“プロセッコ”に関する記事一覧

「スパークリングワイン」プチぜいたくぅ~GW

 

 

優雅な気分にさせてくれるお酒といえば、やはりシャンパーニュなどのスパークリングワインでしょう。

こんなにも恵まれたお天気の、絶好のお出かけ日和ともいえるゴールデンウイーク本番初日。

でも、出かけない。

家にいて遅く起きて、昼シャンパンやって、またお昼寝・・・・・ある意味、究極であります。

 

 

 

 

 

 

【スパークリングワイン各種】

ある芸術家の先生は、作品が完成するとスパークリングワインを楽しむのだそうです。

そんな達成感を味わうのに、ふさわしいお酒はスパークリングワイン以外にないのかも知れません。

ゴールデンウイークには、ある意味達成感があるように思うのです。昼間っからスパークリングワイン飲むぐらいのプチ贅沢ぐらいじゃバチは当たらないでしょう。ガンバって来たんだし。

ガンバった自分をスパークリングワインで優雅な気持ちにさせてあげては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

プロセッコでぽかぽか陽気のランチお花見

 

 

ついにお花見のシーズンが今年も始まりました。

酒屋としても、ぜひ皆様に桜の花を愛でながら、おいしい酒を酌み交わしていただきたいと願います。

そこで、酒類のなかでも、もっとも春らしい味わいではないかと思われる、北イタリアの軽やかなスパークリングワインを、まずは花見酒として今年もご提案させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【プロセッコ エクストラ・ドライ】

北イタリアのフルーティで軽快なスパークリングワインです。

酒屋として感じるのは、最近の仕事関係以外でのお酒を飲むような集まりでは、ビール系や焼酎系ではなくワインや日本酒を好んで飲む人が多くなってきたことでしょうか。

たしかに仕事の話や気遣いを抜きにしたら、ワインや日本酒を食事と一緒に楽しむのがイイ感じなのかも知れません。

また、夜のお花見の宴会は、ハッキリ言って寒すぎでしょう。暗くて寒くて大酒を飲むようなお花見は、ちょっと辛すぎなのです。

日中のぽかぽか陽気に行うお花見の方がどう考えても理想的。

飲み過ぎることのない昼間に、軽めなお花見がイイですね。

そんな、お寿司やサンドイッチをつまみながらのお花見には、軽快なスパークリングワインであるプロセッコが良く似合うように思うのです。

難しい話は抜きにして、野外でも軽やかに楽しめる北イタリアのスパークリングワイン「プロセッコ」は如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「プロセッコ」成人の日マリアージュ

 

 

新成人の皆様おめでとうございます。

「成人式」の後には、ぜひ美味しい酒を楽しんでいただきたい、と酒屋としては思います。

それでも大酒飲んで大暴れするようなことになれば、せっかくの酒もおいしくなくなってしまいます。

そこで、振袖姿の女子も交えて、優雅にそして和やかに楽しんでいただけるのではないかと想像される、美味しいお酒のご提案です。

2016031718360000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【プロセッコ】

「プロセッコ」とはフルーティで軽快な飲み口が世界的に人気の、北イタリアのスパークリングワインです。アルコール度数も11%ほどと低め。

辛口のスパークリングワインですが2種類のドライさのレベルがあります。

よりドライな「ブリュット」と、よりフルーティな「エクストラ・ドライ」。

この二つのタイプで、新成人の方々におススメするとすれば、それはよりフルーティでみずみずしさのある「エクストラ・ドライ」です。

振袖で着飾った女子に「美味しい!」と言っていただけるスパークリングワインであり、男子にとっても美味しく飲んで頂けるのではないでしょうか。

 

着飾ったおめでたい席にはスパークリングワインが良く似合います。

振袖のように華やかで軽やかさのある「プロセッコ」は、そんな席に素晴らしいマリアージュではないでしょうか。

 

成人の日のお祝いに北イタリアの「プロセッコ」、その中でも「エクストラ・ドライ」をおススメ致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「プロセッコ」軽やかにバブリー・クリスマス

 

 

世界で最も人気のあるスパークリングワインといえば、この北イタリアの「プロセッコ」かも知れません。

世界への販売量は、スパークリングワインのトップブランドであるシャンパーニュを超えました。

人気の秘密は、もちろんその味わい。

フレッシュで軽やかさのあるサラッとした飲み口の味わいが人気なのです。

dsc_0211

 

 

 

 

 

 

【プロセッコ】イタリア辛口スパークリングワイン

「海外旅行で立ち寄ったレストランのソムリエさんのおススメで飲んだら美味しくてねぇ・・・・・・」とおっしゃって、スマホでの写メを酒屋の店頭で提示されたお客様がおられましたが、それも「プロセッコ」でした。

素直に美味しくて飲みやすいスパークリングワインなのです。

食前酒として会話をアテに良し、その後の食事に合わせて良し。幅広い対応ができるワインでもあります。

2015110316440001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素直に「おいしい!」と感じるから世界で大人気の、スパークリングワイン「プロセッコ」は如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「プロセッコ エクストラ・ドライ」お花見マリアージュ

 

 

今日のぽかぽか陽気は、いよいよ今年もお花見シーズンがすぐそこまで来ていることを感じさせます。

お花見って、まだ肌寒い夜にやるよりも、青空の下、キレイに咲き誇った桜を見ながら、ぽかぽか陽気の昼間に行う方がだんぜんイイ感じですよね。

そこで、ぽかぽか陽気の昼間の花見におススメしたい、スパークリングワインのご案内です。

2016031718360000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【プロセッコ エクストラ・ドライ】Alc11%前後

北イタリアのフルーティで軽快なスパークリングワイン。

おススメのポイントは「エクストラ・ドライ」であること。より親しみやすいフレンドリーな味わいなんですね。

同じ辛口の「プロセッコ」には、わずかに糖分の含有量が「エクストラ・ドライ」よりも少ない、もっとも辛口の「ブリュット」があります。

そのわずかな糖分の残し方で、かなり印象が違ってくるんですね。「エクストラ・ドライ」の方が、みずみずしく、よりフルーティで飲みやすい。

昼間にお寿司やサンドイッチと一緒に楽しむなら、「エクストラ・ドライ」の方が、だんぜんおススメなのです。

北イタリアの白ワインがそうであるように、スパークリングワインの「プロセッコ」もまた、飲み口が軽やかでエレガントさがありスムーズ。

ぽかぽか陽気のお花見に、ピッタリな飲みものではないでしょうか。

スパークリングワインだからといって、あまり冷やし過ぎない方が、より果実味を楽しめるように思います。冷蔵庫で冷やしたものを、そのまま持って行けばいいんですね。

アウトドアでカジュアルに楽しんでいただけます。

お花見に「プロセッコ エクストラ・ドライ」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3123
ページ
トップ