそうでもない感じでしょうか。

埼玉南部に位置する酒倶楽部ステップでのボジョレー・ヌーヴォー予約は、いまのところ前年に比べやや好調といったところ。ひょっとしたら都心に近い地域性を反映しているのかも知れません。

今年のボジョレー・ヌーヴォーは円安の影響で価格は上昇しているが売れ行きが落ちることはなさそうだ、と新聞には書いてありました。

ひょっとすると今年は店頭に並ぶボジョレー・ヌーヴォーはあまり多くはないのかも知れません。特にこだわり系のヌーヴォーが。ご興味のある方は今からでも予約を入れたほうか賢明なようです。

 「ヌーヴォーはがぶ飲みする安ワインだ」なんて言う人は、もうこの先いなくなりそうですね。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ボジョレーの最新トレンドは「素晴らしいワイン=自然派ワイン」

ボジョレーの現在の現地状況はなかなか伝わって来ませんが、今年2013年もまた2012年に引き続き難しい年となる可能性はあるようです。

今年の寒い春、遅い夏の訪れ、雹嵐の被害、収穫時期の遅れと、決してパーフェクトなヴィンテージではなさそうでなのです。

しかし、2012年ヴィンテージのボジョレーで品質の違いが造り手によって大きく違ったように、たとえ不遇な環境下でも、細かい手作業と経験による苦労をいとわない方法で克服し、採算が合わないとしても品質を第一に考える造り手のワインは期待を裏切りません。

そんな品質重視で、身体にやさしい、地球環境にやさしいワインを造る生産者が、今やボジョレーを代表する自然派と呼ばれるワイン生産者たちなのです。そしてその中で、今最も注目されているのが酒倶楽部ステップでもご予約を承っている「ジャン・クロード・ラパリュ」。

7986[1]

 

 

 

 

 

 

 

 この自然派のワイン造りとは、大手のメーカーにはリスクが大き過ぎて出来ない製法なのだそうだ。なぜならブドウの皮に自然に付いている健全な自生酵母により発酵をおこなうから。それには農薬などに頼らない自然なブドウ栽培でなければいけません。また、健全でないブドウが混ざっていてもいけません。

いわゆる一般的な90%以上の醸造家は、ブドウを発酵槽に入れるときに、SO2酸化防腐剤を大量投入してしまい健全な自生酵母を殺し、人工酵母により醸造するのだそうです。

 自然派のワイン生産者は、収穫した健全なブドウを除梗せず、そのまま発酵槽へ入れます。その後に難しい専門的なテクニックはありますが、ブドウの房を潰さずに発酵、そして出来るだけ搾り出すことなくゆっくりとジュースをとり出すのです。

7997[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

搾った後のブドウ

7999[1]

 

 

 

 

 

 

ブドウの皮から汗のごとくジュースが流れ出たジュースには、やさしく上品なフィネスが備わる。

 日本では自然栽培の「奇跡のリンゴ」が注目されていますが、「自然派ワイン」がフランスで注目されてる理由にも、根底には同じような考え方や危機感があるように思えます。

便利で利益の上がる農薬を世界中で使ったがために、世界中で蜂がいなくなってしまい、蜂蜜が世の中からなくなってしまうような社会を変えたいとの思いが、「奇跡のリンゴ」や「自然派ワイン」に関心を持つ人達を増やしているのではないかと思うのです。

健全な地球環境があってこその人間です。自然環境を尊重し、その環境を表現する自然派ワインには、単においしい以上のなにか、理想や主義みたいなものが感じられるのだと思います。

ジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2013 750ml ご予約受付中!

10月31日までのご予約特価 3500円(通常3900円)。ご予約はメール、ファックス、電話でお早めにお願い致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ジャン・クロード・ラパリュ2013ヌーヴォー」ご予約承り中

今年もいよいよボジョレー・ヌーヴォーのご予約を承る時期になりました。

ボジョレー地区の天候はなんとか持ち直しているようですが、ブドウの成長に2週間の遅れがあり、昨年と同様に解禁までハラハラ、ドキドキのスケジュールとなりそうなのだとか。

しかし、そんな中でラパリュは収穫を始めるのが早い方なので安心感があるのだそうです。

さて、2013年はどんなヌーヴォーを造りあげるのか!

7986[1]

 

 

 

 

 

 

 

今やボジョレーを代表する自然派生産者となったジャン・クロード・ラパリュ。ガメイで究極のワインを造るべく、日々進化してきた。収穫量を抑え、ぶどう畑を丹念に耕し、健全なブドウを傷めないように小さなバスケットで丁寧に収穫。

ブドウを丸ごとタンクに入れてマセラシオン・カルボニックを行い10~12日後、ゆっくりと木製垂直式プレスで圧縮し繊細なジュースを搾りだす。

<2013年のヌーヴォーのブドウは何んと樹齢60年>

ラパリュのドメーヌのある村、AOPブリュイィのサンテチェンヌ・ラ・バレンヌの北東5キロのシャレンタ村のヴィエイユ・ヴィーニュで2013年のヌーヴォーは造り出される。このガメイ古木の収穫量は少ないが熟度の高い高品質なブドウを造り出す。

醸造、熟成、ビン詰めまでSO2(亜硫酸)添加ゼロ。

<7月からの快晴がブドウの熟度をドンドン上げる>

雨の多い春、気候の低い初夏の影響で今年のブドウの出来は心配されたが、7月に入ってから快晴が続いている。初夏までの雨のおかげで、ほど良い水分も残り、ブドウの成育に2週間の遅れはあるが、それを取り戻すほどバランス良く、ブドウの生育は進んでいる。

熟度も高いが、酸とのバランスも取れた偉大なポテンシャルを持つワインが出来上がるだろう!

今や、ラパリュのワインは多くの専門家からも高い評価を受けるようになった。3ッ星レストラン「タイユヴァン」では、彼のヌーヴォーが出されている。世界最優秀ソムリエとなった「オリヴィエ・プーシェ」は、ラパリュのワインを最高のヌーヴォーと讃えた。

パリの高級食品店「ラファイエット・グルメ」や「エディアール」では、ラパリュのヌーヴォーが人気。パーカーも彼のブルイイに94Pを付けたほど。

<ラパリュの目指すワイン造り>

ジャン・クロードが目指すヌーヴォーとは、『新鮮なブドウの香りを思い起こしてくれるようなアロマ、収穫したブドウを丸ごと、今まさに搾っている香りをそのまま再現するようなヌーヴォー』です。

8012[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生酵母の自然な働きによりテロワールを素直に表現した、やわらかくて、とても優しい味わいのヌーヴォーです。酸化防腐剤(SO2)は、醸造中も瓶詰め時も一切使用しておりません。

【ジャン・クロード・ラパリュ  ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2013】750ml 3,900円 10月31日までのご予約で⇒3500円

2013年はより希少価値の高いワインとなりそうです。早めのご予約をお願い致します。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ジャン・クロード・ラパリュ」極少収穫の2012年、葡萄はきれいに濃縮!

フランス、パッション・デュ・ヴァンの伊藤先生のブログによれば、究極のボジョレーワインを追求している「ジャン・クロード・ラパリュ」2012年ヴィンテージは、他と同じように大変に厳しい試練の年となりブドウの収穫量は例年の50%以下だったが、きれいに濃縮されている十分な品質のブドウになったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は2週間前に収穫して、除梗しないマセラシオンカルボナック発酵したブドウを、2年前に手に入れた念願の100年前の木製垂直式プレス機で圧縮しているところ。

この木製垂直式プレス機では、重力により無理なくゆっくりと圧力がかかる。そのため、やさしく上品なジュースを絞りとることができ、ワインの品格・フィネスが一段と上がるのだそうだ。

 そして驚きは、”絞った後のブドウの皮が破れていない”こと。皮から汗のごとくゆっくりと流れ出るのだとか。

(ブドウを最初につぶしません。そのためブドウの一粒一粒が発酵タンクのような状態で発酵します。)

このプレスは、ゆっくり、ゆっくりと続くのだそうです。そうしている間に仲間が集まって来て延々とワイン談議。収穫を見極める緊張感と、連日の徹夜で疲れ切ったところに安堵感がでて、居心地の良い雰囲気となるようだ。こうして朝方までワインボトルのコルクが抜かれていくのだとか。

ワイン造りの細部までこだわった、究極のボジョレーを追求する「ジャン・クロード・ラパリュ」の2012年ヌーヴォーは、極端に少ない生産量ながら今年も素晴らしいワインとなるようです。

今年のボジョレーヌーヴォー発売開始日は11月15日(木)です。ぜひぜひ、究極のボジョレーヌーヴォー「ジャン・クロード・ラパリュ」を試してみて下さい。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 212
ページ
トップ